無料ブログはココログ

« 生”ハバネロ” | トップページ | 現役高校生が県庁に署名を持って »

2005/11/24

学校の森ワークショップ

 「南吉成小・学校を森にする会」・・・変わった名前ですね、学校を森にするのですか?、とよく聞かれます。「学校の森」をつくり・お世話をする団体なのですが、その一画だけでなく、近くにある権現森山など本当の自然と学校をつなげる役割を果たしたい、と名前をつけて活動しています。

051429  11月16日には、市の下水道施設:長町雨水幹線のトンネルを見学に行ってきました。緑の問題から、水環境やビオトープなど生き物への関心が広がっています。
 直径4メートル以上のトンネルが1・9km続きますが、名取川に排水するポンプ場の方から500mほどのところまで行ってきました。トンネルの内面にコンクリートをはる作業が行われている段階で、もうすぐ完成、見学会も私たちが最後、とのことでした。トンネルを掘るシールドマシンは見たことがありますが、コンクリートをはる機械は、はじめてでした。(かわいい電車〈トロッコ?〉もありました。
 子どもたちは授業のある平日だったので親ばかりの参加でしたが、校長先生もごいっしょしていただきました。

051432

051435

051457

 11月20日は、久しぶりのワークショップでした。草取りと、要らなくなった支柱はずし、花壇植え替え、ハンモックの冬支度、「山小屋」のペンキ塗りなおしなどの仕事。虫・いきもの探し、芋煮会など盛りだくさんの内容です。例によって、ほとんど細かい計画はありませんでしたが、思ったより参加者があり、にぎやかに作業が進みました。
 すこしづつ 森らしく なって来ました。

051459 051465

051467 051479

|

« 生”ハバネロ” | トップページ | 現役高校生が県庁に署名を持って »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47498/7289793

この記事へのトラックバック一覧です: 学校の森ワークショップ:

« 生”ハバネロ” | トップページ | 現役高校生が県庁に署名を持って »