無料ブログはココログ

« 長女:大学、長男:高校 無事合格 | トップページ | 貝ヶ森団地周辺の緑を壊して一人儲けするJR東 »

2007/03/22

菅原学園保育学科 資格取得不可問題 その後

2/17記事続報

 3月議会最終日の夕方、今回の問題でがんばった学生さんたちと「ごくろうさん会」を開きました。

 2/17の説明会で、学生・保護者が一致して臨んだことから、菅原学園側がこれまで学園に払った学費を、「資格取得をあきらめた人には返す」など一定の対応策を示してきました。中途半端で、納得できるものではなく、3/3に再度全体説明会を持つことになりました。

 3/3当日、直前の学生・保護者の打ち合わせに、私も出席。みなさんからの意見がたくさん出され、短時間でしたが統一要求3点をまとめることができました。
①過去3年間に支払った学費を37名全員に同じく返還すること
②今後資格取得を目指す学生にかかる学費は、一切を菅原学園の負担とすること
③上記学生の生活費を保障するよう、根拠を持って提示すること

 保護者・学生のみなさんと、学園との話し合いは、4時間以上におよび山も谷もあったようです。でも、短時間の打ち合わせだったにもかかわらず、必要なタイミングで、必要な発言や質問が出され、最後までまとまった交渉となったようです。保護者の皆さんも、東北各県から来られており「もう今日で決着したい」との気持ちも出されていましたし、なにより、「3/8の卒業式までに解決したい」との学生の気持ちは、痛いほど伝わってきました。

 最終的には、3/6付けの文書で、学園側の対応策が示されました。
1、返還金:37名全員に今後の進路に関わらず返還する。
     3,090,100円
(入学金、授業料、施設設備費、実習費、聖徳大学学費・諸経費)
2、学費の免除・負担:資格取得に向けて学習を継続する方に、学園側が負担
 認可申請中の東北保健福祉専門学校への入学 2年間
 聖徳大学通信制の継続 3年間
 東京福祉大学通信制への編入 3年間
3、生活費の保障:上記の資格取得をめざす人に、その年限中支給する
 自宅通学生 月70000円
 自宅外生  月100000円
4、交通費:上記の人に、月2万円を上限に定期代を支給

という内容で、ほぼ統一要求のとおりとなりました。

 失われた3年間は戻ってきませんが、彼らが今回の取り組みで得たものは、お金の問題ではなく大変大きいものになるだろうと思います。

 私自身も、急速に学生同士、保護者との間でも、意思疎通と団結した対応が出来るように成長した彼らの姿をみて、大いに励まされました。
 ばらばらにされ、我慢させられている青年が大変多いと思います。きっかけさえあれば、自分たちのおかれた状況を、変えていく力を、みんな持っているのだと感じました。

 3年生が一段落ついたところで、1年生、2年生はどうなるのか、引き続き取り組みが必要だと思います。

|

« 長女:大学、長男:高校 無事合格 | トップページ | 貝ヶ森団地周辺の緑を壊して一人儲けするJR東 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47498/14347823

この記事へのトラックバック一覧です: 菅原学園保育学科 資格取得不可問題 その後:

« 長女:大学、長男:高校 無事合格 | トップページ | 貝ヶ森団地周辺の緑を壊して一人儲けするJR東 »