無料ブログはココログ

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008/09/30

不正品を市民に高く買わせる仙台市のごみ有料化

08p1892

10月1日からの仙台でのごみ有料化目前に、またしてもひどい事柄が発覚しました。

昨日、私は決算特別委員会環境費での質問でとりあげました。(中継録画はこちら
有料化のために、市は自らごみ袋を作らせて、その保管・配送も委託、販売も各お店に委託することになります。これらにかかるお金は、年間約7憶円です。

ごみ袋の製造については、昨年12月と今年8月にWTO案件として入札が行われましたが、そのどちらも、第一落札者が落札後に辞退をするという異常事態となっていました。やり直しの結果、受託した企業が現在出回り始めた新しい市の指定ごみ袋を作ったわけですが、その製品が入札の際示された仕様書に反する品質となっていることが発覚しました。

受託業者は、中国の製造所に作らせていますが、低密度ポリエチレンに15%もの炭酸カルシウムが混ぜられていると分かったのです。炭酸カルシウムを混ぜるのは、かさを増して、ポリエチレンを節約しコストを下げるのが目的です。これを入れると、弱くなったり、焼却時に炉にヘドロ状に残るため焼却炉にも弱いといわれます。仙台市の発注の仕様書にも、添加剤は事前に承認をえることや、焼却時に灰に残らないよう要求が書き込まれています。当然、炭酸カルシウムの混入は認められないという前提で、入札が行われたものとみるべきです。

実際、受託業者から添加剤の報告書には炭酸カルシウムが書かれていません。市の聞き取りに「知らなかったが現地の製造所に聞いたところ炭酸カルシウムを混ぜたことがわかった」と答えています。事前の市の承認を受けないで、なおかつ灰に残る炭酸カルシウムが混ぜられていた点で、まさに不正品です。

しかし、私のこういった追及に対して、「問題ない」と答弁を繰り返しました。
1枚40円ものお金を市民からとることになっています。しかし、そのごみ袋が、市でも責任が持てない粗悪な不正品では、市民が納得しません。即刻不正品の販売中止し緊急対策を市はとるべきだと思います。今日、また、仙台市に申し入れをします。

9/30朝追記

今朝は、有料化前最後の家庭ごみの日。我が家近くの集積所は、こんなです。
50袋以上はあります。衣類、粗大ゴミっぽいのもあります。

08p1890

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは先週金曜日。これでもいつもより多い感じがしたのですが・・・。

08p1640

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/29

二日続きの綱引きで、体が痛い…

9/27は保育所の運動会、9/28は学区民運動会でした。

08p1758

4人目が今年度で卒園なので、保育所の運動会はこれが最後となります。
子どもたち一人一人が見える運動会でした。

08p1787 仙台市は待機児童が全国一多い自治体になっているのに、公立保育所は減らそうとしながら、民間にばかり頼ろうとしています。定員枠を増やすよう求められた民間保育園の園長さんが「規模を大きくして200名にしたが、行事は全体ではできず、2回に分けている。保育士も50名以上で会議がホールでしかできない」と話されていたと聞きました。改めて、吉成保育所の規模、大きさが「ちょうどいいくらいだ」と運動会を見ながら感じました。

保護者がお父さんチームとお母さんチーム分かれてたたかう恒例の綱引きでは、第1戦でなんとかお父さんチームが勝てたため、第2戦はパワーアップしたお母さんチームにあっという間に引きずられましたが、「引き分け」という結果になりました。

次の日、南吉成学区民運動会。小学校のPTA会長なので実行委員会で準備に参加して来ました。当日の役割は、10年ほどずっと「招集係」です。競技ごとに選手の入場のための並び方を考え指示書を作ります。次々と集まった人たちに説明し、フィールドに誘導する仕事です。普段街頭宣伝に使っているハンドマイクを持ち込んではいるのですが…声がかれる・・・。

08p1859 4つの町内会ごとに対抗競技もあり盛り上がります。我が家の3番目も対抗リレーの選手になって奮闘しましたが、我が町内会は4位に終わりました。私も出た綱引きで、4位だったのが敗因か・・・。

二日続けての、綱引きは体に堪えます。きょうは一日中、体が痛みました。まだ、二の腕、背中、腰が痛いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/24

アクセス120000 開設4年で

2004年8月にブログを開設しました。4年と少しで12万アクセスを超えました。訪問していただいた方、ときどきチェックしてくれる皆様、ありがとうございます。

平均すると1日当たり100弱ですが、ここ数日、400~700アクセスが続いています。
東北文化学園大学、健康科学大学にかかわって、藍野グループの大学資金流用が全国ニュースとなった影響で関連する私のブログ記事にアクセスが増えています。

その時々に、調査したり、議会で取り上げた事柄を、このブログにUPしてきました。こういう形で、過去の記事が注目されるのは、「やっててよかった」と感じられます。ブログ内の検索も、右下のボックスから可能です。ぜひ、気になるワードで検索して、どんな取り上げ方を、していたか検証してみてください。コメントをお待ちしています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/09/20

 東北文化学園大、藍野グループ問題が全国ニュースに

 夕方のTBS系列のニュース(報道特集NEXT)で、東北文化学園大学を運営する藍野グループの疑惑について特集が放送されました。山梨県の健康科学大学で2億円の使途不明金の謎を追った特集です。

 東北文化学園大学については、2004年に発覚した創設者堀田元理事長による、仙台市の補助金不正受給事件から、一貫して追求してきました。民事再生で立て直すと、支援することになった藍野グループ・小山理事長が、逆に東北文化学園大学をグループの資金運用の道具に使っているのではないか?との問題提起も、今年3月の市議会で行いました。

 番組を見て、改めて、学生や市民に対して市の責任を感じます。大学の運営に必要な資金を、実際には足らないのに、見せ金で切り抜けるというやり方は、堀田元理事長が行い市をだまし、約9億円の市民の税金を補助金として不正に受給した手口です。その再建に入った小山理事長も、結局同じ手口を使っていることになります。一度ならず二度までも「だまされた」では済ませられない責任が、市にはあるはずです。前回も建設会社からの「見せ金」提供があったのでは?と領収書のやり取りを解明しながら指摘しましたが、今回も建設会社がからんでいるようです。高い学費を、教育以外に流用することも許されないことだと思います。

 3月(3/12)の仙台市議会、予算等調査特別委員会で一問一答で質疑しています。(録画中継はこちら) 東北文化学園大学の再建へ「支援」に入っている藍野グループについて、この間の、不適正な融資問題などを取り上げ質疑しました。

そのほか、これまで取り上げてきた関連のページをまとめておきました。
興味ある方は、ご覧ください。

2008/03/31

遅くなりましたが3月議会報告です

http://hanaki.air-nifty.com/burari/2008/03/3_c2be.html

2008/01/24

東北文化学園大学 問題ふたたび・・・

http://hanaki.air-nifty.com/burari/2008/01/post_a7f6.html

2004/12/17

12月議会が閉会しました

http://hanaki.air-nifty.com/burari/2004/12/12.html

2004/12/05

東北文化学園大 勉学を保障する再生を願います

http://hanaki.air-nifty.com/burari/2004/12/post_1.html

2004/12/08

「刑事告訴断念」?明日ただします

http://hanaki.air-nifty.com/burari/2004/12/post_4.html

2004/12/06

党市議団として記者会見(東北文化学園大問題)

http://hanaki.air-nifty.com/burari/2004/12/post_2.html

2004/09/22

犯罪の周辺にもメスを

http://hanaki.air-nifty.com/burari/2004/09/post_17.html

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/09/16

今シーズン初「芋煮会」

仙台の秋の行事といえば「芋煮会(いもにかい)」。

この時期、コンビニの店頭にも薪が束にされて積み上げられています。
河原にカマドをつくり、大きな鍋をかけて、みそ仕立てのトン汁、もちろん里芋をどっさり入れてつくります。家族や職場のグループでやることが多いです。町内会で地域の集会所(の庭)でやったりもします。
山形も盛んですが、あっちはしょうゆ仕立て、お肉も牛肉を使う・・・なぜ、違うのか?

08p1612

今年の初芋煮は、4番目の通う保育所年長組有志で、9/14(日)に秋保の公園で開催しました。お迎えのバスに乗って、10時ころ会場へ。材料も鍋もかまども準備済み。あとは火を焚いて作るのみ。子どもたちは、遊具や虫取りをして遊びっぱなし。お母さんたちは、早々とビールを開け。数少ないお父さんたちが、せっせと(適当に)作りました。

08p1615 向こうで用意してくれた材料に、大根、ニンジンなどがなく、「ちょっとコクが足りないね」と言っていたら、砂糖が小さなビニール袋に入ってありました。入れてみると、意外においしくなりました。

3時ころまで、食べたり、遊んだり、もちろんたくさん飲んで帰ってきました。

08p1611 今度は、11月に、小学校の「学校の森」で芋煮会をするのが予定に入っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/11

明日 代表質疑に立ちます

 9/8から定例市議会がはじまりました。明日(9/12)は、私も代表質疑に立ちます。
(【追記9/23】質問の録画中継はこちらから、質問テキストはこちら「20080912.doc」をダウンロード

 今回の議会では、市民の皆さんから寄せられたアンケートにそって、本当に切実な悲鳴ともいえる声に市が応えるべきだと迫ります。

 原油高騰対策は、寒くなる11月に間に合うように、本来この議会に補正予算が提案されるべきですが、市長提案にはありませんでした。政府が特別交付税措置を決めた内容はもちろん、自治体としてできる内容はすぐに具体化すべきです。

 介護保険料、大問題となっている後期高齢者医療保険に続いて、65~74歳の国保料が10月から年金天引きにされます。さらに、4月に地方税法がかえられて、市・県民税まで年金天引きにする条例改悪が各地で進められています。
08p1567  この問題では、9/4に総務省に出かけて、自治体の裁量で天引きを行わないことができるよう要請をしてきました。

 地方税法の但し書きで、対象者が少ないなど特別の事情があると認められる場合天引きによらなくてよいと書かれています。総務省の担当者は、いくつかの例をしめしました。私は、「少ないなど特別な事情」と認めるのは誰か、市町村か国か?と質問し、「判断は各市町村、総務省は基準も作るつもりないし、聞かれても良し悪しの判断しない」と答えています。市長の判断、決断を迫りたいと思っています。

 国の政治も、地方の政治も、大企業を優遇し海外での競争力をつけさせる、そのために規制緩和でやりたい放題、企業が負担する税金も社会保障負担も、労働者への賃金さえ減らすという政治を、出転換するのがこれからの時代です。住民の暮らしを支える市政に転換すべきです。少なくとも、他の政令市並みの福祉予算に増やさないといけません。

 明日13:45ころからの質問は、ライブでも、3日後からの録画中継も、仙台市議会のホームページから見ることができます。ぜひ、見てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/01

福田首相辞任!安倍から1年足らず

 会議を終え、帰宅すると「福田首相辞任会見」のニュース。

 安倍首相が政権投げ出しの辞任会見をしたのが、昨年の9月12日。1年足らずの間に、2代続けての無責任首相です。自民、公明の政権自体の問題です。

 これでまた、別の「首相」を決めて、自民・公明政権を続けようというのでしょうか。きっぱり、衆議院を解散して、総選挙を行うのが筋でしょう。

 経済でも、外交でも行き詰まった日本の政治を象徴する出来事です。同じ政治をだれがやっても同じです。内需中心、国民の福祉中心に経済を立て直す、外交でもアメリカ言いなりをやめ平和外交を軸に経済主権もしっかり主張する政治に切り替えなければなりません。この立場でぶれずに頑張れる政党、政治家を伸ばしてこそ、本当の変革が可能です。

 明日は、朝から日本共産党宮城1区県民運動委員長の角野さんと街頭宣伝を行うことにしました。

 追記 志位委員長の談話がHPに掲載されました(9/2 01:00)

 9/2 朝 仙台みずほ銀行前で宣伝 (角野達也さん、すげの市議と)

08p1561  08p1559

   さらに夕方 高橋ちづ子衆議院議員と宣伝しました 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »