無料ブログはココログ

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007/06/21

いやぁ、冷たい市政だなぁ・・・代表質疑で

 代表質疑を終えました。

 本当に温かさの感じられない答弁でした。

 市民の暮らしが、今回の増税でどれだけ打撃をうけているのか、さっぱり理解しない。やる気になれば、救済策をいろいろ打つことができるのに・・・。

 自衛隊の市民活動監視問題での市長の答弁は、耳を疑う中身です。3日ほどすると、インターネットの市議会ホームページ、議会中継から見ることができます。書くよりも、映像で見てもらった方が良く伝わると思います。

質問の原稿は(続きを読む)に、あります。NEW市長の答弁も載せました

続きを読む "いやぁ、冷たい市政だなぁ・・・代表質疑で"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/20

明日6/21に私は代表質疑をします

 6/14に開会した議会は、今日6/20、21に代表質疑、その後22,25,26と一般質問、27、28に常任委員会、そして29が最終日となります。

 6/21の私の代表質疑は、1時から開会の2人目なので2時頃からでしょうか。仙台市議会のHPの、議会中継で同時中継や、3日後からの録画中継も行っています。興味のある方、ぜひ、見てください。

 今年も、あまりにも住民税が高くなったので、市役所・区役所に5090件もの苦情や問い合わせの電話が殺到しています。昨年の5400件に匹敵する数です。増税がいかに大変な規模か、低所得の市民に負担軽減策をとるよう提案をします。広瀬図書館を手始めに、図書館への指定管理者導入をはかる議案に反対します。自衛隊による市民活動監視に、仙台の市長が「全く問題ない」と発言をしたことを追求したいと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/19

6/12仙台は防災訓練の日

 もう1週間前のことですが・・・。

仙台では毎年6月12日に防災訓練が行われます

070818  1978年のこの日、宮城県沖地震が起こって大きな被害が出ました。夕刻で、ブロック塀があちこちで倒れて、道を歩いていた子どもが亡くなりました。山の傾斜地に造成された団地での被害が大きかったこと、水道やガスなどのライフラインの復旧に時間がかかり相当市民生活に影響が出ました。私は、この次の年に、大学入学のために仙台に来たので直接は経験していません。
 この地震を契機に、建築基準法が改正され、建物の耐震性が強化されました。ブロック塀の中に、鉄筋を入れることや、つっかえを入れる間隔の基準がつくられました。また、都市型地震の被害として、ライフラインの問題がクローズアップされるようになりました。

 今年は、あれから29年目。宮城県沖地震のサイクルは30年だとも言われ、10年以内に地震が起きる確率もどんどん高くなっています。

 今年も、市内6ヶ所で防災訓練が行われました。青葉区宮城総合支所管内の会場は、地元の南吉成小学校でした。全市の重点会場は太白区でしたし、青葉区の会場も川平と近くて、南吉成小の会場は、ちょっとのんびり感のある訓練でした。

小屋に火がついてあっという間に燃え上がりました。学校の外からやってきた消防車が放水を始めた時。すでに、小屋は骨だけになっていました。

070840  070844

 各町内会で近くの一時避難場所に集まり、そこで消火器訓練などをしながら、地震の際避難所となる南吉成小に歩いて来ます。遠い中山台からは、40分ほどかけて歩いてきたそうです。途中、担架に人を乗せて運ぶ練習もしたそうです。朝の8時半から、11時半まで、めずらしく熱い日差しのかなかみなさんがんばってました。

 070835

宮城消防署にも、屈折式のはしご車があったんですね。
これなら、屋上や、ベランダに避難した人を助けるのに、斜め下からではなく、上から近づくことができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/10

アクセス 8万件

 2月のはじめに、7万件でしたから、選挙をはさんで4ヶ月で1万件のアクセスがあったことになります。できるだけ、更新をこころがけて、何度も訪れてもらえるページしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮城地区のつどい楽しかった

 6/9宮城地区のつどいが開かれました。60名を超える方々の参加で、みなさんの思いのたけをうかがうことができました。

070802  070805

 辛口のご意見や、お叱りも、みんなでにこにこしながら言い合える・・・そんな楽しいつどいでした。地域での要望も、たくさん出されて、一つずつ住民の皆さんといっしょに取り組んで行きたいと思います。

070801

 遠藤いくこ県議も、宮城地区に住居を移し、地元で身近な県議・市議として役割を果たせるよう頑張りたいと決意を新たにしました。つどいには、党国会議員団宮城県事務所長の かとう幹夫さんもごいっしょしました。

070803  070808

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/08

もうすぐ誕生日 47歳です

 もうすぐ誕生日がやってきます。

0707812  先月末、市議団事務局の新しいメンバーとなった男性の歓迎会が企画されました。でも・・・当日、当人が熱を出して欠席。主役がいなくなったためか、急遽5月6月の人の誕生会に位置づけを変え、実行。おかげで、私も花束をもらってお祝いをしてもらうことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/07

多重債務解決への行政のとりくみ 盛岡市に学ぶ

 6/5盛岡市に視察に出かけました。日本共産党仙台市議団と宮城県議団みんなで盛岡市の消費生活センターを訪ねてお話を聞きました。

070796

 「多重債務から市民を救うまち 盛岡」

 チラシには「来て、話して、楽になろう」「必ず解決します」との文字。
 「23年前から消費生活センターとして借金問題に取り組んできた。最後まで面倒見ます・・・がうちのコンセプトです。」と所長の藤沢さんと職員の吉田さんから、確信に満ちた説明がなされます。
070799  人口約30万、生活圏50万の盛岡市で、センターへの相談件数は年4000件強、うち22%約1000件が多重債務問題の相談だといいます。(仙台は約8%)それだけ、市民から、信頼されている証拠です。「多重債務問題の解決は、悪質商法への対応より難しくない。勇気をふるって相談に来た市民の話をよく聞いて、弁護士会との連携をとれば解決できます。」「相談者はまじめな人が多いです。サラ金側は貸せば貸すほどもうかるビジネスモデル。1社で借りると、返済のためにまた別の会社で借りるように、店舗も密集しています。個人責任でなく、社会的・政治的責任として解決する方向が必要です。」と、きっぱり。
 「今、福祉系、相談系、住宅系、徴収系など市役所内の連携をあらためて強めようと取り組んでいます。多重債務とわかった部局からセンターでの相談につないでもらうよう、認識を共有しています」「秋田の県営住宅で、入居費滞納者の7割が多重債務者だった解決に取り組んで、家賃収納率も大幅に改善したといいます。積極的に見習っています」など、実際にがんばって取り組み、成果を挙げている状況を直接学べたのは、本当によかったです。

070794  センターでは、悪質商法防止のキャンペーンにも力を入れていて、悪質商法に負けない「かつ子さん」というおばあちゃんキャラも活躍していました。

 私は、用事があり仙台にすぐ帰りましたが、この後市議団は、「岩手信用生協」のとりくみを聞き、秋田県にもお訪ねして学んできました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »