• Dsc08134
  • Dsc08135
  • 201612_1
  • 201612_3
  • 201612_2
  • 744web__1
  • 744web__2
  • Img_2464
  • 201603
  • 201602s__1_2

« 今回の帰省は車で・・・片道10時間以上 | トップページ | みなさんお世話になりました »

2004/12/29

仙台も初めての本格的な雪

 東京でも雪が積もったのですから当然かも知れませんが、仙台も今年初めての本格的な雪となりました。
 年末のごあいさつに、市内をあちこちとまわりながら、車のとおりのない所で少しスピードを出して急ブレーキ。ABSのかかり具合と、スタッドレスの効きを確かめます。マツダのMPVの四駆なので、停まるにはちょっと重いが、走破性は、まあまあです。活動地域は、市の中心部から、山形県境まで、この冬も雪の中、凍結道路も、どんどん走らなければ・・・。市議になる前は、しんぶん赤旗の配達に責任をもつ担当でしたので、雪道の運転は毎日のことでした。アクシデントもたくさんありましたが・・・。
 さて、今日あいさつで回っていて、道路の除雪についての要望がありました。仙台市に合併する前には旧宮城町で除雪していた道路が、合併後除雪車が来なくなったというのです。合併時のお約束で、旧宮城町がやっていたサービスからは後退させないのが最低ラインです。しっかり調べて、守るようにしなければと思います。
 除雪に対する考え方が、旧宮城町と仙台市では大きく違うと実感しています。山沿いの地域の多い旧宮城町では、町民の生活を維持するために除雪が行なわれていました。だから、小さな集落に通じる道も、たった2軒しか家のない地区に通じる未舗装の道もせっせと除雪車が入っていました。ところが、仙台市は「ノースパイクタイヤ運動」をはじめた時、交通事故を防ぐ目的でバスが走るような幹線道路の除雪をやるようになりました。合併して大変広い地域、山沿いの地域が市域となったのに、除雪に対する考え方は旧市内対応のままです。新しくできた、旧宮城町地域の住宅団地では幹線しか除雪しません。
 このところ雪が少ない年が続いたので矛盾も表面化しませんでしたが、改めて問題の整理と解決をはからなければならないと思います。

« 今回の帰省は車で・・・片道10時間以上 | トップページ | みなさんお世話になりました »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仙台も初めての本格的な雪:

« 今回の帰省は車で・・・片道10時間以上 | トップページ | みなさんお世話になりました »

無料ブログはココログ