無料ブログはココログ

« 日本勤住協 再生計画が承認されたらしい(虹の杜住宅団地) | トップページ | 宝くじにご利益が?宝島神社の島 »

2006/10/25

自転車での死亡事故 何か手立てはないのか

 10/19午後3時前、仙台高校3年生の男子生徒が下校途中に、自転車で電柱に激突し亡くなるという事故がありました。
061560  20日の新聞で知り、21日現場を見てきました。急な下り坂で、ゆるく右にカーブした道です。見通しが悪いのと、歩道はくだり方面に向かって右側にしかなく、道路幅は2車線ぎりぎり、左側には、ところどころ電柱が立っています。
 1年ほど前には、この坂の上でトラックからはずれたタイヤが、坂を転げ落ち、歩いていた女性に衝突して亡くなる事故があった場所でした。
 ご近所の方にお話をうかがうと「大きな事故でなくとも、ここの坂はしょっちゅう事故が起きている。特に凍結する冬場は、子どもたちが自転車同士や、歩行者とぶつかってケガをしている。」「こんなことになる前になにかできたのでは、と悔やまれてならない」と語っておられました。

061562  うちの中学校の卒業生にも高校に通うのに、同じ道や、一本南側の道を通って坂道を駆け下りて登校する子どもたちがたくさんいます。「他人事とは思えない」とあちこちで話題になります。

 でも、どうしたらいいか・・・。
①道を拡げる②歩道をつくって自転車も通るようにする でも坂が急なのは同じ
③冬場対策なら、除雪融雪のありかた、ロードヒーティングとかやりようがありますが、雪も雨もない今回の事故防止にはなりません。

 しばらく考えて見ます。

|

« 日本勤住協 再生計画が承認されたらしい(虹の杜住宅団地) | トップページ | 宝くじにご利益が?宝島神社の島 »

コメント

こんばんわ・・あの事故のことがまだ頭のなかにまだあります。あの事故はなんでおきたのか不思議でたまりません。お葬式にはいきましたが・・中学のみんなと一緒にお葬式にいきました。とてもつらかったです。中学で知り合った、友達を亡くす辛さ・・今後このようなことが起こらないようにしていって欲しい。とても残念な気持ちです。

投稿: 通りすがり | 2006/11/18 20:06

通りすがりさん コメントありがとうございます

 お友達を事故でなくす悲しさ、というか喪失感は、私にも覚えがあります。小学校の2年生の時、いちばん仲のよかった友達が、妹に「きれいな雪で人形をつくってやる」と言って屋根にのぼり、転落して亡くなりました。35年以上前のことですが、未だに思い出すと胸が苦しくなります。子どもなりにずっと考えて、何があっていつ死ぬかはわからない。だからこそ彼の分まで一生懸命生きよう、と思いました。
 高校のときは、バイクの事故で中学校時代の友達が亡くなりました。

 今回の事故の後、よくよく見ると、自転車にとって危ない場所が、たくさんあることに気づきます。特に、仙台は坂が多く、凍結、積雪時の下りでは心配なところだらけです。
 スピードを出さないような工夫、転倒しても車とぶつかったりしないよう通路を分離する、安全面を考慮して高校でも通学路を指定する、などくらいしかまだ考え付きません。人が亡くなってから考えるのでは、遅すぎるのですが、それでもみんなで考えることをしなければならないと思います。通りすがりさんも、私たちより、柔軟な頭で、考え付いたことをぜひ教えてください。

 

投稿: hanaki | 2006/11/18 21:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47498/12418836

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車での死亡事故 何か手立てはないのか:

« 日本勤住協 再生計画が承認されたらしい(虹の杜住宅団地) | トップページ | 宝くじにご利益が?宝島神社の島 »