無料ブログはココログ

« 生活保護って大切な制度です | トップページ | 生”ハバネロ” »

2005/11/21

耐震偽装見抜けなかった検査機関が仙台でも

 姉歯設計事務所の耐震強度偽装をそのまま見抜けず建築確認を出してしまった2つの民間指定確認検査機関が、仙台に事務所を持ち昨年と今年で合わせて約500件の建築確認を出していたことがわかりました。今日開かれた仙台市議会都市整備建設常任委員会で日本共産党の嵯峨サダ子議員が質問し判明したものです。

 首都圏を中心に大問題となっている構造計算書の偽装。本来、建築確認ための検査を通るはずがないものです。そんないいかげんな「建築確認」を出していた民間の指定確認検査機関が、仙台でも仕事をしていました。「イーホームズ㈱」と「㈱東日本住宅評価センター」です。遠いところの話ではなく、仙台では大丈夫なのか早急な調査が必要です。
 国からは、建築確認の再検査の指示が来ていますが、仙台市が直接行なった検査だけで、「民間の指定確認検査機関が行なったものはその機関に再計算をさせている」とのことです。これでは、全く信頼できません。

 そもそも、自治体が直接建築確認の検査業務をやっていたのを、小泉政権の規制緩和・公から民への走りとして、民間に建築確認の代行を認めるように法律が変えられました。仙台でも、年間6000件前後の建築確認申請のうち、約8割が民間に出される現状です。構造計算書は民間の検査機関に出されますが、建築確認を出した後に市に報告される文書には添付されません。市では、再計算をしてチェックすることも出来ない仕組みです。
 今日の質疑では市の担当者は「構造計算書を偽装しても、それが市に提出されていれば偽装を見抜くことはできます」と述べました。市民の安全、建物の安全を守るための、行政の仕事を、民間のビジネスにしてしまったことが招いた重大事態だと思います。国に、制度改悪の是正を強く求めなければなりません。

PS  「イーホームズ」が建築確認を出したマンションを購入しようとしている方の率直な思いや、国の権限を強めることでいいのだろうかというご意見がありました。TBをはらせてもらいましたのでご紹介します。

|

« 生活保護って大切な制度です | トップページ | 生”ハバネロ” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47498/7255887

この記事へのトラックバック一覧です: 耐震偽装見抜けなかった検査機関が仙台でも:

« 生活保護って大切な制度です | トップページ | 生”ハバネロ” »