無料ブログはココログ

« お化け屋敷:怖かったけど暑かった | トップページ | 余暇=気晴らしの大切さ »

2008/07/20

ため池の賃料 年40万円!?

08p1282

この、ため池は地域の農家30世帯ほどでつくる水利組合が、国有林地内にもう50年近く前に造り使っているものです。この賃料が、10年ほど前からどんどん値上げされ、とうとう40万円を超えるところまできました。農業経営はとっくにほとんど収入にならないところまで追いつめられています。絶対必要な、水の確保に毎年、こんなに負担をかけられては、続けていけなくなってしまいます。

08p1284 県会議員の遠藤いく子さんと、私は昨年から、相談を受け森林管理署(以前の営林署)に、賃料の根拠について問いただしてきました。使用の用途ごとに、そこの近傍での販売実績を参考に土地の評価額を決め、そこから賃料を計算してだしている・・・とのことです。

「近傍」ってどこ?というくらい奥の土地です。どこと比べたのか明らかにしません。
農業者にとって、年間40万円もの賃料がどういう意味を持つのかも、考えようともしていません。(本人たちは、役所の机の上での計算しかしてないようです)
そもそも、国有林といっても、もともとは地域の入会地だったものが明治になって村や町の公有林となり、国に移管されてきたものです。里山として保全するためにも、ため池などとして活用し、手をいれてこそ価値が維持されるものです。

08p1288 7/15に福島かずえ市議団長、遠藤県議といっしょに現地を見ました。里山に親しむ会の方々も活動していて、大変貴重な里山の自然が残っている場所でした。水利組合長の方と歩きながら、木イチゴを食べたり、薬草を教えてもらったり、キノコを見つけたり、と自然探索でリフレッシュできた半日となりました。

国の対応を変えさせるか、国から市が管理を譲り受けて、農業用水として活用するかさせなければならないと思います。

|

« お化け屋敷:怖かったけど暑かった | トップページ | 余暇=気晴らしの大切さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47498/41901858

この記事へのトラックバック一覧です: ため池の賃料 年40万円!?:

« お化け屋敷:怖かったけど暑かった | トップページ | 余暇=気晴らしの大切さ »