無料ブログはココログ

« 秋かなぁ なんとなく”文化”な土日 | トップページ | 安倍首相辞任 国民の思いが実現する政治へ »

2007/09/11

ごみ有料化・・同じ答弁くり返す市長

 今議会の焦点のひとつ「ごみ有料化」について、すべての会派から、反対や慎重な取り扱いを求める質問がなされています。しかし、梅原市長の答弁は、同じものの繰り返しているばかりで、議論になっていません。

 ①仙台ではごみ減量が進んできたが、事業系ごみでの減量が主だ
 ②家庭ごみは、頭打ち。リサイクル可能な紙ごみが混入している
 ③有料化で分別の経済的動機付けが必要と判断した
 ④市民に追加的な負担をかけるのは心苦しいが(全然そうは見えない)ご理解を願う

 ③の「経済的動機付けが必要」という根拠は何もなしです。有料化と抱き合わせで来年7月から、紙ごみの月2回の定期収集を行うとしていますが、有料化しなくとも紙ごみの定期収集を行い、市民に分別の協力をお願いすれば、劇的に家庭ごみの減量が進むことは明らかです。

 ゴミ有料化をやめるよう求める請願が2本出されました。有料化の条例改正案、有料化のための補正予算案と同時に、14日の経済環境委員会で議論されます。

 日本共産党仙台市議団では、ゴミ有料化問題でのニュースを発行しました。画像ですが、見てください。(右クリックで「開く」または「新しいウィンドウで開く」を。)

071594


071595


071596


071597

|

« 秋かなぁ なんとなく”文化”な土日 | トップページ | 安倍首相辞任 国民の思いが実現する政治へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47498/16418979

この記事へのトラックバック一覧です: ごみ有料化・・同じ答弁くり返す市長:

« 秋かなぁ なんとなく”文化”な土日 | トップページ | 安倍首相辞任 国民の思いが実現する政治へ »