無料ブログはココログ

« 働きながら学ぶ子どもたちへの支援を削る理由は? | トップページ | 新しい日本共産党仙台市議団メンバーです »

2007/03/28

当たり前の市民の願いを否決する議会ってなに?

 昨年から仙台市学童保育連絡協議会で、学童保育の充実を求める署名を集め、市にも提出しました(第一次分5780名)。10/9記事12/17記事

062066  署名の中身は、①学童保育に希望する子どもたちがみんな通えるようにしてほしい、②親がお迎えにいけるように時間延長をしてほしい、の2点です。

 仙台市でも学童保育への希望者が増え、大規模化の弊害と、あちこちで足きりが行われています。昨年度は約300人が入れませんでした。有効な手立てが市では打たれていない中での願いです。

 時間も、この間夕方6時までに延長されてきましたが、昨今の社会情勢から親が迎えに行け時間(たとえば7時)までの延長が切実な願いです。長期休み中の朝9時からという現状も、8時くらいからにならないかという思いもあります。

 12月の議会に請願を出そうと、各会派をまわりましたが、主な会派の協力が得られず、やむなく3月議会まで取り組みを延長しました。2項目目を請願からははずして、1項目だけの案文をつくって年明けから積極的に市連協の人たちはお願いに回りましたが、結局日本共産党と、社民党だけの紹介議員となり、委員会・本会議でも賛成少数で否決されました。(私が行った3/1予算特別委での質疑はこちらのページから録画を見ることが出来ます)

 なぜ、こんなことで一致できないのか、市民の要望に市議会は答えようとしないのか・・・。他の都市と比べると、仙台の市議会は、市民からの議会請願が出される数も圧倒的に少ない状況です。今回の予算議会にも、学童保育の請願が1本だけです。これは、市民から議会が期待されていない現われだと思います。この点でも、議会改革が必要です。議会が、市民の声に耳を傾け、積極的に調査し、市当局に意見を言うという役割を果たすよう改革すべきです。

 北九州市議会では、請願の提出者が議会常任委員会で直接、趣旨を訴えるようにしていました。横浜市議会では、請願の調査のため現地を常任委員会が視察することが多いようです。「市民の役にたつ議会」に変えたいですね。

※4/8までブログの更新をストップします。コメントとトラックバックの管理はしますので、書き込みをお願いします。

|

« 働きながら学ぶ子どもたちへの支援を削る理由は? | トップページ | 新しい日本共産党仙台市議団メンバーです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47498/14434276

この記事へのトラックバック一覧です: 当たり前の市民の願いを否決する議会ってなに?:

« 働きながら学ぶ子どもたちへの支援を削る理由は? | トップページ | 新しい日本共産党仙台市議団メンバーです »