無料ブログはココログ

« 市民には増税、市長は海外出張ざんまい? | トップページ | ひさしぶりの書き込みです »

2006/06/30

救命救急の役割は何か・・・東北救命救急学会で

060923  6月議会最終日の23日、夕方新幹線で新潟に向かいました。東北救命救急学会に参加するためです。日本共産党の市議団からは毎回参加してきましたが、私は今回がはじめてでした。私は総務財政常任委員会に変わり、消防も市民教育委員会から総務財政委員会に所管異動があったためグッドタイミングの勉強の機会でした。

060926  話題になったひとつが昨年のクリスマスに山形県奥羽本線で起きた強風による特急脱線事故です。現場で救助に当たった救急隊の活動や、けが人が搬送された病院での活動がリアルに報告され、改善のための課題が浮き彫りにされました。
 見附市の消防隊員の方が2両目に、延岡市のお医者さんが3両目に乗客として居合わせ、現場や搬送先の病院で活躍されました。この2人からの報告は、もし自分がそういう場面に遭遇したら、どんなことが実行できるだろうか・・・と考えさせられました。

060931

 もうひとつの収穫は、緊急時の心臓マッサージがなぜ大事なのか分かったことです。たとえ自動除細動機(AED)を使う時でも、そのために「心臓マッサージを20秒以上中断してはいけない」とのこと。心臓が停止すると、流れ込んだ血液で右心室が膨らみ、左心室を圧迫します。このままだと脳への血流も心臓自体の状況も急速に悪化します。
 心臓マッサージをすることで状態悪化を防ぐ、AEDを使った時の蘇生率を高めるとの話です。だから、救急車を呼んでいるなら、まず心臓マッサージを(当然人工呼吸も)しつづけることを最優先にする。他にAEDを扱って準備できる人がいれば、準備している最中もずっと心臓マッサージは続けることが大切だ。1回目のショックで蘇生したかどうか、確かめるよりなにより、すぐさま心臓マッサージを再開した方がよい。など新しいガイドラインが検討されているようです。

060939

060943  新潟にははじめて行きましたが、海と川と橋と・・・水面が占める割合が広くて開放的な感じがする街でした。
 学生時代の知人とも会い、おいしいお酒を飲み(過ぎ?)ました。

|

« 市民には増税、市長は海外出張ざんまい? | トップページ | ひさしぶりの書き込みです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47498/10729964

この記事へのトラックバック一覧です: 救命救急の役割は何か・・・東北救命救急学会で:

« 市民には増税、市長は海外出張ざんまい? | トップページ | ひさしぶりの書き込みです »