無料ブログはココログ

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006/05/29

児童館の企画で「権現森を歩く」

 5/20の土曜日、南吉成児童館の企画で、権現森を歩いてきました。
 「きぶし通信」を発行している渡辺正美さんの案内で歩く権現森は大人も楽しめました。(右側のマイフォトに写真と渡辺さんから聞いた説明などをUPしました)

白いひめしゃが、幽霊茸、花いかだ・・・一人で歩いても見つけられないものを見て、説明を聞くことができました。

060738

060748

060762

暮らしている町は、すぐ間近に見えました。こんなに近くにあるのに、ほとんど歩くことがない権現森山。もったいないですね。

060756

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/28

ゴミ、PFI問題で北九州・福岡の視察

 先週5/22.23、ふるくぼ議員・ふなやま議員と3人で北九州市と福岡市の視察に行ってきました。
060701  家庭ごみ収集の有料化を仙台市は今年度検討するとしています。政令市で有料化しているのは、北九州と福岡だけです。現地では、どのような状況なのか、市当局と日本共産党市議団からそれぞれお話をうかがってきました。有料化の目的に「ゴミ減量」があげられますが、両市とも「ごみ減量」の熱意は感じられず、結果も出ていないようでした。結局、「財政再建のために市民からとれるお金は取ろう」とする部分が浮き上がって、市民から反発が起きています。
 仙台市は、特に「行財政集中改革計画」でゴミ有料化を検討するわけですから、入口から間違っていると思います。

060674  もうひとつは、スポパーク松森の天井落下事故とともに、現在PFI推進勢力からはできれば避けて通りたい事例となっている「タラソ福岡」経営破たんの問題です。ちょうど国から調査が入っている日で、当局からの話は聞けませんでしたが、現場にも行って、スポーツクラブ運営担当者に施設の案内をしてもらいました。
060677  もともとのPFI会社から、新たなPFI会社をつくって契約を引き継いでいますが、スポーツクラブ運営はコナミスポーツで、スポパーク松森と同じです。施設は思ったより小さく、マシンジムがロビー的な場所に所狭しと並べられ、フィットネススタジオも1部屋、売り物の海水をつかったプールというのも、健康ランドのお風呂かという感じで、運営はむずかしいだろうと感じました。定期会員数も増えていないので、どうやって新会社は事業破綻させないでいられるのか・・・。やはり、おきまりの人件費削減しかないようで、プールの監視は、2名体制。死角が多く、水中もバブルジェットで上から確認しづらい環境ですから、お年寄りの利用者に大きな事故が起きなければいいな、と心配になりました。ジムの担当者も社員ではなくアルバイトとなり、サービスの低下の不満が利用者からもありそうです。
 サービス内容のモニタリングだけでなく、経営内容のモニタリングも必要だと、タラソ福岡経営破たんについての分析と提言で述べられていたことは、実際どう改善されたのか・・・。資金融資をする銀行などのかかわりを少し変える組織方法がとられたようですが、実際に機能できているのか確認は出来ませんでした。引き続き、調査をすすめたいと思います。

060704  1日目は雨模様だったのですが、2日目は湿度・温度とも高い日になりました。福岡市役所の前のビルにつくられた屋上緑化公園「アクロス山」に汗だくになって登りました。

 市役所の喫茶室で飲んだ、グリーンティ・フロートで一息つきました。(グリーンティもあまり仙台では飲みませんが、それに抹茶アイスが乗っている・・・はじめて飲みました)

060703

そうそう、こんなものも「面白い!」と思いました。市役所のエレベーターの中。オリンピック誘致のポスターです。

060709

なにって?黄色の右隅にこんなことが
060708

「いらん」って書いてありました。
誘致反対署名もずいぶん集まっているとの事でした。市民にとってはムダづかいの上塗りと言えますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/20

雨やみ 南吉成小運動会

 昨日から降り続いた雨。今朝になっても本降りでした。そんな中、6時20分「ドン、ド~ン」と花火の音。南吉成小のグラウンドは、水はけがよいほうなので8時頃までに止めば可・・・という判断だろう。

 でも、なかなか降り止まない。HPで確認すると、一応勉強の用意も持ってきてほしいと書いてあった。

060649  30分遅れだが無事、運動会開会になりました。我が家の3番目は1年生。カメラとビデオの両方では、どっちつかずでなかなかうまく撮ることが出来ません。

060662 学校の森で遊ぶ人もたくさん居ました。「学校を森にする会」の宣伝や企画のお誘いも、こういう機会にすればよかったなア。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/11

「虹の杜団地」問題で政府交渉

 今日(5/11)は、虹の杜団地開発問題で、日本勤労者住宅協会本部と政府の各省庁との交渉に出かけてきました。

 日本勤労者住宅協会は、今年1月30日に民事再生手続きの申請を行い、2月14日から手続き開始となっています。当初、5月8日までに再生計画案をつくる期限となっていましたが、6月30日まで延期の申し立てが行われました。仙台の「虹の杜団地開発」が、勤住協破綻の直接のきっかけであり、そもそも無理に事業継続すべきではないとの立場で申し入れを行ってきました。
060635   対応した事業部長は「虹の杜団地開発事業は、勤住協の再生計画の要であり事業継続したい」「簿価は高かったので現計画では宅地造成後の販売価格が高くなっていたが、再生法申請で評価が下がった分、新しい事業計画では販売価格を下げることが出来事業としてはやりやすくなった面がある」「事業継続のための資金は、債権放棄をお願いしていない金融機関や建設会社などから得たいと協議中」と話していました。
 事ここにいたっても、まだ、このようなことを言うのか・・・と思いました。すでに、この場所に大規模な住宅団地をつくることには、ニーズも公共性もなくなっている。事業としても展望はゼロに等しいのに、今から資金を出してくれるところを探して・・・など、ありえない話だと思います。仙台市民にとっては、貴重な自然を含む国有林が、民間のもうけの種にされたり、破壊されたりすることが、心配なのです。

060636  省庁交渉では、国土交通省からは、勤住協を管轄する住宅総合整備課、虹の杜事業への融資を行い土地に担保をつけている住宅金融公庫を所管する部署、さらに、都市計画課を呼びました。また農水省からは、国有林を勤住協に売った林野庁の林野管理室、総務省からは行政評価局を呼びました。時間があとになりましたが、財務省主計局と理財局からも担当者に来てもらいました。参議院議員の紙とも子さん、衆議院議員の高橋ちづ子さんに同席をお願いしました。
 それぞれの縦割りの事情を説明するのみで、仙台市民の心配が解消するような誠実な取り組みは全くしていないようでした。林野庁にいたっては、これまで勤住協の言うままに「信じています」としていた対応が今の破綻を招いているのに、全く反省が見られません。「この人たちは、誰のために仕事をしているのだろうか。優秀な人たちばかりだろうに・・・。

続きを読む "「虹の杜団地」問題で政府交渉"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/07

超近場ですませたGW

 世間では「7連休から9連休」「海外旅行が増える」と言われたGW。我が家では、高3、中3は部活で忙しく、親は休みがなかなか決まらずにいるところへ、小学1年生は2日が振り替え休日となりました。

 「休みをどう過ごすか」というより、「GWをどう乗り切るか」という課題になってしまいました。

4/29は、小学校授業参観とPTA総会。4番目の相手を交互にしながら父と母で出席するのを分担して過ごす。

4/30は、地域の「9条の会」準備会に3・4番目を連れて行くが、長くは持たず、途中で母は2人を連れて歩いて帰ることに。

5/1は、メーデー、3番目は学校→児童館、4番目は母がメーデー会場に連れて行く。

5/2は、小学校休みのため、母が職場に連れて行く。(ほとんど仕事にならず。次の日、仕事をする時間をどうつくるか相談)

060535 5/3、午前中の街頭宣伝を終え、午後の憲法集会には、私が3・4番目をつれて参加。集会後、長町のムービックスで「アイスエイジ2」を観る。母は、仕事。

帰りがけに長町の蛸薬師のお祭に寄る。

060537

5/4と5/4は休みが取れたので、4日2・3・4番目とプールへ。近所に葛岡のごみ焼却場の付属施設があるのですが、今回はスポパーク松森を利用してみた。子ども用ウォータースライダーが「身長120㎝以上」となっているのだが、もう事故を起こすわけにいかないからか、厳密に係りが一人ついて身長を測っていた。うちの3番目は116cmなのだが、しっかりはじかれてしまった。
昼ごはんを外で食べて3時頃帰ったあとは、プールの疲れで私はぐったり。

060542 5/5は、「鬼首へでも行こうか」と思ったが、「途中で渋滞はイヤ」と反対され、渋滞にはまらないよう超近場で、「仙台ハイランド」と定義山で三角油揚げを食べる路線でまとまりました。どちらも青葉区内、旧宮城町内で済ませることに。

060564

060608

060625

途中、熊ヶ根でおいしい蕎麦を食べました。本当は、どこかで温泉にも入りたかったのですが、母と長女は反対。結局帰宅してから、3・4番目と近所の「湯遊び広場おぷろ」に行って来ました。

5/6は、通常の土曜日体制。3番目は朝から児童館。4番目は保育所へ。

近場で過ごすのも、結構いいものです。(でも、ドライバーである私は、お酒を飲んでゆっくりできる旅行がしたい!が本音です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/01

第77回メーデー

 今年のメーデーは、働く人たちの権利を守ることが、日本の社会不安を解決することと一体であることがよくわかる情勢の元開かれました。格差社会、弱肉強食、すさんだ事件が相次ぐ大元は、まじめに働く人々がまともに生活できなくさせられていることにあります。勝ち組の人だけがまともな生活を送れるというのは間違いです。圧倒的多数が負け組にされ、生活ができなくなる社会では、セーフティーネットもはたらかせることができません。

 賃金や、労働時間、身分保障など、せめて欧米並みのまともなルールを確立して企業に守らせなければなりません。

 憲法改悪と教育基本法改悪が切迫しています。教育現場で、平和や民主主義についてまともにおしえることがむづかしくなっている状況が話されました。障害者の福祉作業所では、障害を持ちながらも働くことの喜びを支えあってきた現場で、自立支援法が労賃以上の「利用料」を取ることを強制している問題が話されました。
 国民を分断しながら、各分野での攻撃が行われています。私たちにとっての強みは、連帯を強めることです。今日のメーデーは、大変良い機会になりました。

060531  メーデー会場で、青野県議と すげの直子さんと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »