無料ブログはココログ

トップページ | 2004年9月 »

2004/08/30

南吉成小・学校の森で草取り

南吉成小・学校を森にする会では、児童の校庭清掃にあわせて学校の森の草取りと花壇つくりを行いました。
いつもの会員に加え5人も参加してくれました。
九月にはトンボと蝶の観察会を開催する予定です。200408301039.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/29

一女高文化祭でジャズダンス部のステージをみました

 宮城一女高の文化祭「秋桜祭」で、娘の入っているジャズダンス部のステージを見ました。文化祭のフィナーレともなっていて結構人が集まっていました。約一時間ですが、見ごたえがありました。

04P0728.jpg
一年生も全員そろって元気でした

04P0734.jpg

 お姉ちゃんを応援に行った、下の二人は帰り道、仏舎利搭の公園でひと遊びしました。
 国見にある仏舎利搭は、エキゾチックな雰囲気と、ていねいに管理されている遊具があり、小さな子どもたちには人気です。南吉成小では、一年生の遠足先にもなっています。世界平和を願う気持ちも込められた場所です。

04P0739.jpg

04P0745.jpg


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/28

<仙台市政を考える 第四回> 金沢大経済学部教授をむかえシンポジウム開催

 昨年8月から開いてきた「仙台市政を考える」シリーズは、第四回 「地方を切り捨てる『改革』と、仙台市政のこれからを考える」として、今日仙台サンプラザを会場に開催しました。今回は、金沢大学経済学部教授(現在学部長)の横山寿一氏をお招きし「『三位一体改革』と自治体の課題―住民の生活・福祉・医療をどう守るか―」の講演をいただきました。
04P0714.jpg
主催の日本共産党仙台市議団と講師の横山氏


04P0717.jpg
 約60名の方々が参加され、講師の講演と各報告者の報告を熱心に聞いていただきました。
04P0716.jpg

 横山氏は「構造改革」が、①行政のやっている仕事を株式会社も含めた民間がやれるようにする、②国がやっている仕事を地方にやらせるようにする、の2つですすめられている。②は、中央集権的な弊害をなくそうと言う本来の地方自治を求める動きと混同されているが、そもそも、①の中味で行政の仕事でなくそうという流れの中のものであり、地方自治の前進にはつながらないと分かりやすく解明をしていただきました。福祉・医療・教育の分野が焦点になること、これからの進められかたについて話されたあと、自治体として求められる対応と姿勢について訴えられました。
 住民の参加を大切にしながら、国への批判とともに、逆提案を強めること、住民サービスの水準を下げない努力を行なうこと、非営利のとりくみで経済の建て直しにつながることを実践することが大切だと方向づけられました。


04P0723.jpg

 生活と健康を守る会から日野事務局長、長町病院附属クリニック介護支援室から花木かよこさん(私の妻です)、市議団から正木団長が報告しました。

04P0722.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/27

ライオンだゾ~~

200408272049.jpg
今日は、午後から自宅で一般質問の準備・・・なかなかはかどりません。
もう夜の9時だと言うのに、子どもたちはギンギンです。

「ライオンだゾォ~」と4人目がやってきました。

最近、わが家では「ライオン狩り」あそびがはやっています。
「ライオン狩りに行こうよ、ライオン狩りに行こうよ
怖くなんかないもん・・・」と歌って
「あれ!?」のあと、鬼係りが「○○だ」と言います。
ライオン以外なら「ああよかった」でまた続けます。
「ライオンだ!」というと
「きゃあー」と逃げ回ります。

ただそれだけなのですが、結構中学生まで一緒に遊んでます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/26

学童保育の充実について仙台市と懇談

 仙台市学童保育連絡協議会では、仙台市健康福祉局子ども企画課と懇談しました。要望した事項の主なものは、以下のとおりです。
04P0711.jpg
応対してくれた子ども企画課の山口課長と熊谷係長(右側)

1 放課後児童健全育成事業におけるサービス内容・施設の
子どもの視点に立った検証と、事業内容の充実を求めます。
○仙台市の事業が学童保育に必要な内容を備えたものになるように設置基準を作って下さい。そのために仙台市や宮城県内の実態調査を行い、私たちを含めた学童保育関係者を検討機関に加えてください。
○まだ、学区に学童保育がない空白地域が残されています。緊急を要する地域は積極的に留守家庭児童会を開設するよう目標をもってすすめて下さい。
○60人を超える大規模クラブ、あしきりが行われ待機児童を出しているクラブでは、学区に複数の学童保育クラブをつくるよう求めます。
○留守家庭児童会の指導員の就職、移動をサポートする役割を果たしてください。
○児童館児童クラブは、放課後児童健全育成事業として、全児童事業とは別事業として予算・人員配置など区別をしっかりしてください。
○留守家庭児童会の家賃は、仙台市の全額負担をもとめます。また、事実上保護者まかせになっている場所の確保が、仙台市の責任で行なわれることを求めます。

2 地震・事故など緊急時の対応など、市・学校・保護者が協力して行くこと

3 児童館事業の充実
 地域に密着した子育て支援の拠点として、児童館は重要であり内容の充実を求めます。児童館の運営に利用者である市民が参加することも必要です。市が市民に対する責任を直接負える運営を求めます。

4 障害児学童保育の運動との連携
 障害児の放課後ケアを求める運動が前進し、障害児のための学童保育が泉区(ピーターパン)、太白区(ぱるけ)で始まっています。市の支援も留守家庭児童会施策を参考にしながらすすめられているようです。ぜひこのとりくみもさらに充実させてください。同時に、児童館児童クラブや留守家庭児童会での障害を持った子どもの受け入れが前進するよう、体制や専門知識など必要なノウハウを生かして充実させてください。

04P0712.jpg

榴ヶ岡小の保護者からは、留守家庭児童クラブの開設場所の確保や家賃の全額補助への要望が直接語られました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/25

アエル29Fのエルソーラで学童保育の会議

 今日の夜は、仙台市学童保育連絡協議会の定例会でした。いつもは市民活動サポートセンターで行ないますが、今日は仙台駅前アエルビル29階のエルソーラ(仙台市男女共同参画推進センター)で開きました。夜景のきれいにみえる無料でつかえる交流スペースです。
 明日から子どもたちは夏休み明けとあって、都合の悪い人が多く5名だけの参加者でした。明日、行なう仙台市子ども企画課との懇談で要望する事項について(詳しくは明日の書き込みで)、9月19日の学童保育指導員学校、11月28日の学童保育のつどい、について話し合いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/24

鳴子の帰りに薬莱山に寄りました

04P0708.jpg
 鳴子から仙台に帰る途中、薬莱山(やくらいさん・加美町)に寄りました。温泉にもちょっと入って、プールやコテージなどを見て今度家族で来れればなア、と考えながら帰ってきました。今日は雨が降ったり、晴れたりと忙しい天気でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/23

県内の党地方議員研修会(鳴子)

200408231328.jpg
 写真はボケてしまいました。23・24日と鳴子で県内の日本共産党地方議員(82名います)の研修会が開かれました。
 小泉内閣の「三位一体改革」が地方自治体に与えている影響、市町村合併問題の現局面について、学習し討論しました。
 「三位一体改革」については、8月28日(土)午後1時~ 仙台サンプラザ2F「青葉」において
 金沢大経済学部長の横山寿一氏を招いての講演会を開きます。
 仙台市議団主催で入場無料。市政を検証する企画の第四弾として開催するものです。ぜひ、みなさんいらして下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/22

「今マスコミでは大事なことが報道されてない」と『しんぶん赤旗』を購読

 今日午後は、愛子西(あやしにし)支部の深井さんと、地域を歩きました。来年度予算にむけ市民要望を聞きながら、「憲法9条を守れ」の署名をお願いしながらの訪問でした。

200408221656.jpg

 途中、板金屋さんの奥さんと長い対話となりました。消費税が上げられたら大変、建設関連のお仕事でも大手はダンピング受注のしわ寄せを下請・孫請けに押し付けていること、同業者の中でもこれまでの信義に欠ける行為が広がっていることなどお話を聞きました。
 イラク戦争、高遠さんらNPOの人たちへの対応なども、政府やマスコミの報道で、みんなの受け止めがガラッと変わってしまうことにおかしいと感じていたそうです。憲法9条を守ろうと、「9条の会」が結成されたことなど「今のマスコミでは、本当に国民に大切なことが報道されていないのでは」という点で大いに共感しました。10数年ぶりに、しんぶん赤旗を読んでいただくことになりました。
 あらためて、「平和や憲法について国民のみんさんと語り合い、思いを声と行動にしていくことが大切だ」と感じました。

04P0688.jpg

 午前は、勾当台公園で行なわれた「防災・防火フェスティバル」に4才と2才の二人を連れて参加しました。
 救急車の中に入って写真をとったり、消防車にも乗れて、2歳の息子は大喜びでした。市民の広場では24時間テレビ。カキ氷を食べてお祭り気分を味わいました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/21

毎週土夕のあいさつで9条守ろうと訴え

 毎週土曜日夕方に南吉成でおこなっている街頭からのあいさつ。今日は、9月議会の議案説明がなされたことと、憲法問題を話しました。
 沖縄普天間の米軍ヘリ墜落事故で、日本の警察の捜査ができずにいることはアメリカと日本の、特に軍事・外交面での関係がはっきりとあらわれた事態だと思います。これまで、アメリカの起こす戦争に、日本の自衛隊が勝手につかわれなかったのは憲法9条があったから。もし、この制約をはずせば、アメリカの横暴勝手はさらにエスカレートします。憲法を守ることと、日本の政治自体を、アメリカいいなり、財界いいなり、から国民の声をしっかり尊重する政治に改革すること、合わせてすすめていきましょう。

200408211333.jpg

お昼は、高校生、中学生の子どもと、国見ヶ丘にある眺めのいい喫茶店でとりました。天気がよくて、すぐ目の前に海がみえるような感じです。手前に市街、次に若林の田んぼの緑、そして、青い海には船が通るのも眺められます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/20

(仮称)松森清掃工場を視察しました

 今日の経済環境委員会の後、完成間近の(仮称)松森清掃工場を視察しました。住民の強い反対運動があり、行政を相手に裁判も行なわれています。日本共産党市議団も、市民のコンセンサスを得ないまますすめられた大規模プロジェクトだとして一貫して反対してきました。この施設が、10月から実際にゴミを燃やしての試運転にはいることになり、その直前の視察となりました。
04P0672.jpg

04P0673.jpg

 1日の処理能力は600トン(200トンの炉が3基)。炉はストーカー型といって一般的な方式です。ダイオキシン対策のため燃焼温度管理、各種フィルターなどで国基準の10の1に抑えるとしています。焼却灰は、電気炉(電極を2本入れ400V2700Aをかけて灰の中で発熱させる)で溶融、固化させる仕組みです。
 もっと小形の炉でもダイオキシンの抑制ができるようになれば、焼却施設は小型化し、ゴミの発生源の近くに分散配置するのがこれからの方向だと思います。この流れに、そぐわない巨大施設がどう運営されていくのか、心配です。なお、隣接してプールなどの市民利用施設が、PFI方式を導入してつくられることになっています。この面でも心配はつきません。

04P0684.jpg

直接ゴミを焼くトレイ、炉の中心に入って見ました。上のライトが光っているところから、私の足元まで斜めに階段状にみえるのがその部分です。長さ8メートル、ここをゴミは2時間かけて転がり灰になります。意外とこの長さが短いのに驚きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/19

もうすっかり議会モードです

 今日は、9月2日からはじまる仙台市議会第3回定例会の議案説明が市当局からわが会派にありました。昨年度の決算を審査する議会なので、市政全般について議論することができます。他の条例案件や、補正予算もあり盛りだくさんの議会になりそうです。
 補正予算では、「指定管理者」制度に基づいて、営利企業も対象に公募で公共施設の管理運営委託先を決めるための債務負担行為の設定も含まれています。市民会館などはもちろん、本来そういった運営委託にはなじまない児童館まで新設のところから導入する提案です。児童館の児童クラブでは学童保育を行なっているわけですから、私としても大変問題を感じています。
 当局提出議案の調査・研究と、今議会に提出予定の議員提案についての準備など、もう完全に議会本番のモードに入りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/17

防災・危機対策調査特別委員会

 仙台市議会、防災・危機対策調査特別委員会が開かれました。
 防災関連事業の報告を受けて「耐震改修工事費助成制度」の市民への周知について発言しました。
 日本共産党の仙台市議団では、地震の時に市民が命を落とさないために、建物の倒壊を防ぐことが大切だと、木造住宅の耐震改修工事に市が助成するよう条例案も提案して求めてきました。やっと、今年度から宮城県の制度もはじまり、仙台市もそれに上乗せして制度をスタートさせました。
 しかし、市政だよりに小さく載せただけで、市民への周知が足りません。今日は、県のたよりとも比較しながら、いっそうの周知徹底を求めました。
 今期の、調査特別委員会は、「災害時における情報通信体制について」をテーマとすることが決まりました。
200408171402.jpg
市政だより(6月号)に載った制度のご案内

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/16

まとまった休みはなかったが

 夏休み と言えるような、まとまった休みはありませんでしたが、結構家族と過ごしたような気がします。
 特徴は、4人の子どもたちまとまって・・・というより、それぞれと出かける機会があった夏でした。
 今日は、高校生は部活、中学生は友達と映画「シュレック2」と出かけ、最後の休みを下の二人(4才と2才)と過ごしました。松島の水族館に行きました。昨晩の松島花火大会の余韻が残って、泊り客が水族館にもきているようで結構混雑していました。いろいろな魚を見て、アシカショーを何度か見て、ペンギンを眺めて、ホタテやツブ貝の炭焼き・じゃがバターを食べて、モノレールに乗って・・・。小さな子ども連れで、遊ぶにはちょうどいい規模だと、いつも思います。食事ができるテーブルの並んだ広場が、屋根つきなので、夏でも冬でも、天気が悪くても過ごすことができることも行き先に困った時には重宝します。
 さあ、明日からは”日常”に戻ります。

200408161136.jpg
いろわけイルカ(パンダイルカ)がボールや輪っかで遊ぶのを飽きずに見ていました
04P0659-thumb.jpg 04P0660-thumb.jpg 04P0671-thumb.jpg


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/15

終戦記念日、仙台駅前で宣伝

 終戦59周年の今日、仙台駅前(東宝前)で街頭から、「二度と戦争をくりかえしてはならない」と訴えました。
 日本共産党仙台西地区委員会、正木満之市議団長といっしょにマイクをにぎりました。
 戦争体験のある方が3割をきったといわれます。しかし、身近に戦争を体験し「二度と戦争は起こしてはならない」と強く感じている方が必ずいらっしゃいます。私は、今年、沖縄・広島を訪ねました。昨年は長崎にも行きました。59年前のこの日を、大変な状況の中で迎えた、人々の思いを私たちは決して無駄にしてはなりません。戦争につながるいかなることにも強い意思できっぱりと拒否していかなくてはならないと思います。
 憲法9条を変えることは、「戦争放棄」の考えを捨てることです。自民、公明、民主も憲法を変えて「日本を戦争をする国」に変える主張を明確にしています。国民の権利とくらしを守る憲法から、国民に国防の義務を負わせる国に・・・徴用や徴兵制復活ができる憲法へと変えようとしています。アメリカの圧力は、核兵器も含めた先制攻撃戦略に日本も参加させることに狙いがあります。
 今世界は、憲法9条の理想が生きる条件が広がっています。イラク戦争にも国連加盟国191カ国中142カ国が反対・不賛成し、戦争ではなく大量破壊兵器の疑惑を国連による査察を継続することではっきりさせる方向が世界の流れとなりました。アメリカ・イギリスの誤りは今では明らかです。
 戦前の日本では、戦争反対の声をあげる日本共産党と同じ主張をすることが犯罪として弾圧されました。これが、日本が全体として戦争への道を転がり落ちる大きな要因となりました。同じ過ちを繰り返してはなりません。国会ではすでに憲法を変える勢力が大多数を占めていますが、国民は全く違います。皆さんの素直な思いを声にして下さい。
 井上ひさしさんら著名な知識人・文化人の呼びかけで「9条の会」がつくられました。私たちは、二度と戦争はしない、憲法9条を守ろうという一致点で、幅広い国民の皆さんと力を合わせたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/13

プールはおおにぎわい

とびとびのお盆休みですが、今日は家族でプールに来ました。
穴場狙いで村田町の谷山ドラゴンウォーターパークに来ました。小さい子どもも遊ぶことができ、まずまずです。
高校生以上800円、子ども400円200408131140.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/12

福岡の地下鉄ホーム柵こんなです

福岡の地下鉄で ホーム柵を見ました
日本共産党市議団では仙台の南北線にも利用者の安全のために設置するよう求めています200408121647.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レトロ門司港

昨夜は北九州市門司に宿泊。
駅からすでにレトロ。保存展示でなく実際に使っているのがすごい。
200408111710.jpg

04P0624.jpg
赤レンガの建物がたくさん。すてきな街でした。
04P0616.jpg 04P0623.jpg

04P0633.jpg 04P0649.jpg


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/11

やっぱり広島はアッツかった

中四日あけてまた広島にやってきた
今回は市議会の議会運営委員会の視察で、広島と北九州
やっぱり広島はアッツかった200408111351.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり広島はアッツかった-2

広島の駅で新しい食べものを見つけました。かき氷にミカンの果肉とナタデココが入ったゼリーがかかっています。シロップがけのようにボロボロこぼれないので食べやすかったです
みかんジュレと言い、葡萄もあります200408111533.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/10

天花のふるさと・いぐねのある風景

泉ヶ岳に向かう途中、NHK朝ドラ「天花」のロケ地でもある泉区根の白石地区を通った。
仙台七夕に合わせて、紹介コーナーが作られたのを見ておこうと立ち寄りました。
市民センターの職員の方は、「思ったより訪ねて来られる方が多かった、これからお盆で仙台に来る人たちが来てくれるかも」と話していました。根の白石地区独特の「鉢植え七夕」ももう少し飾っておくようです。
200408100910.jpg
”いぐね”とは農家の敷地の防風林のこと・・・下の写真は道路の近くにあったおうち。後ろの林が「いぐね」。
200408100918.jpg
仙台駅前、アエルビルでも、特設コーナーがつくられています。「天花」ファンの人、ぜひみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/09

励まされています

参議院選挙が終わって一月が経とうとしています
今日も支持をしていただいた方々、電話でお話しを聞いてていただいた方々を訪ねました
みやぎ台の佐久間さんと一緒に歩きました200408091209.jpg
「小泉さんの政治変えて欲しいと思ったのに」「民主党が批判ばかりでなく、どうするのか見てみたかったのかしら」「誰も消費税増税や憲法を変えることには賛成した訳ではない、共産党にはがんばって欲しい」と励まされました
一方「年金問題どうすればいいか共産党の話しも現実味をもっては伝わって来なかった」と注文もありました
引き続きがんばります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/08

仙台七夕 最終日

04P0575-thumb.JPG

仙台七夕も今日が最終日。私も長女も出張・合宿続きで大変なうちの手伝いに愛知から来てくれたおばあちゃんといっしょに出かけました。先日の広島に比べれば、吹く風は涼しく感じますが、やはり暑い!早々に引き上げてきました。
今年から、夕方のパレードもリニューアルして好評とか。見ておきたかったのですが・・・暑さに負けました。

04P0572-thumb.JPG

子どもたちは、みどりネットが企画した「ドジョウつかみ」に夢中でした。パレードも、企画も市民参加がしやすくなってきたことはいいことだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉成で盆踊り

7日地元の町内会で夏祭りがありました
盆踊りのお囃子も生
和太鼓、すすめ踊りもあって本格的です
子どもといっしょに参加しました
04P0550-thumb.JPG

04P0552-thumb.JPG

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/07

ヒロシマ-もう過ちは繰りかえしませんから

 宮城県原水協代表団75名の一員として、ヒロシマの暑い夏を過ごしてきました。
 今年は、中学1年生の息子も連れて「もう一度、一から学ぼう」という気持ちで参加しました。原爆資料館も子どもの頃見た印象から大きく変わって、被爆の恐ろしさとともに、核戦争の危険が全体として理解できる内容になっていました。到着した3日の午後、3時間近くかけてじっくりと見ることができました。翌4日は、県被団協の木村緋沙子さんの案内で、彼女が被爆した時暮らしていた袋町周辺を歩きながら体験を聞きました。通っていた袋町小学校の当時の建物が一部保存されており、家族の行方を探す伝言が書きつけられた壁、救護所となった様子など、現場ならではのリアルさで伝わってきました。
04P0476.JPG

 今回の世界大会は、エジプト、メキシコ、マレーシアなど核廃絶で努力をしている政府代表も多く参加し積極的な発言を行っていました。核軍縮交渉の行き詰まりの実態や、それを打開するために何が必要か真剣に議論されました。広島の秋葉市長が行った、2020年までに核兵器を廃絶する、2010年までに核兵器廃絶条約を締結する、そのために来年の被爆60周年までの一年を「記憶と行動の一年」とし、核兵器不拡散条約見直し交渉に向け行動しようとのよびかけが積極的に受け止められました。核兵器廃絶という目的のために、平和運動、さまざまな市民運動、NGO、政府も一つになって行動しようという思いが、たくさんの方から語られた大会でした。
 宮城県代表団も二十代までの青年が半数近くを占めました。大会全体でも青年や高校生の活躍が参加者をおおいに励ましました。「被爆の体験を直接聞くことができる最後の世代として、未来に語り継ぐ責任が私たちにはある」という彼らの自覚とエネルギーが、これからの一年でどこまで大きく広がるのかわくわくするような期待を感じながら、親の世代も負けてはいられないと決意を新たにしています。
04P0516.JPG
[8/5ピースジャム2004でステージからよびかける宮城の青年たち]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2004年9月 »