無料ブログはココログ

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006/10/28

中学校文化祭 復活

061617  南吉成中学校の文化祭「竹風祭(ちくふうさい)」がありました。
 生徒会主体の文化祭だったはずが、いつのまにか学校主体の「学習発表会」になって数年前には、PTAのバザー(特に飲食物の販売)も「文化祭ではないのだから」と学校からご意見がありました。PTAでは、このことも一つの契機となって、中学校でのPTA活動について見直してきました。
 小学校では、「子どもたちのためにPTAが出来ることをやってあげたい」というのが、多くの会員(保護者)の思いでもあります。中学校は、子どもたちがずっと主体性をもって学校生活を送っています。保護者の学校へのかかわりは、子どもたちの主体的な活動や意思と無関係ではおかしいと思います。「子どもたちの主体的な活動を応援し、子どもたちの成長を身近で感じたい」というのが、中学校の保護者の思いではないか・・・。こう考えました。

 中学校の生徒会って何をやっているのか、やろうとしているのか。毎年2回の懇談会を開くようにしました。新潟中越地震でボランティア委員会がカンパを集め、千羽鶴とともに被災地の学校に送った活動に、子どもたちも自信をもっていました。「竹風祭」の復活も、「やりたいこと」に入っていましたが、具体的なイメージはなかなか持てない様子でした。2年がかりで、彼らなりのイメージを持ち、取り組む意義を先生も含めて確認し、具体化してきたことに、頼もしさと喜びを感じます。

 PTAは、今年はトン汁をお昼に全生徒に提供することで、「竹風祭」復活を盛り上げようと取り組みました。

061624
061654_1

061651

061642  保健体育委員会は、東北大学医学部の協力も得て、妊婦体験や、赤ちゃんのお世話体験など「生命の誕生といのちの大切さ」の企画です。はじめ恥ずかしがっていた子どもたちも、お母さんたちの強力なプッシュに、負けて積極的な姿勢に変わっていきます。大学病院の先生や研究者の方に、疑問をぶつけている女子生徒もいました。

061637  061640

061628

 私も、おなかにつけてもらいました。常に赤ちゃん一人分くらいは、抱えているので、双子級のふくらみになりました。

 今年は、まず復活。さて、来年からの竹風祭は、どうなっていくのか・・・楽しみです。私は、子どもがしばらくの間中学校にはいなくなるので、地域からの参加者で行ってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/27

来年は猪年 こんなにかわいかったらいいのに

 22日の日曜日は、午前中桜ヶ丘で介護問題での懇談会、午後は吉成での地域懇談会でした。お昼に、寄った桜ヶ丘の地域文化祭でみつけた作品です。

061574

061563  最近、猿の被害、熊の被害に加えて、イノシシの被害も仙台では出るようになりました。数年前まで、イノシシは、宮城と福島の県境が北限と言われていましたが、どんどん北でも見られるようになりました。温暖化の影響で、雪が少なくなっているのが原因でしょうか。こんな、かわいいイノシシだったらいいんですが・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

福岡は公園で昼寝をしたい陽気、帰ってきた仙台はやはり寒い

 視察から仙台に戻りました。仙台は、やはり寒い。

 福岡市で、博多どんたく、と、博多祇園山笠を中心に、ビジターズ・インダストリー(集客産業)の振興について聞いてきました。

 市役所前の公園で一休みしましたが、そのまま半日でもうとうとしたいくらいのいい天気。まだ、半そでで歩いている人もたくさんいました。

061604 061608

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/26

宝くじにご利益が?宝島神社の島

宝くじにご利益が?宝島神社の島

地域経済活性化調特の視察で、佐賀唐津市に来ています
ホテルの目の前が海
宝くじで有名な宝島[ ほうとう]神社がある高島です

ホテルの売店で、こんなものも売っていました

061583

ロト6用の占い機?です。840円(買わなかったけど)面白い!

大学受験、マークシート用のものを、受験にご利益のある神社で出したら売れるかな

唐津市では、唐津くんちのお祭がどうやって維持され、行政はどんなことをしているのか勉強してきました。

061591 唐津くんちの曳山(ひきやま)のデザインは、デフォルメが効いていて現代的に感じました。江戸時代(1819年)から明治9年(1876年)までに造られたものとは、思えません。

061590

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/25

自転車での死亡事故 何か手立てはないのか

 10/19午後3時前、仙台高校3年生の男子生徒が下校途中に、自転車で電柱に激突し亡くなるという事故がありました。
061560  20日の新聞で知り、21日現場を見てきました。急な下り坂で、ゆるく右にカーブした道です。見通しが悪いのと、歩道はくだり方面に向かって右側にしかなく、道路幅は2車線ぎりぎり、左側には、ところどころ電柱が立っています。
 1年ほど前には、この坂の上でトラックからはずれたタイヤが、坂を転げ落ち、歩いていた女性に衝突して亡くなる事故があった場所でした。
 ご近所の方にお話をうかがうと「大きな事故でなくとも、ここの坂はしょっちゅう事故が起きている。特に凍結する冬場は、子どもたちが自転車同士や、歩行者とぶつかってケガをしている。」「こんなことになる前になにかできたのでは、と悔やまれてならない」と語っておられました。

061562  うちの中学校の卒業生にも高校に通うのに、同じ道や、一本南側の道を通って坂道を駆け下りて登校する子どもたちがたくさんいます。「他人事とは思えない」とあちこちで話題になります。

 でも、どうしたらいいか・・・。
①道を拡げる②歩道をつくって自転車も通るようにする でも坂が急なのは同じ
③冬場対策なら、除雪融雪のありかた、ロードヒーティングとかやりようがありますが、雪も雨もない今回の事故防止にはなりません。

 しばらく考えて見ます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/10/20

日本勤住協 再生計画が承認されたらしい(虹の杜住宅団地)

 日本勤労者住宅協会の民事再生手続きは、1回目の債権者集会で承認されず、2回目が先日(10/17)開かれた。まだ、結果だけしか聞こえてこないが、再生計画案は承認されたようです。(債権者の過半数、債権額の過半数)

 内容を検討する必要がありますが、再生計画の中では、仙台の虹の杜団地開発計画が今後の収入を得る中心事業と位置づけられています。しかし、この団地開発がそのような成功をするかどうか、大変怪しいと思います。

 まず、開発計画の大幅な変更を前提としているはずですが、その変更が仙台市や宮城県で認められるものであるのかが、問題です。環境影響評価もやり直さなければならない、土地利用のあり方も見直す必要が出てきています。

 環境を守る立場から、無謀な団地開発の継続に反対します。国民の財産である国有林を、好き勝手に処分させてはなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/17

仙台ナンバー 取得記

 仙台ナンバーとってきました。う~ん、ちょっと大変だったなぁ。(実感)

061556

 今回は、事前に希望ナンバーをインターネットで申し込んで、妻の軽と私の普通車の取替えを出来れば半日でやろうとしました・・・が結果は1日仕事になってしまいました。

 まず、インターネットでの申し込み。外出先で時間が空いたので申し込んだところ、返信用メールアドレスに送られてくるサイトへのアクセスが必要なため結局、帰宅してから申し込むことになりました。これ自体は、あまり難しくなかったけれど、銀行での手数料(4060円)の振込みが確認された後、登録予約のナンバーが決まる仕組みなので1日では申し込みは完了しません。完了後、4日目からナンバー交付を受けることができます。(受付番号を忘れずにメモ)

 今日10/17、まず妻の勤め先の駐車場で軽自動車のナンバープレートをはずし、車検証といっしょにもって行きます。通行人や近所の人に見られると、なんか車にいたずらをしていると思われるのでは・・・と内心びくびくしながら作業。ドライバー(+または大き目の-)でねじを4つはずせばOK。5分弱。

061545  まず、宮城野区苦竹4-2-20の軽自動車検査協会へ。(10:10着)
 入口両脇に部屋が分かれています。左に入ってたずねると「右からです」といわれました。

061547

 右側、7番窓口に予約受付番号を伝えると、予約済み証と領収書(4060円振り込んだ分)が渡され「2番窓口へ」と言われます。
 2番で申請書を買います(45円)。これの記入が結構面倒。1箇所間違えてしまいましたが、取り消し線を引けばいいとのこと。
 記入が終わると、7番にはずしてきた旧ナンバーを返納し、
 2番に申請書類を出します。番号札(70番)をもらいました。ここまでに15分かかりました。さらに5分待ち、70番が呼ばれます。書類を受け取って、「今度は左側の部屋、5番の1に出してください」

10:30 左側5番-1に出す。・・・待つ・・・10分。
10:40 新しい車検証を受け取って、また右側の部屋6番へ。確認をもらって、7番窓口に。しばらくして、新しいナンバープレートをやっと受け取りました。(10:45 軽自動車の受け取りにかかった時間は35分でした)

061548

 このくらいの時間なら・・・と安心しつつ、今度は普通車の方に。こちらは、ナンバープレートのねじに「封印」がある(後ろだけです)ので、車ごと持ち込む必要があります。宮城野区扇町3-3-10、運輸支局と宮城県交通会館が並んでいます。(この2つの建物を行ったり来たりすることになります。知らんかった)
 すぐ着いたのですが、どこに車を止めていいかわからない。案内のおじさんに聞こうとするが、一人で次々来る車に対応していてなかなか来てくれない。とりあえず立体駐車場の2階なら空いてますからそこに止めて、と言われ駐車。

061549 10:55 交通会館にある自動車協会の窓口へ。申し込み受付番号を伝えて予約済み証と領収書(4060円振り込んだ分)を受け取る。となりの10番窓口で申請書を買う(30円)。「運輸局の建物に行ってください」と言われちょっと離れた、運輸支局に行く。
061550 入口に「仙台ナンバーへの変更の方は、1番窓口へ」と書いてある。1番窓口の順番待ちカードを引いて、申請書に書き込みをしながら、待つ(10分)。申請書を見て間違ったところの指摘を受ける。「ナンバープレートをはずして、交通会館の10番窓口に返納し、3番窓口に申請書を出すよう言われる。

061554 11:15 こちらの車は、もう6年乗っている。ナンバープレートのねじも錆びていてドライバーだけでは取れない。モンキースパナを使って緩める。困ったのは、封印がはずせないこと。ドライバーで周りから攻めていたが一向にはずれない。すると、そばにいた、お姉さんが「真ん中の部分を突き刺して破る」とおしえてくれた。

061555 ・・・あっ本当だ。はずすのに手間取って15分。
11:30 10番窓口に返納し確認印もらう。すぐ、運輸支局に戻って、3番窓口に申請書提出。061547
 そして、待つ・・・待つ・・・待つ。イスに坐れない人がたくさんいる。いつになったら、自分の名前が呼ばれるのか、さっぱり検討がつかない。
12:15 やっと新しい車検証がでた。待つこと45分。ここまで1時間20分経過。まだ、税の申告、ナンバープレートの受け取り、取り付け、封印がある。私は緊急の会議の連絡が入り、タイムリミット。一時中断、ナンバープレートのない車には乗れず、タクシーで会議へ。

14:00 再開。交通会館の12番窓口で、税の申告書に記入。7分かかる。
 そう言えば、さっき乗ったタクシーの運転手さんは、「仙台ナンバーになると自動車税が県ではなく仙台市に入る」と思っていたらしい。そんな風に思っている人は、多いのかなあ。そのまま県税です。
14:10 10番窓口でナンバープレートを受け取る。「車に取り付けたら、ボンネットを開けて置いてください。係員が封印をしに行きます。」けれど、2Fではダメらしい。1Fに移動してから、取り付けてくださいと言われた。

車に戻って、1Fに移動し、取り付け。(5分)

ボンネットを開けて待つと、係員が来た。封印をし、車検証を受け取って・・・やっと完了。(14:20 普通車は、合計1時間40分かかった)

061557

妻の職場の駐車場で、軽自動車のナンバーを取り付けて一連の作業完了。もう午後3時。

061558 061559

次に、それぞれの車の任意保険の変更の届けを、世話になっている取次店(バイク屋さん)に行って済ませました。

正直、自分でやるのは、ちょっとお勧めしにくい。時間がかかるのと、いつ自分が呼ばれるか、待ってるのは疲れる。(それが、何度もつづくのでは・・・)
しかし、ディーラーに代行を頼むのは、それなりにお金がかかるのと、実際込み合っていて「もう少し落ち着くまで待ってください」と受け付けてもらえなかったとの話もありました。みなさんの参考になればいいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/10/16

政府交渉に行ってきました

 市民の皆さんからの要望を来年度予算に反映させるため、区や市に要望書としてとりまとめて提出、回答をもらいます。国に直接要望する内容も整理して、毎年政府交渉を行っています。
 今日は、日本共産党の地方議員団として、政府の各省庁に要望、交渉を行ってきました。(総務省、農林水産省、文部科学省、経済産業省、厚生労働省、国土交通省と日本中央競馬会(JRA)と交渉してきました。)国会議員は、高橋ちづ子衆議院議員、紙智子参議院議員、大門みきし参議院議員が参加してくれました。

061541   061544

 台風並みの低気圧による先日の暴風雨での被害は大きく、国に被害調査と対策を求める内容も加わりました。農業被害も大きいのですが、水産業の被害はまだ全体がつかめないくらいです。石巻市の場合、船の転覆が99隻あったのを初め、カキの養殖施設など20億円の被害が現在までに明らかになりました。女川などのカキは、3年から4年育てて出荷しています。今回の暴風雨で養殖カキが流失しています。その影響は、これから4年から5年間に及びます。一刻も早い、被害調査と対策を求めました。

 「虹の杜団地」開発計画について、国の責任で国有林を買い戻し、保全すべきだと要望しました。「森林によるCO2削減割り当てが1300万㎥もあり、このままでは達成できな」と一方では言いながら、もう一方で11haもの国有林を、いまや誰にも望まれていない団地開発に破壊されるのをそのままにするとは許せません。
 明日は、勤労者住宅協会の民事再生、2度目の債権者集会です。見通しのない計画に固執するべきではありません。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/12

安全のため?新型の名札

 仙台では小中学校が2学期制です。今日は2学期の始業式。

 朝の母子の会話を聞いていると
母「今日から新しい名札だよね。忘れないでね」
子「そうだった・・・」

 「新しい名札って何?」と聞くと、『学校からのお便りを読まない』とこちらに批難の砲弾が飛んできました。

061530 061531

 ふんふんこれが新しい名札か。
 名札の裏にスリットが2本入っていて、そこに安全ピンがつけられています。学校の中では、表を向けておいて。登下校時は名札を上に持ち上げて、裏返すことができます。
 校外で「○○ちゃん」と知らない人が名札を見て声かけをしないように。という防衛策らしい。こういうことが必要ないような世の中に早く戻したいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/10

北朝鮮の核爆発実験に抗議します

 昨日の北朝鮮の核爆発実験は許せません。

 核エネルギーを使った兵器は、どんな「小型」のものであっても、これまでの兵器とは次元の違うひどい兵器です。直接のダメージに加え、後発の影響、子孫までの影響がでます。環境にあたえる影響、兵器の研究・製造・訓練段階での被爆、汚染も、必ずあります。今回の核爆発実験は、地震波測定などからTNT火薬に換算して、0.8キロトン~15キロトンと予測に幅があります。日本での観測では、0.1キロトンという見方もあり、どのような実験内容だったのか、核爆発まで至ったのかも明らかではありません。しかし、地球上からの核兵器廃絶を願う人々や国が増えている中で、逆行するものであり、どんな口実を並べようと許すことはできません。

 私は、大学で原子核工学を専攻しました。核エネルギーの研究も、核兵器開発や、営利目的での利用(安全神話が先行している)がゆがめてしまっています。長い時間をかけて、放射線が人体や物質にあたえる影響を検証しなければなりません。あちこちの原発で問題になっている、各種配管の損傷も流体力学の多くの定式に、経験値である「定数」が入っていますが、その「定数」が適用されるべき範囲を超えて使われていることに、「予想外の事故」の原因があるように思います。

 10月6日の国連安保理の声明は、核実験を実施すれば「国際社会から一致した非難を引き起こす」と強調し、自国の安全保障上の問題について「政治的・外交的努力を通じて平和的・包括的な解決を促進する」よう要求しています。昨年九月の六カ国協議の共同声明で確認したように、六カ国協議に「無条件で、すみやかに復帰する」とともに、北朝鮮の核計画放棄を実行するよう求めていました。

 道理のわからない相手に対してこそ、こちらが道理をつくして対応することが、「同じレベルの争い」にならないために必要です。被爆国として、国際社会が一致してこの問題に対処できるよう、日本は力を尽くすべきです。

 今日、お昼に仙台中心部で、街頭から訴えをする予定です。
 日本共産党の志位和夫委員長の談話は、ここからどうぞ

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/10/09

街頭で学童保育の署名を訴えました

 仙台市学童保育連絡協議会では、今、署名活動に取り組んでいます。「希望する子どもたちが全員入れる学童保育に」「子どもたちの安全のために親が迎え行ける時間まで延長してください」という2つを仙台市長に要望する署名です。署名用紙はここから「gsyomei.doc」をダウンロード

 昨日までに、1500名を超える署名が集まりました。それぞれが、必要分をコピーして集めた数です。印刷屋さんにお願いして、きれいなオレンジ色の署名用紙もやっとできあがりました。

061525

 今日は、中心部(みずほ銀行前)で街頭署名行動に私も参加しました。子どもも含めて9名の参加者でした。指導員や、保護者、今通っている子どもたち、学童保育を卒級した大学生など多彩な参加者。1時間弱で155名の署名が集まりました。「意外にたくさん署名をしてくれる人がいて楽しかった」と感想が出されました。

061516  私に署名してくれた20歳前の女の子は、「10年ほど前、うちも両親共働きで、学童保育に申し込んだが入れなかった。当時はとても悲しくて寂しかった。がんばってください」と話してくれました。

061519

061522

 今年の春、希望しても入れなかった子どもたちが300名出ました。彼女と同じ寂しさを味わっている子どもたちです。早急に解決しなければいけない・・・と改めて肝に銘じました。

 子どもたちの方が、大人より多くの署名を集めました。

061521

 私も、お面をつけて署名集め

| | コメント (0) | トラックバック (0)

憲法九条守るため、今こそ正念場

 10/7(土)は、大雨のおさまった午後、中山9条の会主催の学習会に参加しました。川端純四郎先生のお話は、いつ聞いてもわかりやすく元気が出ます。

061509  憲法を変えるためには、衆議院と参議院どちらでも3分の2を彼らは占める必要がある。来年にある参議院選挙や、次の総選挙において自民・公明でそこまでとる事はがんばれば阻止できる。あと3年、高齢者もがんばって食い止めれば流れは変えられる・・・と、奮起を呼びかけられました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/10/05

グリーンカレー食べました

10/3開店の「杜の都のグリーンカレー」
さっそく4日の昼ごはんに行って来ました。

定禅寺通りと晩翠通りの交差点にできたお店です。

061494

061497 グリーンカレーと、レッドカレーがありますが、グリーンカレー大盛りとチャイを注文しました。

ココナッツの味が強めのスープカレーで、あまり「辛い!」とは感じませんが、左上のペーストを溶かして濃い目にし、さらに辛味オイルをたらすと・・・汗がぽたぽた。大根のおしんこかと思って食べたら酸味のつよいピクルスでした。なすも、鶏肉もおいしくて、一気に完食。今度はレッドも食べてみよう。

10月中に市内3箇所でオープンするそうです。

061496

061495

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シーズンが進みます 野球→サッカー→バスケット

 楽天は残念ながら、2度目の最下位。べカルタ仙台も、J1昇格はむつかしそう。これから始まる、プロバスケットのシーズンでは、仙台89ers昨年以上の成績をあげてほしいと思います。10/3スポーツ議連で激励会を昼休み開きました。

 日下光キャプテンとアンドリュー・エイカー選手が来てくれました。

061488

 舩山市議が花束贈呈・・・すごく背の高さがちがう!

061490

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/02

仙台ナンバー10/10から交付

 仙台ナンバーの交付が10/10から始まることを、市民にお知らせするために「一番町パレード」が行われました。

061486

 シール、チラシ、ぶーぶー風船を歩いている人たちに手渡しながらのパレードです。バトン隊、消防音楽隊、仙台の女性親善大使3人の後に私たち仙台ナンバー議連の隊列となりました。

 9/29の金曜日夜は、飲酒運転撲滅のパレードをやりました。他のことでも超党派でいっしょに市民に訴えかけられることがもっとできればいいのに・・・と感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/01

この週末も運動会が集中しました

 9/30の土曜日は、中学校の運動会、保育所の運動会、そして小学校の「森の子まつり」(元PTAバザー)が、それぞれ行われました。場所がそれぞれ隣あっているのでにぎやかな一日でした。

061340

061394  中学校の運動会には、保護者が中学校に出かけられる機会を増やそうと、今年から保護者参加競技を入れてもらいました。親の応援(見学)も、例年より多くなってよかったと思います。お昼をはさんでのプログラムですが、子どもは学校で自宅から各自持ってきた弁当をたべ、親は一旦家に帰ってまた出直してきていました。(午後がクラス全員リレーもあり「ぜひ見ておきたい」という親も多いのだと思います)

 子どもたちの実行委員会で内容を決め、運営も行うスタイルで、なかなかよかった。最後の教頭先生の講評は、200点満点。朝まで降った雨でグラウンドが水浸しだったのを、学校に早く来た生徒たちが次々と自主的に水取り(スポンジで吸い取って、絞る)を手伝ったことがよかった、と褒めていました。天気も尻上がりに良くなって、午後は暑いくらい。(また、今週も日焼けしました)

061480  生徒会主催の部活動別のムカデ競争には、先生チームも出て、見事1位。表彰式では、生徒から先生に表彰状を渡す場面もありました。こういう構図なかなかないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »