無料ブログはココログ

« 滞納対策 ただ取り立てを強めるのではダメ! | トップページ | 11/4奥山市政検証のつどい  »

2009/10/26

宮城県知事選挙 たたかってよかった

 昨日(10/25)投票の宮城県知事選挙。日本共産党も参加する明るい会から,天下みゆき候補が立ち選挙戦をたたかいぬきました。結果は,現職の村井候補が「圧勝」というものでした。

 今回の選挙ほど,しっかりした候補者をたててたたかうこと自体の意義を感じたことはありません。村井知事が4年間進めてきた県政は,企業誘致最優先に,福祉や教育は切り捨て・我慢を県民に強いる政治でした。いうなれば,国政では破たんし捨て去られた自民党・公明党政権の政治です。この政治の方向転換を願う県民の声を代弁して,争点に押し上げたことはとても大事だったと思います。

09p1357

 実際,天下候補が告示前の討論会で主張した県政の弱点と,克服のための公約が,村井候補や民主党推薦の遠藤候補の選挙政策に大きな影響を与えました。
 介護保険料を納め続けた高齢者が,必要な特別養護老人ホームの入所さえできない現状を変えるために,当面2000人分の特養ホーム増設を掲げた天下さん。他の候補も,「2000人分つくる」と言い出しました。
 また,障害児の特別支援学校を増やしてこなかった問題を指摘し,仙台圏に3校増設を天下さんが打ち出すと,村井候補も「特別支援学校を作る」となりました。

 当選した村井知事が,本当に公約実現するためには,やはり,大企業奉仕ばかりのこれまでの進め方を,大きく方向転換する必要があると思います。
 県民・市民の各分野での要求実現の運動と,県政の転換が深く結び付いていることが,あらためて実感できた今回の知事選挙。大いに力にして,運動を前にすすめて行きましょう。

 天下さんごくろうさまでした。

|

« 滞納対策 ただ取り立てを強めるのではダメ! | トップページ | 11/4奥山市政検証のつどい  »

コメント

あんまり関係ありませんが、他県民としては
戦国BASARAの伊達政宗がイメージキャラだったのには
「やるな宮城」と思ってしまいました。

投稿: 大外郎 | 2009/10/26 11:48

CSでアニメは数回見ました。
最近、お土産物もバサラキャラで出ています。

昨日は菰野に泊って、今日は大津に出張できています。

投稿: hanaki | 2009/10/27 17:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47498/46586795

この記事へのトラックバック一覧です: 宮城県知事選挙 たたかってよかった:

« 滞納対策 ただ取り立てを強めるのではダメ! | トップページ | 11/4奥山市政検証のつどい  »