• Dsc08134
  • Dsc08135
  • 201612_1
  • 201612_3
  • 201612_2
  • 744web__1
  • 744web__2
  • Img_2464
  • 201603
  • 201602s__1_2

« 2007年度予算への区民要望 | トップページ | 子どもたちを迎えに »

2006/08/16

二重、三重に「なんてやつだ」小泉首相の靖国参拝

 昨日の8月15日、毎年、街頭からの訴えや、集会で「二度と戦争を起こさないために、平和についてみんなで考え、話し合う日にしましょう」と呼びかけ続けてきました。
 朝から、小泉首相の靖国参拝のニュース。強い怒りと、「これが日本の政治のレベルか」という情けなさが入り混じった気分でした。

 どんな考えを持った人物でも、一国の首相ですから、国を代表して他国と対等に付き合っていくことが必要ですし、お互いに尊重しあう姿勢が大切です。「よその国のことに口を出すな」とか「(靖国問題は)中国・韓国の言うことを聞けということでしょう?」など、国際社会が何を問題としているのか、さえ分かろうとしない、分からない振りをすることは許されないことです。

 靖国神社は単なる宗教施設ではありません。話題となった「遊就館」に見られるように、日本の侵略戦争を「正しい戦争だった」と正当化し宣伝するセンターです。ここを、日本の政府が公的に認知する行為となるからこそ、侵略を受けた国々、第2次世界大戦の反省を土台にしている国際社会から批判・危惧の声が上げられ続けているのです。

 「戦没者の慰霊をしに行った」といいますが、靖国神社は戦争で命を落とした人すべてを祭る施設ではありません。明治時代に作られた最初から、「天皇のために命をささげた人たち」の慰霊であり、「天皇のために命をささげよ」と教育するための施設です。空襲で亡くなった人々、兵士ではない一般の国民は対象とはされていません。

0611612  昨日は、みやぎ革新懇の主催する「ふたたび戦争をくり返さない8・15集会」に参加して、岩手県にあるNPO太平洋戦史館の岩渕宣輝さんの講演を聴きました。天皇のために死んでいった兵士の遺族にとっても、靖国参拝で救われるわけでもなんでもない。もっと政府としてやっておかなければならないことがある。・・・と未帰還兵の問題と現状についてスライドも使ってお話されました。

061162  240万とも言われる戦死した兵士は、まだ100万人以上が旧戦地に遺骸が野ざらしのまま60年以上も放置されている。「遺骨」ではなく「死体」のままだ。と岩渕氏がインドネシアで永年とりくんできた、遺体の捜索、政府への報告、発掘と分析、骨を洗って焼骨、日本へ連れ帰る作業などを詳しく説明していただきました。
 まだ20歳そこそこの、立派な体格をした若者が本当に多数、ここで命を落とし未だに国に帰らない。墓に入ることもされていない、死んでも「人権」があるのではないか。遺族としては、国が計画的な「遺骨収集」を早々とやめてしまったことこそ、問題にし、徹底させなければならない。と力説されました。

 1枚1枚のスライドがすごい迫力で、「とりかえしがつかないことをしてしまった」との反省の気持ちを重く受け止めました。人の命を重んじなかった日本の誤りは、いまだに続いていることも、実感しました。いつ、終わるとも知れない「遺骨収集」作業を国としてしっかりやり続けることで、「二度と誤りはくり返しません」という反省を持ち続けることができると思います。
 天皇や小泉首相にも、1体1体大切に連れ帰る作業に参加してほしいと思いました。靖国に参拝することは、ごまかしでしかありません。

 小泉首相の「公約」とは、国民への公約ではありませんでした。自民党の総裁選挙での自民党内むけの公約です。国民の多くは、その「公約」で小泉氏を総裁に当選させることも落選させることもかなわなかったものです。それを5年も経って口実に使い、参拝を強行するなど、子どもだましもいいところです。

 日本共産党の志位委員長は談話で、「『あとは野となれ山となれ』という小泉外交の無責任さのきわみだ」と批判していますが、そのとおりです。

 仙台市の梅原克彦市長も、どうやらわざわざ「靖国参拝」をしてきたようです。新聞の報道を見る限り、「靖国史観」にどっぷりつかったコメントを発表しています。7月のアメリカ独立記念日には、小樽港に停泊中の空母キティーホーク上での記念式典にわざわざ参加していたといわれる、わが市長。平和と民主主義の課題でも、市民感覚とはかけ離れている人のようです。市政は、ご自分の考えを押し通すことなく、市民の思いを大切にして進めてほしいものです。

« 2007年度予算への区民要望 | トップページ | 子どもたちを迎えに »

平和・民主主義」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二重、三重に「なんてやつだ」小泉首相の靖国参拝:

« 2007年度予算への区民要望 | トップページ | 子どもたちを迎えに »

無料ブログはココログ