無料ブログはココログ

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004/12/31

みなさんお世話になりました

 いよいよ、今年も残すところあとわずかです。
 いつも、一年を振り返る余裕がないまま、過ごしてしまいます。今年は、8月からblogをはじめて大体毎日書き続けることができました。ざっとバックナンバーを見返すことで、本当にいろんなことがあったし、みなさんにお世話になったことがわかります。
 ずっと提案し続けてきた「木造住宅耐震改修工事費への助成」が実現し、新潟の地震もあって大切な提起だったことがあらためて確認できたこと、仙台でも平和・憲法を守る集会に4000人以上の市民が集まる集会が2回もあったことは、明るい希望になっています。年末には、東北文化学園大学問題が、急展開を見せました。私も、事実究明に蓋をしようとする動きにストップをかける取り組みを、日本共産党市議団とともに奮闘しました。不正に関わった人々にはきっちりと責任をとってもらうため、また石井前市長時代のゼネコン汚職体質がまだ仙台市に残っているとしたら、根絶することが来年の市長選挙の課題だと位置付けてがんばります。
 私のような仕事は、「何してるの?」と聞かれて簡単には話せない中味なので、このblogをみてもらうことで知っていただければと思います。来年も、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/29

仙台も初めての本格的な雪

 東京でも雪が積もったのですから当然かも知れませんが、仙台も今年初めての本格的な雪となりました。
 年末のごあいさつに、市内をあちこちとまわりながら、車のとおりのない所で少しスピードを出して急ブレーキ。ABSのかかり具合と、スタッドレスの効きを確かめます。マツダのMPVの四駆なので、停まるにはちょっと重いが、走破性は、まあまあです。活動地域は、市の中心部から、山形県境まで、この冬も雪の中、凍結道路も、どんどん走らなければ・・・。市議になる前は、しんぶん赤旗の配達に責任をもつ担当でしたので、雪道の運転は毎日のことでした。アクシデントもたくさんありましたが・・・。
 さて、今日あいさつで回っていて、道路の除雪についての要望がありました。仙台市に合併する前には旧宮城町で除雪していた道路が、合併後除雪車が来なくなったというのです。合併時のお約束で、旧宮城町がやっていたサービスからは後退させないのが最低ラインです。しっかり調べて、守るようにしなければと思います。
 除雪に対する考え方が、旧宮城町と仙台市では大きく違うと実感しています。山沿いの地域の多い旧宮城町では、町民の生活を維持するために除雪が行なわれていました。だから、小さな集落に通じる道も、たった2軒しか家のない地区に通じる未舗装の道もせっせと除雪車が入っていました。ところが、仙台市は「ノースパイクタイヤ運動」をはじめた時、交通事故を防ぐ目的でバスが走るような幹線道路の除雪をやるようになりました。合併して大変広い地域、山沿いの地域が市域となったのに、除雪に対する考え方は旧市内対応のままです。新しくできた、旧宮城町地域の住宅団地では幹線しか除雪しません。
 このところ雪が少ない年が続いたので矛盾も表面化しませんでしたが、改めて問題の整理と解決をはからなければならないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/28

今回の帰省は車で・・・片道10時間以上

 いつもは、年末年始やお盆には帰省などしない主義ですが、今度の年始には、30年ぶりの中学校の同窓会があり無理を承知で帰ります。子どもが4人、家族全員6人で帰省となると飛行機の割引なしのこの期間ではとても高いものにつきます。今回は、車で帰ることにしました。
 1月1日の朝、元日の宣伝を済ませてから出発します。ちなみに仙台から三重まで。ちと遠い。到着は、夜の10時くらいかな?天気も悪そう。
 子どもたちが退屈しないように、カーナビをDVDが見れるものに変えて、後席用のモニターにこれまで使っていたカーナビを転用しました。私の腰がやられないように休み休み行くことにします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/12/27

仙台の街も年末のあわただしさ


 市役所などお役所も、一般の企業もいよいよ明日が御用納め。
 今日は、日中もずっと市内は車が渋滞していました。写真は、青葉区役所8階から東二番町を南に眺めたようすです。片側4車線で普段はこんなに混んでいないのに・・・。さすが年末です。

04P1336

 役所が終わる前に、済ませておかなければならない課題が片方の手で足りないくらいあって、私も今日は、あちこちと忙しく歩いていました。それでも、今、「あれもやっておかなければならなかった」と思い出すこともあり、来年年明けの課題となりました。
 私自身の御用納めは、もっと先になりそう。みなさんが自宅にいらっしゃる29日、30日が本番かも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/26

残念!スケートリンク閉鎖

 今朝の新聞には、全日本フィギュア選手権で、本田武史が男子優勝、荒川静香が女子ショートプログラムで1位(フリーは棄権)、という不調や怪我をおして意地と実力をみせた明るい知らせと共に、彼らが育ったスケートリンク(仙台市泉区)が閉鎖されたというニュースがのりました。
 スケートに情熱を持って取り組んでいる子どもたちや、市民の「リンク存続」を求める運動があり、市民からも17000もの署名が集まり、仙台市も「支援したい」と表明するという、誰もが望んでいる「リンク存続」がどうして実現できないのか?フィギュアスケート発祥の地としての仙台の地域性、オリンピック選手を数多く輩出してきた指導者らの実績もあるのに・・・。
 私自身も、フィギュアや他のスケート競技の子どもたちにとって、彼らを支える環境が整って行けばいいと願っていただけに、本当に残念でなりません。
 スケートリンクの維持には、そんなに経費がかかるのでしょうか?自治体でも応援しきれないくらい大変なのか?他の地方はどうやっているのか?市はスポーツ施設を作って運営をしています。野球場、テニスコート、サッカー場、ソフトボールもできるシェルコム、卓球やバレーボール、バスケットボールなど体育館を使ってやれる競技、スキーもあまり競技者むけではありませんが泉ヶ岳スキー場があります。「スケートも」と言うのはそんな桁違いなことなのでしょうか。まだまだ、たくさんハテナマークが残っています。
 ある意味「リンク存続」がそんなに無理なことに思えなかったから、私自身も、もっと根本的な問題に目を向けられなかったのかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/24

仙台作並は回文の里、仙代庵って知ってますか

 今日は午前中、定義街道と旧作並街道の分岐点に建てられていた道標の再建に立ち会ってきました。(場所はここ
 安政6年(1859年)ですから140年ほど前に立てられた石標が、元の位置に戻されました。今の作並街道(国道48号)は広瀬川の南側を通っていますが、昔は郷六から川の北側にのびる定義街道といっしょに走り、この道標から左に分かれて川を南側に渡ったそうです(落合のミルキーウェイのところ)。そこには「新落合橋」が人だけ通れる橋としてかかっています。昔はつり橋だったそうです。

 04P1331

 この道標の特徴は、回文士として当時江戸でも有名だった仙代庵(細屋勘左衛門)の回文を右側面に掘り込んであったこと、立てた日時がはっきりと記されていること、また建立した人々がはっきりと刻まれていることなどです。
 元仙台市博物館長で郷土史研究家の東海林恒英さんが説明をしてくれました。
04P1330   04P1333

 ところで、回文(廻文・かいぶん)は「上から読んでも、下から読んでも・・・」のアレです。刻まれた回文は
みな草の名は百(ハク)としれ薬なり
 すぐれしとくは花のさくなみ  (仙庵)
とあり、「草は百種類ほどもあろうか、みな薬である。その優れた効き目は花の盛んに咲き乱れる作並のようだ」という意味らしい。作並温泉では、全国回文コンテストや、全国回文大会が開かれています。今年度は3回目になります。

 私も、ひとつ考えました

 鳶や舞う 中洲越すかな 馬や人

 ちょうど、この分岐点で広瀬川を渡りながら、当時の人々が行き来していたんだなと想像しながらつくりました。

04P1334
 沼田 宮城総合支所長と道標の前で

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/23

年賀状つくりにやっと着手

 いつもながら、年賀状つくりが遅くなります。
 議員などの政治家は、選挙区内に年賀状など印刷物を郵送してはいけないため青葉区の方への年賀状は出さなくなりましたが、学生時代の友達など全国に400枚程度だしています。年賀状だけしか、転居や結婚、生活の様子を知ることのできない友達がたくさんいます。できるだけ、本人を含めて家族全員の写真をのせて近況報告をするつもりで作っています。
 今年の年賀状で、気がついた傾向がありました。
 結婚したてくらいの時期は、夫婦二人の写真をのせてくる
 子どもが生まれると、子どもたちだけの写真をのせてくる(本人たちはどのくらい老けたか、お腹が出てきたか分からない)
 さらに子どもが大きくなると・・・

 じつは、

ペットの写真を

    のせてくる 

子どもたちにも写真での登場を拒否されたからか、今さら自分たちの写真をのせられないからか。
 みんさんは、こんな傾向感じませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/22

悪い風邪がはやっています

 昨晩から、吐き気と腹痛をともなう風邪でガオッています。(「がおる」とは体調が悪くてまいってしまうこと、仕事がきつくて体調を崩すときもつかう)
 子どもの通う保育所で、子どもたちが次々と罹っていましたが、大人にも広がっています。土曜日に保育所の学芸会がありみんなで長時間ホールにいたからでしょうか?保育士さんも、親も、兄弟も・・・。
 わが家では、一番下(4番目)が土曜日に症状を示し、月曜には2番目、火曜には私と母親と1番目。今日は1番上のお姉ちゃんは、学校を休みました(明日からは冬休み)。

 ニュースの新年号を今日中に印刷しなければならないのに、昨晩は1面のみで果てました。
 午前中の用事を済ませて、今やっと2面も作りました。さて、印刷に出かけてきます。
「441.doc」をダウンロード
「442.doc」をダウンロード
 みなさんも体には、お気をつけて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/20

地域のみなさんの要望と声を聞いて

 12月議会が終わって、その報告と地域のみなさんの要望・声を聞こうと昨日・今日は愛子東、愛子西、中山の地域をあるきました。
 東北文化学園大問題での副市長辞任問題では、「石井前市長のゼネコン汚職体質がまだ残っている」「あれだけのお金(8億5000万)があればどれだけ市民の役に立つことができたか・・・」などの声が多く出されました。「よくがんばった」と日本共産党の奮闘を評価してくださる方もいました。しかし、全体として、そういった問題を克服して市民のための市政に切り替えていく展望をもつには至っていません。これからの、奮闘が大切だと思いました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/18

生活と健康を守る会仙台青葉支部結成

04P1329

 生活と健康を守る会の仙台青葉支部結成総会が、今日開かれました。
 生活保護受給者などの権利と健康が侵害される事態も、各地で起こりはじめています。
 また、国が生活保護費の国庫負担を削ろうとしている動きなど、弱い立場の人々が、力を合わせがんばる必要がいっそう広がっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/17

12月議会が閉会しました

 12/2から開かれていた、仙台市議会平成16年第4回定例会は、途中副市長の辞任という事態もはさんで歴史に残る議会となりました。今日、閉会を迎えて「たった半月の議会だったのか?」と不思議な感じがするほど、毎日毎日が新しい出来事、展開の連続でした。
 その中心は、やはり東北文化学園大学への補助金不正受給問題でした。当初「大学の再生優先させたので、市の債権放棄はやむなし」という議論だけで済まそうと市も多くの議員も考えていたようですが、「この際、堀田元理事長への詐欺罪での刑事告訴断念も決めて決着済みにしてしまおう」という市の姿勢が露わになり、市民からの批判をよびました。私たちは、「学園の再建と、事実の全容究明の2つとも大切」と立場を明確にして議会で追求しました。
 「刑事告訴断念」を「将来的には条件が整えば刑事告訴もある」という態度に変えさせました。
 市幹部(佐々木副市長)が堀田元理事長から接待を受けていた報道をうけて、私の質問にも、当初市長は「全く問題がない」とかばう姿勢をとりましたが、その姿勢は数日で破綻しました。
 佐々木副市長への直接の質問を通告した当日、辞表が出され、直接の答弁もいっそう不信を買う中味となりました。
 辞任で総務財政委員会での佐々木副市長への質問ができなくなり、参考人としての招致を求めましたが、与党の自民、公明、民主、社民がそろって反対し全容究明への後ろ向きの姿勢を示しました。
 当局への質疑の中で、補助金制度そのものが、東北文化学園に便宜をはかるためにつくられ、急がれた疑いがますます強くなりました。また、かねてから主張してきた西松建設の不正へのかかわりが、国の補助金適正化法違反の公判で行なわれた検察側の冒頭陳述でも裏付けられたこともあり、解明しなければならない「疑惑」はさらに深まったと思います。
 学生の勉学・研究を保障するために、学園の再建は必要であり、民事再生手続きでの市の債権放棄には同意するものですが、事実の全容究明への市の消極的姿勢を認めるわけには行かず、この議案には棄権しました。
 こんご、100条委員会を設置するなど、権限をもって地方公共団体の事務について調査する議会としての最大の努力を行なう必要があります。
04P1318
 外に出て見れば、光のページェント。今年から、シンボルツリーも登場。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/16

ワケルモービルを使ってみて

04P1320

 11月7日にLove & Peace Festa in SENDAI を開催した、青年たち(Festa実行委員会と民主青年同盟宮城県委員会)が、今日、仙台市環境局に要望書をもって訪れました。
 環境問題、ゴミ減量は平和にもつながる・・・と学習するなかで、イベントでワケルモービルを使いました。食器に100円のデポジット制を導入して、参加者にゴミ減量の関心をもってもらったことや、食器の拭き上げに人手が思った以上にかかり改善はできないか、拡大生産者責任制度を国に求めて欲しい、などの反省や要望も出され、それを文書にまとめて、今日の要望となりました。
 対応した仙台市環境局リサイクル推進課長の広島さんが、丁寧に仙台市の現状や今後の方向性についてこたえてくれて、もっと自分たちの取り組みも継続してやれそうだ、と感じてくれたようです。ゴミ問題、環境問題を考える施設見学会を春先にもひらきたいと、言っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/15

楽天球団社長と仙台市議の懇談会

 昨日は、佐々木副市長の辞任で大変忙しい一日でした(今日も・・・)。
 嵯峨議員の一般質問で、佐々木副市長への直接の質問も通告していたので、辞表は出したが本会議には出席するかどうかで対応に追われました。結局、その質問に直接答える形で辞任を説明することになり、マスコミからの取材も相次ぎました。

04P1317

 放送局の取材でコメントを求められる正木団長

 予定されていた、スポーツ市議の会の楽天球団社長らとの懇談も、あわただしい中でしたが開かれました。島田亨社長からは、球団職員はまず野球ができるところまで持っていくため全力をあげていること、3つのチャレンジとして・強いチーム、・地域密着、・健全経営をめざすとこれからの取り組み姿勢が話されました。地域密着推進部を担当する篠崎氏からは行政、経済界、ファン、球団で協力をすすめたいと話され、議員からもいろいろな要望が出されました。地域との交流について、応援の方法について、チャリティーや宣伝の方法など短い時間では済まないくらいです。「ファールボールをプレゼントしたら」という提案には、そういうこともやりたいと検討ははじめているが、健全経営をなんとしてもとの角度からもよく検討しなければ・・・としっかりしたところもみられました。
 私も、球場での車いすの方の席を最前列に、と寄せられていた要望と、球団への気軽な問い合わせ意見のメールアドレスを早急に作ってほしいことを、出しておきました。

04P1316

 花束を贈呈しているのは、ふるくぼ和子議員

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/14

佐々木副市長辞任

東北文化学園大学の元理事長に接待を受けて問題となっていた、仙台市の佐々木副市長が、先程辞表を出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/12

なぞのポール

04P1307

 今日は午前中、吉成地域を歩きました。話題となったのは、この「ポール」。何のためにつくったのか?と疑問の声。まだ半月しかたたないのに、みんなぶつかっている。南側から右折することができない・・・など苦情もたくさん寄せられました。
 「ポール」設置の位置は、

04P1313-2

 何を考えて設置したかは、やっと分かりましたが、一層多くの不便や危険を生み出したのは明らかです。町内会長の意見も聞かずにサッと作ったようですが、改善策を地域の方の意見もちゃんと聞いてつくることが必要です。
 発注した市の職員も、現場を見ないで発注したそうです。困ったものです。

04P1312

いっしょに歩いてもらった、吉成の宮尾さんと石川さん。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/12/11

「ぼ~」。わが家の朝、なかなか出かけられません

 我が家の朝は、まず母親出発(7:30車で市中心部を越え反対側まで)、長女出発(7:40高校へバスで)、長男出発(8:00歩いて3分の中学校へ)のあと・・・なかなか進みません。
 次女(4)と次男(2)は、彼らの足で歩いて3分の保育所に行くのですが、「お母さんが行ってしまった」とひとしきり泣いて、ご飯を食べ、着替えをしての間じゅう、TVやビデオを見て ぼー としています。長男も彼の出発までは、並んで ぼー。

200412110838.jpg


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/09

注目された質問になりました

今日の代表質疑は、昨日の「刑事告訴断念」の意味を、ただして「当面断念、将来可能になれば適切に対応」と答弁をうることができました。
 朝からの、「市幹部が堀田元理事長から接待を受けた」という報道もあり、『将来刑事告訴すると何か市にとって都合の悪いことがあるのか』との質問が生きる状況になり、注目されました。質問原稿はこちら

200412092353.jpg

 学園の健全な再生のためにも、市民が納得できるためにも、事実究明は本当に力を入れていかなければと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/08

「刑事告訴断念」?明日ただします

 今日は3つの会派の代表質疑でした。東北文化学園大問題と楽天新球団関連に質問は集中しました。
 今朝の新聞各紙でも報道されましたが、仙台市が東北文化学園大学の元理事長を詐欺容疑で刑事告訴することを「断念した」とされています。議会の本会議でも藤井市長は、「県警察と慎重に協議してきたが、現段階では立証は困難なので、刑事告訴を断念せざるをえない」と答弁。
 日本共産党市議団は、これまでも「損害賠償請求(民事)を急げ」と主張してきました。ある意味で、刑事告訴をするには材料が必要ですが、材料を作るうえでも損害賠償請求をして事実関係をはっきりさせて行くことが必要だと戸思います。「現段階で刑事告訴がむずかしい」は当然だと思いますが、「これからも刑事告訴を断念」しなければならない理由は見当たりません。
 市長の答弁も、1人目には「断念せざるをえない」、2人目には「見送らざるをえない」としているので、真意を明日の私の代表質疑でただしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/07

やっと原稿があがりました

 あさっての代表質疑の原稿がやっと出来ました。
 今晩は、ゆっくり寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/06

党市議団として記者会見(東北文化学園大問題)

 東北文化学園大学の再生計画の申し立てにともなう債権放棄の議案の審議にのぞむ態度について、日本共産党仙台市議団として記者会見を行ないました。

 不正の全容を徹底究明することと
 学園再建をめざす努力を実らせる

この二つの立場を明確にする内容です。

04P1294.jpg

左から、福島幹事長、正木団長、私、中嶋事務局長
市政記者クラブで12月6日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/05

東北文化学園大 勉学を保障する再生を願います

 開会中の仙台市議会に、東北文化学園大学への債権放棄についての議案がかかっています。
 東京地裁に学校法人東北文化学園大学および学校法人友愛学園から民事再生手続きの申し立てがあったことにともなって、市が補助金の返還を請求していた9億400万円のうちの95%にあたる8億5832万5000円の権利を放棄することについて、議会の議決を求めるものです。
 今回の事件は、市民の貴重な税金を偽りの補助申請によってだまし取られた問題であり、当然補助金の返還を求めるべきだと私たちは主張して来ました。同時に、現在学んでいる学生を含め、教職員の方々もこの犯罪の被害者であり、専門を学ぶ要求や教育研究の自由を最大限保障したいと願っています。党市議団は、虚偽の大学設立申請が明らかになったあと、直ちに市に申し入れを行い、堀田正一郎元理事長らによる不正の全容究明を求めました。また、6月の定例議会で学生の勉学生活条件の確保を求めるとともに、国会議員も関係者と懇談して文部科学省に同学園の存続を要請するなど、再建をめざす学園関係者の努力を実らせるために活動してきました。
 今議会でも、不正の全容究明と同学園の再建の二つを追求する立場から審議に臨みます。

続きを読む "東北文化学園大 勉学を保障する再生を願います"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/02

新潟の報告はマイフォトで

 新潟長岡・小千谷へのボランティア。現地の様子を昨日UPしようと思ったのですが、まだ私は使っていなかった「マイフォト」を使ってみる事にしました。結構写真を20枚ほどUPして、説明をつけると時間がかかってしまいました。

04P1270.jpg
福島かずえ議員から、寄せられた米・救援募金などを預かっていきました。

04P1272.jpg
長岡でセンター責任者の林通文氏に手渡しました。

写真報告を、右側、マイフォトからご覧ください。

 今日から、12月17日まで市議会12月議会がはじまりました。日本共産党市議団は、今定例会に「仙台市乳幼児医療費の助成に関する条例」を議員提案し、福島議員から提案理由の説明を行ないました。
 この条例は、乳幼児医療費助成が、入院は小学校入学前まで助成されていますが、通院は3歳までなのを通院も就学前までに拡大すること、所得制限をやめることを中心的な内容としています。また、現在「規則」で行なわれている医療費助成を条例で行うようにすることもポイントです。
 9日には、私も市議団を代表しての代表質疑を行ないます。地震対策、コンビナート防災、東北文化学園大への債権放棄について質疑する予定です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »