無料ブログはココログ

« 議会運営委員会の視察で岡山、広島に | トップページ | なぜか、「カメ」 »

2009/07/28

新しい市長に、市民要求実現のための政策転換を求めてがんばります

 26日投票の仙台市長選挙で、奥山恵美子さんが当選しました。現職の梅原克彦市長への批判は本人が出馬断念したあとも衰えず、梅原市政の継承を掲げた岩崎候補とも大差をつけての当選となりました。
 奥山 恵美子 161、545
 岩崎 恵美子  67、107
 渡辺 博     54、316
 柳橋 邦彦    40、210
 佐藤 崇弘    32、281
 椿原 慎一     2、735

 日本共産党は、梅原再選を阻止を願う市民の期待を第一に、広く市民が一致できる候補者を作るために努力しながら、梅原市長を出馬断念に追い込むうえで役割を果たしました。市長選挙自体には、自主投票という態度で臨みました。

 選挙に向けて、さまざまな市民団体が、候補者に公開質問状を出し、梅原市政からの転換の具体的内容を聞く努力を行いました。しかし、なかなかはっきりした政策を打ち出して、競い合う選挙にはならなかったのが残念です。

 新市長の奥山さんのもとで、市民の要求が実現し、「市政がよくなった」と評価されるようになるかどうかは、今後の市民の運動と、議会での私たちのがんばりにかかっています。8/30の総選挙で、国の政治の今後の方向をしっかり選択し、9月の予算議会で仙台市政の転換方向を提起して奮闘したいと思います。

|

« 議会運営委員会の視察で岡山、広島に | トップページ | なぜか、「カメ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47498/45765976

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい市長に、市民要求実現のための政策転換を求めてがんばります:

« 議会運営委員会の視察で岡山、広島に | トップページ | なぜか、「カメ」 »