無料ブログはココログ

« 政務調査費 すべての領収書添付が当然 | トップページ | 鉄道博物館 ミニ運転列車に乗りました »

2008/03/08

3月3日学童保育・児童館について質問しました

 1問1答での映像は、市議会HPから(こちら

08p0302  現在、仙台市で学童保育・児童クラブに通っている割合は18%(小学1.2.3年生)。保育所に通う割合25.7%(5歳児)、留守家庭率25%と比べて、早急に1・4倍にしなければなりません。国が新待機児童ゼロ作戦で示した、学童保育の目標は、現在19%を10年で60%にしようというものです。学童保育の分野に、思い切った予算配分が必要です。

 大規模化の対応は、複数クラブにすることです。仙台市でも、昨年半ばからモデルケースで学校内の教室に「児童館分室」をつくってそこでは児童クラブのみの事業をおこなう試みが行われています。新年度は、7~8校で実施したいと答弁がありました。学校に使える教室がない時、近くの公共施設を利用して「分室」をつくるモデルも行われます。

 児童館の空白学区に新しく児童館をたてる仕事の後回しにされてきたのが、老朽化した児童館の建て替え計画です。この問題に着手するよう求めました。

 最後は、2/23の記事でも取り上げた、避難路問題です。

 ぜひ、映像で見てください。(こちら

|

« 政務調査費 すべての領収書添付が当然 | トップページ | 鉄道博物館 ミニ運転列車に乗りました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47498/40417458

この記事へのトラックバック一覧です: 3月3日学童保育・児童館について質問しました:

« 政務調査費 すべての領収書添付が当然 | トップページ | 鉄道博物館 ミニ運転列車に乗りました »