無料ブログはココログ

« 宮城県沖地震から30年です | トップページ | 神戸で学童保育政令市交流会 »

2008/06/20

6.14岩手宮城内陸地震 県北部被害深刻

 6/14に起きたマグニチュード7.2の岩手宮城内陸地震では、多くのみなさんから「大丈夫?」とのご心配をいただきました。ありがとうございます。

 幸い、仙台市内では地震の大きさ、震度5強という揺れの強さの割には、被害は大きくなくてすみました。しかし、テレビ報道されているように、県の北部での被害は深刻です。きょう夕方から降りだした雨によって、さらなる被害が出る恐れもあり、予断をゆるしません。

08p1121  仙台では、宮城県沖地震から30年目にあたる6/12に、総合防災訓練を行ったばかりでした。それでも、もし、仙台の直下で今回のような地震が起こったら、想像を絶する被害になっただろうと思います。交通が断絶する地域が、市内にもたくさん出来るとき、どうやって住民の被害の状況を把握し、救助・救援するのか、課題はたくさん残されています。
08p1131

 今年の防災訓練では、防災行政無線、消防無線の中継塔が壊れたりした場合に備え、また、無線の不感地域をなくすために、無線中継のための車・人の配置を行うことも取り入れられました。私も、アマチュア無線でのボランティアのブースを回って、懇談をしてきました。
 ハイテクもいいですが、災害時に強いローテクで最低限の通信を確保することが現実的には備えになります。そのためには、普段から、その通信手段を使っていて慣れていることが大切です。
 私も、車に無線機をまた積もうかと思います。

08p1099

 25日に娘の通う小学校で、災害時に子どもを保護者に直接引き渡す訓練が予定されています。我が家のように、親は二人とも働きに出ていて、日中は家にだれもいない家庭では、災害時も今回のような訓練のときも、すぐには学校に迎えに行けません。そういう場合の対応を訓練するのかといえば、そうではないようです。

 2004年に仙台市学童保育連絡協議会では、学童保育、児童館児童クラブに通う子どもたちと親にとって、災害時の対応はどうすればいいのか、アンケート調査と、神戸の震災を経験した学童保育指導員を招いてのシンポジウムを開き検討しました。
 学校・地域と職場が離れている場合、親は交通機関が途絶して徒歩で地域に戻らなければなりません。また、公的な職場や、病院など災害時に職場を離れられなくなる親も少なくありません。通信手段が使えなくなる中で、子どもの状況をつかみ、親の状況を伝える、双方向の連絡手段が必要です。実際には、小学校低学年の子どもの場合、学校の先生や、学童保育の指導員が子どもと親の間に入ってもらえなければ、安心は得られません。

 地震などの発生時間によって、学校にいるのか、学童保育にいるのか場合分けをあらかじめ決めておくこと。どちらの場合でも171伝言ダイアルを、学童保育の電話番号で直ちにセットし、子どもたちの状況を親がつかめるようにしておく。親は、その番号に、自分の状況を録音し、学童保育指導員が子どもや学校に伝える。学校でも学童でも、長時間の待機になることを想定して、部屋や毛布、食事など必要な備品を準備するなどの具体的な手だてがぜひ必要だと思います。

 これまで、何回かの引き渡し訓練をされてきたようですが、働いている親も「うちの子だけ学校で待たされるのはかわいそうだから」と仕事をあらかじめ休むため、あっという間に、引き取り訓練は終わる。児童館児童クラブには、その日は誰も行かない。ので、学校と児童館との、連携について相談もされていなかったようです。早急になんとかしなければ・・・。

|

« 宮城県沖地震から30年です | トップページ | 神戸で学童保育政令市交流会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47498/41585228

この記事へのトラックバック一覧です: 6.14岩手宮城内陸地震 県北部被害深刻:

« 宮城県沖地震から30年です | トップページ | 神戸で学童保育政令市交流会 »