無料ブログはココログ

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005/09/30

もう9月も終わり、仙台は秋

 もう、9月も終わりです。昨日は、市議会決算特別委員会で、児童館・学童保育問題で質問しました。新しい市長は、まだ、答弁になれないのか少し的外れな答弁で、ついつい、言い過ぎてしまったかな?

 仙台の選挙ラッシュはまだ続いています。やっと、10月23日投票の県知事候補が決まりました。さあ、議会もラストスパート、選挙はスタートダッシュ。がんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/11

新市長のもと、9月議会本番です

 新しく仙台市長に就任した梅原氏のもとでの、初めての議会が始まりました。13日の代表質疑で日本共産党の正木団長は、財政運営を大元から見直す視点について、市長の見解をただします。
 地方財政をいじめる国の「三位一体」改革とたたかうつもりか、大型店と地元商店街の共存をめざす「まちづくり条例」への態度、中小零細業者への行政の仕事をつくる「小規模工事等希望者登録制度」、青年の常雇用を増やす独自の助成制度つくりなど市の収入増につながる積極的な取り組みを求めます。
 また、お金の使い方については、駅前のアエルビルへの税金投入をやめる、長町副都心事業・仙台港背後地整備事業の見直しを求めます。市長選挙の争点ともなった地下鉄東西線については、「加速的推進」の梅原氏が当選したとはいえ、市民の6割は現計画に批判的な判断を下したと見るべきであり、市民との間で議論を深めるべきだと指摘します。

051052  スポパーク松森の事故では、PFI方式の問題点がいっそう明らかになりました。公共の建物の建設と運営を民間事業者にまかせるやりかたは「官から民へ」の小泉流規制緩和で地方にもおしつけられたものですが、市民の安全まで、民間に丸投げするものであることが浮かび上がりました。安全問題だけにとどまらず、PFI方式が、市のお金の節約にもならないこと、利用者である市民のプラスにもならないことから、根本的な再検討を求めます。

 今回の議会には、日本共産党市議団は「福祉オンブズマン」条例を議員提案しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

総選挙 結果はいかに

解散から約一ヶ月。総選挙の投票も締め切られました。

この間、blogの更新もお休みしてました。選挙とHPなどの規制については、今後もう少し検討が進みそうです。

私は、比例代表での日本共産党と、宮城1区での かどの達也候補への支持を訴えてきました。連日の「残暑」の中、候補者も元気に最後までがんばりました。ごくろうさまでした。

051129 8月30日の第一声。(左が角野候補、2番目が五島2区・比例重複候補)

「青年の置かれているひどい状況を変えよう」との角野さんの街頭からの訴えに、先々で若い人たちからの反応が多かった選挙戦でした。これからに、つながる結果を期待したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »