無料ブログはココログ

« 定時制高校の給食費補助削減にストップ | トップページ | 中国におけるCDM…シンポに参加 »

2006/03/17

里山を考える会が、仙台市に公開質問状

060175  仙台市周辺の里山を考える会(加藤錦弥代表)が、今日(3/17)仙台市都市整備局に「虹の杜団地」問題で申し入れを行い、公開質問状を手渡しました。

 1/31の記事でも書いたように、この団地開発の事業者である日本勤労者住宅協会が経営破綻し、民事再生手続きに入っています。里山を考える会は、一貫して仙台市にこの開発を許可しないように求め続けてきた経緯があります。

 私も、3/13予算特別委員会・土木費で「虹の杜」問題を取り上げ質問しました。(議会中継録画 wmp形式 rp形式)この問題では、県議会での県の対応は「様子を見る」というもので全くひどいものです。伐採されずに残っている広大な自然を、借金のかたに転売されてしまうのを防ごうという姿勢には程遠い。
 仙台市には、転売を防ぐために、この土地の目的外使用は認められないこと、開発許可の取り消し、市街化区域から調整区域への逆線引きなど、早急な手立てを求めました。市は、開発許可を出したことへの反省は十分ではありませんでしたが、「現時点に立てば、あのような大きな団地開発が今でも必要だとの立場ではない」「計画変更、事業者変更などの際には、許可しないということもありうる」「こういう立場を、裁判所、事業者などに通知することも考える」という答弁がありました。

 県には、さらに環境影響評価条例適用第1号の事業計画であり、貴重な自然環境を守る役割が結果として果たせなくなっている問題を、どう解決するのか本来大きな責任があります。

 里山を考える会のみなさんといっしょに力を合わせて、私も議会内外でがんばりたいと思います。

|

« 定時制高校の給食費補助削減にストップ | トップページ | 中国におけるCDM…シンポに参加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47498/9136210

この記事へのトラックバック一覧です: 里山を考える会が、仙台市に公開質問状:

« 定時制高校の給食費補助削減にストップ | トップページ | 中国におけるCDM…シンポに参加 »