無料ブログはココログ

« ウ~ん。「カテゴリー付け」はむずかしい | トップページ | 仙台市議会開会、1ヶ月の長丁場です »

2005/02/16

予算書とにらめっこ

200502162242.jpg 明日からはじまる2005年第1回定例会の準備で、分厚い予算書とにらめっこです。去年の予算と比べて、どんな事業が予算が増やされたのか、減らされたのか。事業自体がなくなっているものもあります。新しくはじめる事業は、当局から説明がありますが、やめる事業は予算書をよく注意して見ないと「後で気づく」ことになってしまいます。日本共産党市議団では、担当ごとに分担してチェックをしています。
 私は、環境費と経済費をチェックしましたが、一番気になるのは国が緊急地域雇用対策費を今年度で打ち切った影響です。今年度は、5億1922万円の予算で22の事業が行なわれ、合計513名の雇用を創ることができました。しかし、来年度予算案では、国からのお金はゼロになり、市が独自に予算を付けて残した事業は1億4323万円、7つの事業だけです。雇用予定人数は93名です。
 単純に計算すると、雇用が420名分減るわけです。これが全国の自治体で同じように起こるわけですから、いっそう失業が増えることになると思われます。国民の所得が減り続ける中で、なぜ増税、なぜ雇用確保の後退なのでしょう。本当に逆立ちした政治です。

 仙台は、今日は朝から大雪です。吉成は夕方までに25センチ積もりました。午後、PTAの会議に行くのに車を出すための雪かきの時間がなく歩いて行きました。夕方、雪かきをしましたが、かいた後からまた積もります。途中、子ども達が帰ってきましたが、雪かきでできた山に穴を掘ってかまくらと、階段を付けてすべり台をつくって遊びました。汗だくです。・・・そして、今23時、腰が痛くて・・・後悔しています。

|

« ウ~ん。「カテゴリー付け」はむずかしい | トップページ | 仙台市議会開会、1ヶ月の長丁場です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47498/2961570

この記事へのトラックバック一覧です: 予算書とにらめっこ:

« ウ~ん。「カテゴリー付け」はむずかしい | トップページ | 仙台市議会開会、1ヶ月の長丁場です »