無料ブログはココログ

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006/12/31

大晦日にやっと年賀状

大晦日にやっと年賀状

 今年もいよいよおしまいです。

 この年末特にいろいろなことがありました。中でも、仙台市青葉区の宮城地区(旧宮城町)で28歳から34年間町議・仙台市議・県議としてがんばり続けた青野登喜子さんが亡くなったことは重いできごとでした。年の瀬を迎えてなお、まだ十分気持ちの整理が出来ていないようにも感じます。

 秋に住所管理ソフトが入ったPCがダウンして、バックアップは2003年までの住所録しかとっていませんでした。昨年届いた年賀状とすり合わせて今年のリストを作らなければなりません。なかなか手付かずで押し迫って、年賀状の準備をしていましたが、いざ打ち出そうとすると、我が家のプリンターが不調。仕方なく初売り前に新しいプリンターを買って来ました。
 やっと、紅白が始まる頃250枚の年賀状を完成させ、仙台中央郵便局まで出しに行きました。市会議員の選挙区内は出せませんが、学生時代からの全国にいる友人たちへの1年に一度のごあいさつです。三が日に着けばいいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/19

図書館は民間委託すべきでない

昨日夕方は学校図書館、今日は富山市立図書館を視察
学校図書館に司書を配置したことで、図書室の空気も、本の計画的な購入、子どもたちの利用の仕方も大きく変わったと言います
学校図書館と公共図書館との連携については、今日のレクチャーで、これまで考えていたことが単純だったと分かりました
公共図書館の民間委託では果たすべき役割が果たせない
学校図書館を重要なパートナーとして切磋琢磨していくためにも、司書配置とその人たちの研修が大事だと思いました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/18

次はポートラム・LRT です

次はポートラム・LRT<br />
 です

午後は富山市に戻って今年4月から走り出したLRTを見ます。

利用者が減って1日約2000人ほどとなっていた元JRの線路。北陸新幹線が来る関係で富山駅の高架化が行われるときこの路線も高架化するのには経費がかかりすぎての検討の中で、富山駅ちかくを路面軌道にして、あとはこれまでの専用軌道を利用する案が採用されたという経緯。しかし、軌道と車両は公費で準備し、民間の会社としては運行経費だけをまかなうという方法で、運賃200円均一(今年は平日昼間は100円に割引中、休日も100円)という比較的安い運賃で利用者が増えているとのこと。

仙台の地下鉄運賃が大変高いのとくらべると、違いは大きいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入善町での学校給食にびっくり

入善町での学校給食にびっくり 061993

 富山一番目の視察は入善町黒東小(こくとうしょう)での給食です。
 ランチルームで203人全校生徒がみんなで食べます。上級生が下級生の面倒を見ながら配膳は10分ほど、食べるのに20分ほど。

062003  061999

 私もおいしくいただきました。
 びっくりしたのは、残菜が全くでなかったことです。
一人一人に食べられる分だけ!上級生が量を調整してくれます。このランチルームからは、厨房で働く調理師さんたちの姿が見え、野菜を作ってくれた農家からのメッセージもあります。「残さずに食べなさい」とは指導していないとのことですが、203人のうち数名が「ゆっくり食べる席」に移動していました。掃除当番が手際よく片付ける間に、みんなにこにこしながら、全部食べきっていました。

062009  062007

 教育の一環として給食がしっかり位置付いていることを感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/17

仙台市議会12月議会閉会 久しぶりの更新です 

 11/28・29と臨時議会、11/30~12/15までの12月議会が終わりました。

 私は、臨時議会と12月議会にまたがって、市職員の給与問題についての議論、低所得者への市民税免除を行うための条例提案をおもに担当しました。
Dsc_0003  会期中には、仙台市学童保育連絡協議会の署名の提出(5780名!)、議会請願への働きかけなどもありました。

 なかなか更新できずに日が過ぎてしまいました。

 今日から心を入れ替えて、・・・と言うべきところですが、今から富山に出張に行ってきます。学校給食、学校図書館、そして今年から走っているライトレール(路面軌道)の冬の様子を視察してきます。

Dsc_0213  教育基本法の改悪が強行され、この怒りをばねにがんばろうと思います。さっそく街頭から訴えていますが、「この政治なんとかしてくれ」と声をかけてくださる方や、高校生など若い人たちの反応もあります。視察から帰って、落ち着いて書き込んで行きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »