• Dsc08134
  • Dsc08135
  • 201612_1
  • 201612_3
  • 201612_2
  • 744web__1
  • 744web__2
  • Img_2464
  • 201603
  • 201602s__1_2

« 子育て中の親どおしの交流が大事だね | トップページ | 仙台中央卸売市場の業務条例改定について質疑の準備をしています »

2005/02/28

東北大有朋寮に立ち寄ってみました

 26日、学童保育の問題で仙台市太白区鹿野におじゃましました。私が、仙台に来てはじめて住んだ土地であり懐かしくご近所を歩いて見ました。1979年に大学入学した頃とあまり変わっていない風景に、なぜかホットしました。
 1年留年したので3年間暮らした、東北大学有朋寮にも立ち寄ってみました。

05P0276

05P0277

05P0278

 相変わらずの様子(25年前からこんなでした)に、当時を思い出しながら中を見せてもらいました。廊下の板が抜けて寮生や新入生の保護者がケガしたこと、その後打ち付けた板がそのまま残っていました。壁の落書きは多すぎて自分のいたころのものを見つけることはできませんでした。
 2年前に、学校との間では廃寮にされていますが、まだ住んでいる人はいるようで、電気も通っていました。ただ、いくら呼んでも留守だったようで、一年中、24時間騒がしかったあのころとは違います。階段を登る時『ギッ、ギギィ』という自分の出す音がやけに大きく聞こえました。
 寮食堂は、ドアが開いていましたが、物置状態。厨房へのドアにはカギがかけられていました。洗濯室には、まだ動きそうな洗濯機が1台、奥のトイレも使っているよう。お風呂はどうでしょう?ボイラー式なので使えないような気がします。
 また、時間をみつけて訪ねてみようと思います。

« 子育て中の親どおしの交流が大事だね | トップページ | 仙台中央卸売市場の業務条例改定について質疑の準備をしています »

仙台のできごと」カテゴリの記事

コメント

有朋愚連隊の唄以下に転載します。
花木さんも唄われましたか?前口上はボスの特権でしたね。
(前口上)
言うなかれ君よ 別れを世の常を生き死にを
遥けき海原の果てにおきて
今やはたまたなにおか言わん
熱き血潮をたたうる者よ 胸をたたけ
落月に盃を砕きて 今しばし酔いて 気を得よ
感坤相打つところ 水は流れては行く
ああ人生の行路いかなるぞ
されど今しばし人生の憂きを忘れて
いざ干さんかな我らが盃を
いざ歌わんかな我らが歌を

ein!  zwei!  drei!


1.おいら死んでもなげくな母よ 水と線香じゃ浮かばれぬ 酒とタバコを添えとくれ
(*)おいら有朋愚連隊 ああわびしき我が心
2.街のネオンに火がつく頃にゃ 郷のあのこはどうしてる 星を見つめて思い出す
(*)繰り返し
3.学校サボって雀荘へ ドッペリくらって身をくずす 酒を飲んではくだを巻く
(*)繰り返し
4.街の酒場で飲む酒は なぜか今夜はほろ苦い 明日という日の無い俺さ
(*)繰り返し
5.ケンカ出入りのその時にゃ 泣いてあの子が意見する おいら正義の血が騒ぐ
(*)繰り返し
(*)もう一度繰り返し
有朋第1××期炊幹弐号兼元霽風寮委員長 以上転載

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北大有朋寮に立ち寄ってみました:

« 子育て中の親どおしの交流が大事だね | トップページ | 仙台中央卸売市場の業務条例改定について質疑の準備をしています »

無料ブログはココログ