無料ブログはココログ

« 予算議会が近づいて来ました | トップページ | チリ地震津波,仙台市での避難指示で避難者は8.5% »

2010/02/27

今議会は冒頭から波乱です 奥山新市長の失態

 2/17日からはじまった仙台市議会2010年第1回定例会は,やっと代表質疑(私も今回2/24に質疑しました,これについては後ほどUPします)と一般質問の2日目までが終わりました。まだまだ先は長いのですが,今議会は冒頭から大波乱です。

 2/17に市長が提案した予算案を,すぐに訂正するという事態になりました。鳴り物入りで,予算の目玉にしていた,仙台への松島水族館の移転・新設が破たんしたのです。仙台市が出資することになっていた10億円について,予算から削除訂正をしました。

 直接の原因は,建設と運営に中心的な役割を果たす仙台急行株式会社(現在の松島水族館経営会社)が出すことになっていた11億円の出資が見通しが立たなくなったことです。そしてその原因は,仙台急行が持っている土地を買う契約を結んでいた埼玉県内の医療法人が約束の期日(2/16)までに土地代金を振り込まず,連絡が途絶えたということです。

 日本共産党は,83億の事業を行うのに,中心会社が13%しか出資しないで,さらに半分は融資をうけて進める事業計画が,そもそも危ういもので,安定した事業運営に見通しが持てないものに,仙台市が税金を10億円も出資することはやめるべきとの考えで,議論の準備をしていました。
 はからずも,事業計画の第一歩から破たんしたもので,途中で破たんするよりは市民にとってはよかったと思います。

 私は訂正についての討論(録画中継はこちら)で,問題解明はこれからだと,調査特別委員会の設置をもとめる考えを示しました。
 10億円もの出資の話を,担当者まかせにしたまま進めたこと,自分たちの政策判断に使った資料を議会に見せないでいること,市長の責任感のなさなど市として反省すべきことはたくさんあります。水族館事業計画,資金計画のスキームにも問題がありそうですし,土地の売買の方面でも別の事件の匂いがします。解明しなければならないことは山積しています。
 3/1には,地方自治法第100条に基づく調査特別委員会を設置する動議を提出する予定です。議会としても真価が問われていると思います。

|

« 予算議会が近づいて来ました | トップページ | チリ地震津波,仙台市での避難指示で避難者は8.5% »

コメント

議場での討論,拝見しました.

四日市高校の生徒会で議席を並べた事を思い出したよ.あの頃と,変わらない花木の姿を見て,非常に嬉しく思いました.

JS1BVK/3
山田哲也

投稿: 山田哲也 | 2010/02/28 00:58

ありがとう(TNK)

高校生の頃,そんなに昔のことでないように感じるね。
今年は,お互い50才だけど…。

仙台市議会のHPから,議員名で発言録画も一覧できるので,興味のある問題について時間があるとき見てください。

投稿: hanaki | 2010/02/28 01:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47498/47681813

この記事へのトラックバック一覧です: 今議会は冒頭から波乱です 奥山新市長の失態:

« 予算議会が近づいて来ました | トップページ | チリ地震津波,仙台市での避難指示で避難者は8.5% »