無料ブログはココログ

« 仙台中央卸売市場の業務条例改定について質疑の準備をしています | トップページ | なぜ今、制度融資の間口をせばめるのか! »

2005/03/07

人減らしもここまでやる?

 仙台市は、せっせと市職員の定員削減をすすめています。とはいっても、嘱託や非常勤を増やしたり、業務委託して(人件費項目から物件費項目になる)人件費の削減をしています。
 その中で、えっここまで?と首をかしげることがありました。

 仙台市の農業委員会の事務所を、本庁舎内に移すのと同時に、農業委員会の事務局長と市経済局の農政部長を兼任させるというのです。当の農業委員会の委員にも全く明らかにしないまま、市長部局だけで決めてしまい、今年になってから「決まったもの」として伝えられました。
 農業者の代表として選挙で選ばれる農業委員です。市長部局とは独立した委員会としての機能や役割をあまりにも軽くみているとしか思えません。国がひどい農業つぶしの悪政を押し付けようとしているときに、地方自治体も右へならえでその具体化を進めようとします。農業者と意見が対立することも、ままあるのは当然です。ところが、その農業委員会の事務局長が、市長に人事権がある農政部長だというのですから、まともに農業者の立場に立って物事を進められるわけが有りません。
 日本共産党市議団の議論では「市の監査委員会事務局長を副収入役が務めるようなものだ」との声がありました。本当にひどいです。

|

« 仙台中央卸売市場の業務条例改定について質疑の準備をしています | トップページ | なぜ今、制度融資の間口をせばめるのか! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47498/3212442

この記事へのトラックバック一覧です: 人減らしもここまでやる?:

« 仙台中央卸売市場の業務条例改定について質疑の準備をしています | トップページ | なぜ今、制度融資の間口をせばめるのか! »