• Dsc08134
  • Dsc08135
  • 201612_1
  • 201612_3
  • 201612_2
  • 744web__1
  • 744web__2
  • Img_2464
  • 201603
  • 201602s__1_2

« 仙台市議団発行のパンフ好評です | トップページ | 当たり前の市民の願いを否決する議会ってなに? »

2007/03/28

働きながら学ぶ子どもたちへの支援を削る理由は?

 3月議会の総括質疑(3/13議会:中継録画はこちらから)で、定時制高校の夜食費の補助と、教科書代補助が削られることに反対して質疑をしました。

 宮城県が補助を削るので、「仙台市もそれにあわせる」というもので、当の子どもたちに説明することもできない理由です。市としての主体性がない。高校生が納得できるような理由を示さなければ、教育上も問題だと思います。

 昨年私は、県が夜食費補助を削り仙台市も同時に削減しようとしたのに対し、提案された予算との食い違いを指摘し、1年間実施を遅らせました。(2006.3/15記事)

 夜食費の補助を減らして市の予算は、190万円の減額。教科書代では、47万円の減額です。たった、これだけのお金を、弱い立場でがんばっている子どもたちに支援することが出来ないのでしょうか。

 何十億、100億単位でムダな税金投入が続いている中で、悔しくて仕方がありません。

« 仙台市議団発行のパンフ好評です | トップページ | 当たり前の市民の願いを否決する議会ってなに? »

子育て・教育」カテゴリの記事

議会あれこれ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 働きながら学ぶ子どもたちへの支援を削る理由は?:

« 仙台市議団発行のパンフ好評です | トップページ | 当たり前の市民の願いを否決する議会ってなに? »

無料ブログはココログ