無料ブログはココログ

« 結成 吉成憲法九条の会 | トップページ | 梅原市政へ批判続出 「検証する会」 »

2006/07/13

地下鉄南北線に可動ホーム柵

 日本共産党仙台市議団では、視覚障害のある方々から出されていた、地下鉄ホームに転落防止のホーム柵またはホームドアを設置してほしいとの要望を一貫して支持し、実現を求めてきました。2004年8月記事「福岡地下鉄のホーム柵」

060953  7月5日に建設交通労組のみなさんが、ホーム柵の要望を市交通局に行うのに同席しました。視覚障害者のみならず、高齢者にとっても、また最近頻発している飛込み自殺などを防止する上でも、実現が急がれるという内容でした。
 対応した佐藤交通事業管理者も、事業者としても転落事故などで数時間運転を止めることが続き、市民の足の安定確保からも「ホーム柵」は必要と考えていると話がありました。
 共産党市議団からの要望もあり、既設の地下鉄南北線に設置が可能か昨年度乗客の流れを調査した結果、可能と判断したので、国に補助申請を行っている。設計などの予算を来年つけてもらうよう努力している、設置工事も含めて数年で完了させたい。と述べました。

 要求実現にむけて、大きな一歩だと思います。

|

« 結成 吉成憲法九条の会 | トップページ | 梅原市政へ批判続出 「検証する会」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47498/10924294

この記事へのトラックバック一覧です: 地下鉄南北線に可動ホーム柵:

« 結成 吉成憲法九条の会 | トップページ | 梅原市政へ批判続出 「検証する会」 »