無料ブログはココログ

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007/10/21

無駄遣いを追求してきたアエルビル売却

Aer  税金の無駄遣いの象徴として、私も一貫して追及し続けてきたアエルビル。(写真は情報産業プラザのHPより)
 仙台駅前に31階建てのオフィスビルを、市が再開発手法で建てて、売れない保留床を賃貸で貸していました。銀行に返すお金が足りずに、赤字補填のために一般会計や、市債管理基金から毎年10億円前後も「貸し付け」ていました。「そんなところに貸す余裕があるなら、市民の暮らしを支える仕事に使え」と訴えてきました。今年度は、一挙にその貸付も40億円を超える始末です。

 そのアエルビルの、保留床をアメリカ資本の投資ファンドに、売却することになりました。

 市民の方から
「仙台市にとっては今回の売却により,2006年度末で約276億円に上る借入金が全額返済できる上,10億円を越す収益の確保にもつながるとのことですね。・・・この収益はどのような分野に使われる予定なのでしょうか。仮に赤字が確実視される地下鉄東西線に投入されるようなことがあれば,正に市民を愚弄する結果になってしまいます。」というメールもいただきました。

 アエルの借入金は、276億1100万円です。
 銀行から97.41億、市の一般会計から58.44億、市債管理基金から120.26億ですから返ってくる286.78億円のうち、銀行分と市債管理基金分は、そこに返すとして、残りの約60億円は、当面市が自由に使えるお金になります。
 ご心配のように、また無駄遣いをさせるわけには行きません。

 そもそも、アエルに市が投入した税金は、今の借入金分だけではありません。
 総事業費746.41億円に対して、道路特別会計補助、地方特定道路、再開発事業補助、緊急促進補助、公共管理者負担金などの補助金と、施工者負担金をあわせると、282億円の市民の税金が使われました。
 それに加えて、赤字補填の貸付が187億円(一般会計、市債管理基金)がありました。5.6Fの情報産業プラザの取得費90億円をあわせると、総額は560億円になります。

 本来、市が行うべきでないオフィスビルを建てて売る・貸すという不動産業を行うために、560億円もつぎ込んで、その間、福祉や教育など市民の暮らしに必要な施策を我慢させてきたわけですから、こういったところに振り向けさせる必要があります。

 東京と違って仙台では、プチバブルは駅前のピンポイントでしか起こっていません。国が中心市街地再開発に税金投入を集中させても、東北では仙台だけ、それもピンポイントです。アエルを買ったのも、アメリカ資本の投資ファンドです。仙台の地域発展のための投資をしたわけでなく、他の儲け先があればさっさと資金を引き上げる恐れがあります。社会的責任など、全く問題にされないでしょう。
 「青葉通りのビルは軒並み、中央資本になった」とこれまでも言われてきましたが、今度は、国際資本です。結局、市民の財産が、大資本、多国籍資本に乗っ取られて行く過程となっているのではないでしょうか。しっかりと
監視していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/14

中国と日本の比較文学論を研究している陳さん

 昨日は、学生時代の先輩がご家族と、山西大学から立教大に研究で来られた中国の方と仙台に旅行で来られたので、夕食をごいっしょしました。

071881  山西大学文学院で比較文学世界文学研究所の所長をされている陳 春香さんです。(写真手前)以前にも日本に研究で来られていたそうですが、今回半年間の日本での研究を終えて中国に帰るそうです。その前に、「魯迅の学んだ仙台に行きたい」ということで、家族ぐるみのお付き合いをしている私の先輩といっしょに、今回の旅行となったそうです。

 中国では、魯迅はもちろん、「藤野先生」も有名で、子どもたちの教科書にも必ず載っているそうです。仙台での魯迅関係の見所の紹介をもっとしてもよいと思いました。

 陳さんは、ご主人も山西大学の先生で、息子さんも山西大学の学生。大学のキャンパス内にある職員住宅で暮らしていた息子さんは、同じキャンパス内にある学生寮(「楼」と呼ぶそうです)に入っている・・・学生は寮に入るのが原則ということです。
 陳さんのお宅では、ご主人も家事を分担してやっているそうですが、一昔前は男性は家事などしなかったそうです。今は、女性もどんどん働いていて、家庭内での仕事のあり方も変わったらしい。

 先日、新聞で「中国で大学の学費が払えず退学する人が増えている」との記事を読んで、「あれ?中国は学費無料ではなかったのか」と思い違いをしていたことを知りました。そこで、尋ねてみると、10年位前までは無料だったが、それからみんなお金を取るようになった。専門によって高い安いがある(一番高いのは音楽専攻らしい)。平均すると年間3000元。平均的な月給が1000元というから、日本の公立大、私大の中間くらいの高さ(60万から80万くらい?)。これでは、払えない人が出てもおかしくない。
 去年から師範学校は、また無料にもどったそうです。

 教育にお金がかかり、経済的な格差が影響するのは、やはりおかしいですよね。「学費が無料になるとどうですか?」と聞くと、「国からの研究費が減らされているので大学は大変になります」と言っていました。どこでも、同じようなことが行われていますね。教育にかかる費用は、国がきちんと持つべきです。

071877  食事の後は、歌声のお店「バラライカ」に行きました。カラオケは好きでないけど、こういうお店は初めて、大変楽しかったと好評でした。「草原情歌」をみんなで歌いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八幡平に行って来ました

 先週10/8・9と事務所の人たちと1泊旅行に出かけました。

071821  目的は、とにかく”ゆっくりすること”。紅葉は「探してみよう」くらいの気持ちで、岩手松川温泉と八幡平です。1日目は時々雨も降るあいにくのお天気でしたが、「道の駅にしね」でほうれん草カレーを食べ、松川の地熱発電所を見て、早々と旅館「松楓荘」に入りました。硫黄泉で橋を渡って向かい岸の洞窟露天風呂と、もう一つの露天、内風呂・・・次の日の9時半に出発するまで繰り返しゆっくりつかってきました。

 次の日は、八幡平に。天気は快晴でしたが、風が冷たくて強くて、2時間歩く予定を30分だけ少し歩いてきました。
071820  ふけの湯で、また、露天風呂に入り、岩手山を右に見ながら仙台に。

 本当は「毎年行こう」としているのですが、いろいろな選挙日程が入ったりでなかなか実現できません。今回は4年ぶりの職場旅行でしたが、また来年も行きたいなぁ。

071816

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/06

9月議会閉会 ごみ有料化の結末は?

 市民の声は7月のパブリックコメントでも二分しているのに、9月議会に有料化の条例案をだした梅原市長。市議会与党各派も、さすがに若干の抵抗をしましたが、最後は「なんだかなぁ」という対応になりました。

 ①大袋(45L) 1枚50円を2割安くして 「40円にする」
 ②実施時期を来年7月からを遅らせ、「来年10月」からにする
 ③大中小に加え特小袋をつくる
    という、議会与党が提出した「修正案」が可決されました。

 「なんかおかしい」でしょ?市長に対して「なぜいま有料化なのか」「なぜ50円なのか」説明を求めていた与党議員が、修正案を出す側になりました。同じ質問が、今度は市民から議会に寄せられることは、間違いありません。

 071832 10/4の最終日、私は討論を行いました。録画中継はこちらから
↓全文はこちらです。

続きを読む "9月議会閉会 ごみ有料化の結末は?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/02

政務調査費 検討委員会の答申を出しました

 4月の市議選挙でも、争点の一つとして政務調査費の使い道を市民に公開する、報告書への領収書の添付を義務付ける課題を掲げました。私にとって公約でもあるこの課題です。市民の皆さんから議会が信頼してもらうためにも、何とか実現させたいとがんばってきました。

071828  仙台市議会としても6月に各会派からの委員を出し「政務調査費検討委員会」が作られ、9月議会中に答申が出せるよう、16回にわたって会議を重ねました。日本共産党仙台市議団からは、私が参加しました。
 領収書が原則すべて公開すべきで、市民への透明性確保の最低条件だと終始一貫主張し続けました。領収書を公文書であり情報公開の対象となる、議長への報告書に「領収書を添付することとする」は全会派で早い段階で一致しましたが、5万円とか3万円とか以上の領収書に添付を限るという主張も出されました。「1件1万円を超えるもの」ということでは、その理由も市民に対して説明できません。

(ここまで書き込んで、時間切れで「下書き保存」したつもりが、「公開」となっていました。議会最終盤、総括質疑と討論担当で忙しく、そのままにしていました。中途半端でいてすみません。10/5記)

 結局は、「原則全ての領収書添付」か「1万円を超えるもの」か「一致を見なかった」と経過に明記し、答申部分も「意見が多数をしめた、ので答申する」と表記し、私も含めて連名することになりました。

 これから、条例化、要綱や運用マニュアルの整備をすすめ来年4月からの実施を準備する作業がはじまります。
 実際、市民の声、他都市の動向は、あきらかに「全ての領収書添付が当たり前」というものです。条例案がかかる12月議会や2月議会まで、「1万円以下の領収書は出さない」という態度が続けられるとは、私は思えません。
 市民の皆さんから「なぜ1万円なの?」とどんどん疑問をぶつけてやってください。引き続き、私も頑張りたいと思います。

↓ 10/4 本会議討論での政務調査費部分です

続きを読む "政務調査費 検討委員会の答申を出しました"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »