無料ブログはココログ

« お天気は不安定ですが,思いを伝えるがんばりは着実に | トップページ | 4/24のTBS報道特集に,市民,国内各地から反響のメール »

2010/04/20

うわ~こんな経験初めてダ 中小企業シンポこぼればなし

 4月17日に共産党市議団主催で,「中小企業振興基本条例づくりを考えるシンポジウム」を開きました。

Dsc_3218

 北海道帯広市から秋元和夫さんと,志子田英明さんをお呼びして,帯広市での基本条例つくりについてパネリストを務めていただきました。また,日本共産党参議院議員大門みしきさんの秘書で地域経済問題に詳しい塩沢俊之さんにもパネリストをお願いしました。(左から,福島議員,ふなやま議員,嵯峨議員,塩沢さん,志子田さん,秋元さん,高見議員,私です)

 秋元さんは,元日銀の帯広事務所長で日銀本社に帰ったあと,帯広信用金庫に新設された地域経済振興部の部長さんとして活躍されています。条例つくりの検討委員会に参加されていました。金融機関が,地域と運命共同体として,中小企業の振興に積極的に乗り出しているお話を聞き,「そうでなくては」とみんながうなずいていました。
 帯広民商の会長さんでもある志子田さんも,市の検討委員会の委員です。市政のすべての取り組みの根幹に,中小企業の振興が意識されたものとなるようにすること,それが,市長が変わっても引き継がれていくことに中小企業振興基本条例の意味がある。その検討を通じて,帯広のよいところをみんなで認識して,がんばろうと言う気持ちを引き出したことの意義は大きい。と語ってくれました。
 塩沢さんは,国の中小企業施策がリーディングカンパニーを育てることだけになっていたこと,しかし,民主も社民も共産も中小企業憲章をつくるべきという点で一致しており,がんばりどころ。と励ましてくれました。中小企業庁は職員が200人しかいない,宮内庁1000人,公安調査庁1700人と比べても,圧倒的な事業所数,従業員数を占めている中小企業に国はいかに力を入れてなかったがわかると指摘され,その通りと思いました。

Dscn5890

 前日には,パネリストのみなさんと仙台の商工業者のみなさんとの懇親会も持ちました。その2次会で,志子田さんが歌ったカラオケは「十勝川」。カラオケ画面には,作曲,作詞者の名前とともに,『♪ 志子田英明』と表示されていました。
 実は,志子田さんは地元でスナックの経営者,CDも出していて,ネットのカラオケに登録されていいました。元歌の歌手がカラオケですぐそばで歌う場に,居合わせるのは,初めてでした。

|

« お天気は不安定ですが,思いを伝えるがんばりは着実に | トップページ | 4/24のTBS報道特集に,市民,国内各地から反響のメール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47498/48137503

この記事へのトラックバック一覧です: うわ~こんな経験初めてダ 中小企業シンポこぼればなし:

« お天気は不安定ですが,思いを伝えるがんばりは着実に | トップページ | 4/24のTBS報道特集に,市民,国内各地から反響のメール »