無料ブログはココログ

« 京都・大阪で地下鉄の視察 | トップページ | 学びの秋、食欲の秋? »

2005/10/31

ANTQUARIUM-2

 子どものお土産にと買ったANTQUARIUM。29日の土曜日に第1期生が入居しました。
051311  朝、保育所への道すがら、たまごボーロを砕いて2箇所に置いておきました。昼過ぎに、子どもたちと調べに出かけると、一方には、ほんの2ミリくらいの小さな赤いアリが、破片を運んで数匹いましたが、小さすぎるのでやめました。近くの石をひとつずつひっくり返していると、大きなアリの巣発見。1cmはある大型のアリ、5ミリほどの中型、3ミリほどの小型と3種類くらいがひしめいていました。卵かさなぎもありました。そこで、大1、中2、小5匹を捕まえて入れました。051312

 大型に小型が3匹食べられ(そうとしか思えません)、数時間後には5匹に。「アリは相談して巣を掘りはじめる」と説明書にはありましたが、相談どころではありません。

051313  日曜の朝、小型1匹が隅に縦の穴を掘り始めていました。(他のアリは無関心)さて、これからどうなるかな?・・・

051319

 ところが、夜帰宅すると、第1期生は「大きいのはイヤ」との妻の意見で放逐され、同じ巣から連れてこられた小型4匹の第2期生に替えられていました。

051322 051321  月曜の夜、2期生のうち1匹が、1期生の残した穴を受け継いで掘り始めました。3匹は、協力を始めたようです。アリの巣の穴は、2匹がすれ違えるくらいのわりと太い穴を掘ることが分かりました。

|

« 京都・大阪で地下鉄の視察 | トップページ | 学びの秋、食欲の秋? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47498/6796037

この記事へのトラックバック一覧です: ANTQUARIUM-2:

« 京都・大阪で地下鉄の視察 | トップページ | 学びの秋、食欲の秋? »