無料ブログはココログ

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007/07/26

僕のあの飛行機はどこに行ってしまったんでしょう

070979  昨日、今日と仙台は「梅雨明け」を思わせるような好天でした。26日からはまた、梅雨に戻るらしいのですが・・・。
 アジサイの花が、クモの巣に星をちりばめたように光っていました。

 24日、朝一番は作並温泉から、昼の折立まで、宣伝カーに乗りました。残すところあとわずか、体力勝負にもなってきました。

 夕方、まだ明るいうちに児童館と、保育所のお迎えに行きました。「晴れたらね」と約束していた、模型飛行機を飛ばしに中学校の校庭に出かけました。

070980   070982

 8年前に2つ買って1つ残っていた、昔ながらの竹ひごと、紙をはってつくる、ゴム動力の模型飛行機のキットを引っ張り出して3番目の息子とつくったものです。1つは、初めての市議選挙で、父親と母親が手伝いに来てくれた時、2番目の息子と父が作ったのを思い出しました。

 重心のチェックや、仰角の調整のためのテストはやっていましたが、雨続きで、思いっきり飛ばすことはできないでいました。
 上手く飛ばなければ、墜落してプロペラが折れたり、主翼が壊れてしまいます。歩きながら「すぐ壊れるかも・・・」と息子にはあらかじめ説明。予防線を張りました。
 少し強めの南からの風。風上に向かって、2度飛ばしました。仰角がまだ強すぎるのか、急上昇、あまりきれいな飛びはしませんでした。そこで、3回目、風下に向かって、きつめのゴムの巻きをかけて、校庭の南端から飛ばしてみました。

 ぐんぐんといいかたちで、上昇。ゴムの動力が切れても、きれいに滑空をしました。プールに落ちるかと思ったのですが、右旋回し、3階建ての校舎にあたった風でできた上昇気流に乗ってさらに高度を上げ、校舎の屋上に上がってしまいました。(しまった!)

 5歳の息子は、「お父さん、飛行機とれるの?」と聞きますが、「屋上には上がれないんだ」、「でも、よく飛んだよね!」と話して聞かせました。
 いっしょに作った飛行機が、とてもよく飛んだことに、満足しているようでした。(ほっと、安心です)
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/07/16

中越沖地震 被災された皆さんの救済を最後まで

 新潟県柏崎市など広範囲に被害を出した、中越沖地震。2004年の地震から、まだ3年しか経たないのに、また大きな痛手です。

 前回、ボランティアで長岡市、小千谷市に入りました。地震直後から、3日、1週間、1ヶ月・・・と時間の経過とともに、必要とする救援策もどんどん変わっていきます。また、最初は一律的な救済策でなんとかなっても、後になればなるほど、被災者の実態にあったきめ細かな救済策こそ求められることを、学びました。

 3年という年月は、前回の地震で被災された方の、生活が元通りになるにはまだ、短い時間だと言えます。そこに、重なった今回の地震。

 まずは、ボランティアを含めた緊急の救援・救済策が焦点になるでしょうが、住居をはじめ、人々の生活基盤の再建に、国や地方の行政が、真剣に、きめ細かに手立てを打つことが求められると思います。

 仙台での宮城県沖地震の再来の確率がどんどん高くなっています。まだまだ備えはできていないと感じます。その時になってあわてないように、今から、「市民の生活を大切にし、支える」市政・県政にしなければなりません。

 そうやっている今にも(23:20)、まだ仙台でも余震を感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/07

吉成保育所の夏まつり 公立保育所の廃止は許さない

070940  今日の午前は、4番目の子どもが通う吉成保育所の夏まつり。父・母・小2の姉、さらに大学1年の姉が学生ボランティアで参加です。天気は、良すぎるほどで日差しが暑いくらいでした。

070913  仙台市は、今、公立保育所を半分以上廃止する計画を発表し、パブリックコメントを受け付けています。築25年以上の保育所は、市では建て替えをしない。民間が「やりたい」と手を挙げればそこにまかせる。という方針です。今でも、待機児童が増え続け、その解消のためには、「もうけにならない」地域にも、ニーズに応える公立保育所を増やさなければならないのに・・・全くの逆行です。

070920  吉成保育所も築25年以上のリストに載せられました。古くなった建物の建て替えはもちろん、修繕の要望さえ受け付けなくなることは、本当に許せません。みんなで、パブコメを含めて、どんどん声を上げていかなければ、と思います。

070896

| | コメント (1) | トラックバック (0)

梅雨の合間を縫って 女性後援会のみなさんと街頭から宣伝

 今日は、久しぶりに、土曜午後の3ヶ所宣伝をすることができました。

070888  遠藤いく子県議と、私、それに今回は女性後援会の強力メンバーで愛子(あやし)生協前でまず宣伝。住民税の増税に、怒りが収まらないところに、今度は安倍首相の「消費税を上げないとは一言も言っていない」発言です。民主党も「消費税は、いずれ上げなければならない」と鳩山幹事長は言っており、自民でも民主でも増税志向に変わりがありません。ましてや、公明党は「年金の財源にするため定率減税の廃止」を提案した増税戦犯です。庶民の暮らしを守るためには、大企業からの圧力に屈しない、確かな野党=日本共産党が伸びる必要があります。

 明日(7/8)には、落合市民センターでの演説会があります。たくさんの人たちに来ていただきたい・・・と、ご案内をしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑いところに連続出張

070873  6月議会最終日の翌日から、広島に行ってきました。学童保育について政令指定都市の情報交換で毎年この時期に行われています。
 今年は、すげの直子議員にもいっしょに行ってもらい、他都市の話を聞いて勉強してもらいました。
 「放課後子どもプラン」の具体化が、どういう影響を学童保育に与えているかを、特に聞いてきました。学童保育の充実のための運動は、広島では毎年のように17万、18万という署名を集めて、公設・公営・無料の学童保育を作ってきていました。他の都市でも、仙台とは桁違いの広がりで運動が進められています。その基盤は、やはり学童保育の保護者会活動です。保育所の保護者会、学童保育の保護者会を仙台でも、思い切って作っていく取り組みが大事だと感じました。

070877  7月2日は仙台にいましたが、3日、4日と議会運営委員会の視察で福岡と北九州に出かけました。
 私は、仙台市議会での議会請願があまりにも少ない(=市民から頼りにされていない)状況を変える必要があると感じています。そのためにも、請願をしようとする市民の生の声を、議会は聞くべきだと思います。実は仙台市議会では、請願の趣旨を説明するのは紹介者となった議員で、請願者は直接話すことができません。また、紹介議員になると、説明や、他の議員からの質問に答弁しなければならないため、なかなか紹介議員になってもらえないのも実情です。
 今回の視察では、福岡市も、北九州市も、請願者の口頭陳情を常任委員会の審査の前に聞くスタイルが確立されていました。年間に出される、請願の数も、80から90本と多く、常任委員会の閉会中審査の大部分を占める大切な仕事として審査が行われていました。他の議員の人たちとも、話し合いながら、この面での議会改革を進めていきたいと思います。

070880  今回のおみやげは、福岡のお菓子屋さんで季節限定で出されている、「ぶどう大福」。巨峰が丸ごと入った大福です。巨峰の皮がプチッと破れる歯ざわりと、じゅわっと広がる甘酸っぱさにあんこの甘さが意外にマッチしておいしかったです。我が家でも大人気でした。

070879

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »