無料ブログはココログ

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008/10/31

エネルギー供給とゴミ処理は地域毎に小規模分散配置が有効だと思います

08p1982

 10/24(金)は、市議会の地球温暖化防止等調査特別委員会で、市内視察がありました。我が家のすぐ近くの、東北福祉大学の国見ヶ丘キャンパスで行われているNEDOの委託研究「新電力ネットワークシステム実証研究」を見て説明を受けました。

 NTTファシリティーズ・東北福祉大学・仙台市が共同で「品質別電力供給システム実証研究」を受け持ち2005年度から2007年度まで行われたものです。地域内の病院や高校、高齢者施設、市水道浄水場などの各施設に、いろいろな品質の電源をエネルギーセンターから供給する実証実験で、元となるエネルギー源には、電力会社からの電力、溶融炭酸塩形燃料電池(MCFC,燃料は都市ガス、250KW)、ガスコージェネレーション(GE、都市ガス、350KW×2)、太陽光発電(PV、50KW)を組み合わせています。

08p1985  ここでいう「品質」とは、①医療機器用などに波形の乱れのない、瞬低もない電力を、電力会社からの電源が停電した時にも安定して供給するもの、②停電時も常時商用電源を供給するもの、③瞬低のないよう直列補償装置を使っているが停電時は電源が落ちるもの、④実験的に直流で直接電力供給するもの、などです。

 各施設ごとに、電力会社からの電源が切れた場合の非常用電源を設置することや、電力品質を高める装置をつけることが必要なくなりコストダウンにつながると説明されました。また、遠くの発電所で作った電気を送電線で運んでくる場合のエネルギー効率が約35%に対して、ガスを燃料とした燃料電池やコージェネレーションは排熱を利用することで65~80%を利用することができるのが特徴です。発電効率だけ比べてみてもMCFCが47%、GEが40.5%と高くなっています。都市ガスは、エネルギー変換なしにパイプで工場から各地域や家庭に送られますからエネルギー損失なしに配ることができて将来有望なエネルギー源です。

08p2001  都市ガス公営企業としては、国内最大の仙台市ガス事業を、民間に売却する話が進んでいます。都市ガスを利用したコージェネを広めて行けば、同じ電力消費でも温室ガスの発生を大幅に減らすことができます。仙台市民の大事な財産であるガス事業を、民間会社のもうけのためにではなく、市民の暮らしと環境のために使うべきだと思います。

 エネルギーの供給と、ごみ処理は、人々が暮らす地域に密着した方が安全を維持し、環境への負荷も少なくて済むはずだ・・・と考えてきましたが、今回の視察で地域ごとのエネルギー供給システムが実証段階にあることを知り一層確信しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/24

第7回南吉成小「森の子まつり」

08p1929

 先週の土曜日は、南吉成小学校の『森の子まつり』でした。PTAバザーから、「もっと子どもたちに楽しんでもらうことを中心に切り替えよう」と『森の子まつり』へと変わって、もう7回目です。

08p1935    08p1938

 本番は、午後1時から3時半までですが、準備は朝から片付けは5時過ぎまで、ずいぶん大変でしたが、子どもたちが目いっぱい遊んでくれて、PTAとしては大満足でした。

08p1949    08p1957

 切り替えた当時も、私はPTA会長でした。新設されて10年ほどの学校でしたからPTAバザーの収益で必要な物をそろえるお手伝いができたら・・・という思いでバザーが続けられてきたと思います。しかし、寄贈品を地域や保護者から集めるのも大変ですが、売れ残るものも少なくなく苦労していました。そもそも、PTAからの寄付で贈られたものは、「備品」とはならず、壊れても市の予算では手当てされないものになってしまいます。必要なものは、市に備えるよう要望して実現することが、後々のためになるのです。子どもたちの教育環境を整備することは、行政の役割ですから、子どもたちに必要な予算は優先して充てるべきです。

08p1964    08p1967_2

 収益を主な目的としない「森の子まつり」にして7年目ともなると、企画に取り組むお母さんたちも、気軽に考えられるようになっていたのは良かったと感じます。あんなに頑張ったのに、収益は4万円なの?とがっかりする声もありますが・・・。

08p1969    08p1973

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/17

京劇って面白い

08p1906

日中友好協会などが中心になって、北京風雷京劇団の日本公演がはじまりました。

10月14日には、仙台市太白区文化センター(らららホール)で行われた公演に、下の二人の子ども(小3と保育所年長)を連れて行ってきました。

08p1907 京劇ってオペラなんですね。シンバルの音もにぎやかな独特の音楽と、特殊な発声法でのセリフ(うた?)、それに、アクロバティックでリズミカルな踊りです。団員の方の最初の解説で、「日本の歌舞伎にも近い」と話されていましたが、みえを切ったり、睨みが入ったり、「ここで拍手をすればいいんだな」というのもわかりやすくて、会場と一体になって進んでいくのも楽しかったです。

ちょうど、前の日にTVで映画「西遊記」が放映されていて観ていた子どもたちは、孫悟空が出てきて、次々と悪さ(いたずら)をするのに大喜び。「何言ってるか全然わからないけど、面白い」と話していました。

08p1909 写真の左が、孫悟空役の団長さんです。ちなみに真中は、仙台実行委員会で委員も務めているわが市議団の団長さん(福島かずえ議員)です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/10/07

ごみ袋不正問題で、仙台市が対応策発表

 9月29日に決算調特委員会でとりあげた、ごみ袋への炭酸カルシウム混入問題は、10月1日からの有料化実施で市民のみなさんの中でも、大いに話題になっていました。地域で、不正排出防止のため巡回をされている町内会役員の方々から「どうも新しい袋は弱い」「剪定した枝などを入れるとすぐ穴だらけ」「底が抜けてしまった」などのお話を聞きました。

 「炭酸カルシウムだけでなく、廃プラの混入などあるのでは?」という声もあり、ごみ袋の種類によって、あるいは同じ種類でも、袋の品質がまちまちだという感じも受けました。当局は「問題ない」という答弁を繰り返しましたが、品質管理ができていないことへの市民の不信は大変大きなものがあると思います。

 昨日(10/6)仙台市は記者会見を開き「指定ごみ袋についての今後の対応」(「1006gomi.pdf」をダウンロード)という文書を出しました。結局、炭酸カルシウムを混入してもよいとは、仙台市が発注した時の仕様書を見た人は誰も考えていなかったことがわかりました。受注した業者も、「知らないうちに、中国の製造会社が混入させていた」と説明しています。2回目の入札によるこれからの製造では、炭酸カルシウムを混入しないと言っています。1回目の契約にかかる、現在出回っているごみ袋の製造については、約1400万円のコストダウンにつながっており、その分の自主返納の申し入れが来ているそうです。

 問題は、市民に対して、品質管理の第一義的責任を持つ仙台市が、まったくできていなかったこと、実際に市民からの信頼がなくなっていることへの反省と、受託企業にその立場か毅然とした態度をとることが大切です。

 破れたり、底が抜けたりして、使えなくなった新指定ごみ袋について、1枚から買ったお店で交換できます。

 「たくさん入れようとしたら破れてしまった」という人、みなさんが払ったのはごみ袋代ではなく「ごみ処理手数料」だそうです。だから、破れたごみ袋ではごみを出せていないので、手数料を返してもらうか、新しいごみ袋と交換してもらえます。今日の総括質疑で、福島かずえ議員・市議団団長が確かめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »