無料ブログはココログ

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009/05/31

100条委員会設置の動議を否決した議員は市長をかばうことに

 5/28.29と開かれた仙台市議会第一回臨時会。日本共産党と社民党は、地方自治法100条に基づく調査を総務財政委員会に付託する動議を提出しました。

 梅原市長のタクシー券不正使用問題は、市長の不誠実な態度のもと、市民の不信感、疑惑は深まるばかりです。法的に調査権をもった委員会で、参考人を呼び証言を求めたり、理由もなく拒否すれば罰則もある中で、必要な資料の提出を求めたりすることが、事実解明につながります。議会として、もつことができる権限を、しっかり使って、疑惑解明に取り組んでこそ、市民から議会に付託された役割を果たすことになります。

 ところが、動議への賛成は、日本共産党6人、社民党6人の合計12名だけでした。60名の議員中当日欠席していた2名と議長を除く45名は、反対理由も述べないまま、反対の態度をとりました。梅原市政の与党となってきた自民・公明・民主の各会派です。これでは、梅原市長をかばう立場に立ったと、市民から思われても仕方がありません。

 梅原市長の任期は8月で切れます。このまま任期切れをただ迎えさせてはいけません。6/9からの6月定例議会でも、手立てを尽くして頑張りたいと思います。

09p0863  5/23に開かれた、「どんな市政に変えたいのか」考えるシンポジウムです。梅原市長の市民の意見を聞かない市政運営によって、仙台市の市政はずいぶんゆがめられてきました。しかし、その一方で、各分野でそれに反対する市民団体の取り組みが活発になっています。市長選挙に向けて、それぞれの分野から、声をあげ、つながりあおうという意見が、響きあいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/22

東北セミコン(米フリースケール社)工場閉鎖問題、仙台市議会委員会で質疑

 4月23日の記事にも書いたアメリカのフリースケール社が、仙台にある東北セミコンダクタの工場を閉鎖すると発表した問題で、昨日の仙台市議会常任委員会で経済環境委員会で高見のり子議員、総務財政委員会で私(花木則彰)が質疑しました。

 4月の委員会の直後に突然発表された工場閉鎖です。この間、仙台市当局にも工場閉鎖を許さない立場で、働きかけを行うよう要請をしてきました。しかし、実態は仙台市の姿勢が相手にもはっきり伝わるものにはなっていません。

東北セミコンダクタ(株)への仙台市からの助成金・交付金は

2000年まで累計 3,210,586,000円
(固定資産税、新増設と事業にかかる事業所税)の減免
2001年    31,445,000円事業所税 
2002年    25,980,000円事業所税
2003年    30,061,000円事業所税
2004年                 0円
2005年      4,850,000円固定資産税
2006年      7,320,000円固定資産税
2007年      6,630,000円固定資産税
2008年     13,520,000円固定資産税

      合計  3,330,392,000円

となっています。これらは、工場立地を誘致して、雇用を増やすためにとの目的で、33億円を超える税金が投入されてきたものです。
しかし、この間、日本モトローラーの撤退時に大幅に雇用を減らしたのに続き、毎年のように減員が続いてきました。そして、ここにきての工場閉鎖(2年後)の発表です。
工場が赤字になったわけではないのに、ここでラインを新しく更新するより、他の国にある工場に集約したほうが、親会社(フリースケール社)のもうけが大きくなるから・・・という理由で600名もの人が首切りに会おうとしています。

自治体として、「このような横暴勝手は許さない」という強い姿勢で臨むことは当然です。

さらに、ブログへのコメントもいただきましたが、今働いている人たちの多くが、仙台市に家を購入し働き、子育てをしている「仙台市民」です。自治体として、アメリカ企業の横暴勝手で、「仙台市民が窮地に立たされることを見過ごせない」と、全力で取り組むことが必要です。

しかし、仙台市の取り組みは、立地促進の仕事を進めてきたセクションがあたっています。相手は東北セミコンではもはやなく、アメリカのフリースケール本社の副社長級とのやり取りになっています。当面の相談内容は「今年度の交付金はどうするか」・・・。
まったく、ズレた内容です。

総務財政委員会で私は、市民の雇用を守る、生活を守るという観点から取り組めるよう、政策調整局もふくめて全庁的に対応を検討するよう求めました。

本来は、経済産業省のもと官僚で、国際的な交渉が仕事だった梅原市長が、直接乗り出して市民の生活と地域の雇用を守るために奮闘すべき内容です。2年間は、在庫を作り置きするため、フル稼働で生産するそうですから、まだあきらめる必要はありません。引き続き、6月議会でも、取り上げて、雇用継続の動きをつくりたいと思います。

総務財政委員会 タクシー券問題でどんな調査が可能か検討する・・・ことに

私は、総務財政委員会として「100条委員会設置をしてほしい」と議長に要請してはどうかと提案しました。各委員からは100条委員会に否定的な意見や、委員会の任期が6月までと時間的な制約があるなどの意見もありました。しかし、市長を呼んでの2回の総務財政委員会での質疑では、市長が説明責任を果たそうとしないために十分な事実解明ができていないことは認識が一致しており、何らかの「調査」が議会に求められていることでも一致した内容だったと思います。「新しい取り組みを行うことが全委員の総意となっていないので」「これまでの審査経過をまとめて報告する」と委員長は諮りましたが、なんとか粘って、「任期内にどんな調査ができるか、検討する」となりました。

議会として、持っている権能をしっかり使って、市長の不適正な公金使用や、議会・市民への偽証の疑いを解明するべきです。それが、市民から議会・議員が付託されている仕事のはずです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/05/20

ゴールデンウィークから運動会 1年生は少し疲れ気味?

 我が家の1年生は、ここ1週間ほど、朝「学校に行きたくな~い」とひと騒ぎしています。

 GW後半は、岩手の小岩井農場、けんじワールドに旅行。

09p0753

 GW明けには、5月9日に初めての運動会。

09p0595  09p0637

 運動会の振り替えで11日の月曜がお休みになり、12日の火曜日から「行きたくない」が始まりました。学校まで3分なのですが、一緒に教室まで行く日が続いています。一度、行ってしまえば元気に過ごし、児童館も「6時まで迎えに来ないで、できるだけ遊びたいから」となるのですが・・・。まあ、少しずつ、慣れていくでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙台市長タクシー券問題で、100条委員会設置の再度の申し入れ

昨日(5/19)、日本共産党仙台市議団は、社民党市議団とともに、議長に対して100条委員会設置の申し入れを行ないました。

昨年末の総務財政委員会以来、4月の議員協議会、総務財政委員会と梅原市長に直接質疑を行い、タクシー券などの使用の実態を市民に明らかにするよう努力してきました。しかし、市長は、前言の矛盾を突かれるたびに、「記憶にない」答弁に後退したまま事実を認めようとしないという、不誠実極まりない態度に終始しています。

議会には、地方自治法100条に基づく委員会を設置して、法的権限をもって調査する能力が与えられています。市民から、市長をはじめ行政のチェックを付託されている議会として、やれることはしっかりとやりきることが求められています。

5月28-29日には、職員給与の引き下げの議案で臨時議会も開かれます。この機会に、議会として100条委員会の設置を決めるよう、議長や各会派に申し入れを行ないました。議長からは、5/21の各派代表者会議で話し合うという答えがありました。

従来の日程では、7月に市長選挙が行なわれます。しかし、それまで、市民や議会に虚偽答弁をした疑いのある市長をそのまま議会が放置してよいのか・・・が、今度は議会・議員に問われていると思います。
市民や議会の言うことを聞く耳持たない梅原市長の元で、仙台市政がゆがめられて来たことは明らかです。保育所の待機児童が全国一多い仙台市で、どうして公立保育所を廃止する方針が強行されるのか、地域の宝として育ててきた小中学校を統廃合する計画がすすめられるのか、市民の意見が二分している地下鉄東西線建設に計画よりも大幅な前倒しで巨額の税金をつぎ込もうとしているのか・・・。市長選挙で市民が望む市政に転換するためにも、市長に対する議会の態度が問われているのではないでしょうか。

Dscn4615
5月23日午後2時から、五橋にある仙台福祉プラザで「かえよう仙台!市民が願う市政とは? 市政検証シンポ」が開かれます。幅広い市民団体の主催で、市政の中身をどうかえるのかを意見交換しあう企画です。私も参加しようと思っています。

仙台も夏のような暑さになっています。5/19角野たつやさん(宮城1区県民運動委員長)と吉成の地域で街頭宣伝をしました。今年は、総選挙、市長選挙、県知事選挙があります。話したいことは盛りだくさんで、ついつい話が長くなってしまいます ヾ(_ _*)ハンセイ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/03

GW前半…よいお天気に恵まれました

 月末の忙しさに加えて、毎週火曜の「なんでも相談」も今回は盛況で、GW後では間に合わない話が次々でした。

09p0535

 29日は午後から仕事で、私だけビールが飲めなかったのは残念でしたが、3月に保育所を卒園した子どもと親でバーベキューをしました。大人18人、子ども21人、よいお天気に恵まれて、楽しみました。

09p0534  昨年も利用した、近所のスポットです。今年、子どもたちに人気だったのは、工事途中の砂山です。ズボンもなにもかも砂だらけにして、遊んでいました。

09p0538  5/1は第80回メーデー。5/3は憲法を生かす宮城県民集会。その合間に、職場の人たちと河原でお魚メインのバーベキューをやったり、子どもを妻の職場近くの蛸薬師如来のお祭りに連れて行ったり・・・まずます、GWらしく過ごしています。

09p0539  09p0541

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »