無料ブログはココログ

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010/06/18

やっぱり議員削減案は議会改革にあらず

 今議会には,改革フォーラム,公明党仙台市議団などが「議員定数削減条例」を議員提案しています。市民に求められているのは,政務調査費の使途の透明化や,費用弁償,海外視察制度など議員特権ともとらえられる問題を議会自ら改善することです。そして,市民の役に立つ議会に改革を進めることだと思います。こう言った,課題をそのままにして,議員定数を減らすことで,誤魔化そうとする議員定数削減条例だと,反対を表明してきました。

 月曜日の総務財政委員会に付託され,きっちり質疑,審議しようと準備していた私ですが,本日の本会議で「委員会への付託を行わないこと」が多数で決められました。議案をしっかり議論することは議員としての仕事の中心です。市民の前で堂々と議論することさえしないで,議員の質疑権を奪うという暴挙が,どうして「議会改革のための提案」だと本人たちが言っている定数削減条例の審議で行われるのか・・・やはり,もともと,議会改革とは無縁の提案であることの表れだと言えます。

 共産党仙台市議団では,抗議声明を発表しました。

議員定数削減条例(議第7号)の委員会付託を行わないことへの抗議声明

本日、改革フォーラム、公明党仙台市議団などから提案されている議員定数削減条例(「仙台市議会議員定数及び各選挙区選出議員数に関する条例の一部を改正する条例」議第7号)について、常任委員会への付託を省略することが提案者を含めた多数により決められた。

 本来、議案は委員会に付託することが原則であり、付託を省略する場合は、全会派が一致していて質疑の予定がない場合などに限られる。今回のように、意見が分かれ、十分な審議が求められている議題について省略することには、なんの道理も成り立たない。

 議会運営委員会において、日本共産党市議団が、常任委員会での質疑を行いたいと再三主張しているにも関わらず、数の多数を頼んで付託を行わなかったことは、議員の質疑権を侵す重大な問題である。

 「議会改革の一丁目一番地」を主張して提案している議案にも関わらず、議員の質疑する権利を奪う非民主的な進め方にしたことは、大問題である。

政務調査費のすべての領収書等証拠書類の添付を来年の改選後に先送りしようとしながら、議員定数の削減で市民の批判をかわそうとするものと言える。市民の前で、正々堂々と議論することを避けては、真の議会改革は進まない。

 日本共産党仙台市議団は、議第7号の委員会付託をしないことに強く抗議し、声明を発表するものである。

2010618

日本共産党仙台市議団

団長 福島 かずえ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/12

宮城県沖地震から32年 防災訓練に参加しました

10p1083

 今日6/12は,宮城県沖地震(1978年)が起きた日で,毎年防災訓練が行われます。(実は,この日は私の誕生日・・・50になりました)

10p1100

 大沢小学校で行われた青葉区宮城総合支所管内の訓練に参加しました。(そのほか各区総合支所合わせて7か所で行われています)

10p1077

 今年の目玉の一つは「女性の視点を生かした避難所作り・運営」でした。避難所に眼隠しとなる囲いを作る演習も行われました。一緒に参加した遠藤いく子県議は「運営委員会に女性っ持入れて女性担当を作らないといけないと思う」と感想をいっていました。避難所運営委員会の模擬開催が行われましたが,町内会長と小学校長が主なメンバーです。婦人防火クラブなど女性に運営委員会に入ってもらって担当を担ってもらうなど,工夫が必要です。

10p1079

10p1090jpgtmp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/09

政務調査費,「すべての支出公開へ6月条例改正」で一致

 今日の各派代表者会議で,現在行われている6月議会中に,政務調査費の条例改正を行うことが,全会派一致しました。現在は1万円を超えるものしか領収書等の提出義務はありませんが,「すべての支出」について義務化するものです。いまや,政令指定都市では,「すべての支出」としていないのは,北九州と仙台市だけになっています。やっと,一致したか・・・という気分です。

 しかし,いつからその改正条例を施行するかでは,意見が分かれています。第一会派「新しい翼」と第2会派「民主クラブ」は,『来年の5月2日から』つまり,今度の選挙で当選した人が使う分からという意見。「改革フォーラム」「公明党」は『来年度(4月)から』。「社民党」と「共産党」は『今年度4月にさかのぼって』つまり,来年出す報告書にはすべての支出の領収書が添付されるべき・・・というものです。
 6月16日に,会派代表者会議を開き,条例案に記す(施行期日)についてまた話し合う予定です。改革をできるところからスピーディーに進めていることを市民にアピールするために,6月議会での条例改正を行うのに,来年5月に提出する報告書には「1万円を超えるもの」しか領収書が無いのでは,「スピード感はまるで無し」といわれるのは明らかです。

 今日は,代表者会議前に,共産党市議団として議長への申し入れをしました。
6月議会中に条例を改正する,施行は今年度分からに,政務調査費にかかわる他の課題は改革検討委員会で検討するなどの内容です。もう一息,市民のみなさんの声も力にがんばらなくてはと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/06/04

名古屋・三重長島の視察の間に,鳩山辞任,そして菅総理

 6/1と6/2,名古屋の視察に行ってきました。

10p1030

 まず,『名古屋』アンパンマンこどもミュージアム&パークへ。名古屋でも愛知県でもなく,三重県の桑名市長島町(合併してたのですね,知らなかった)にあります。名古屋駅のバスセンターから高速バスで約一時間,ナガシマスパーランドの敷地内,世界最高速?のジェットコースター「スチールドラゴン」の足元にありました。

10p1022

 入場料は,(なんと)1歳以上1500円。横浜は,ショップ部分は無料,ミュージアム部分は2歳以上1000円でしたが・・・さらに高くなっています。子ども二人を連れて夫婦で行くと,入場料だけで6000円!

10p1025 10p1028

 中は,楽しい雰囲気です。広場をキャラクターをふんだんに使ったお店が囲んでいます。ゲームのコーナーでは,ミニゲーム3種類で1000円,プリクラ500円・・・。人気のパン工場では,パンが一個300円,アンパンマンにドキンちゃん,バイキンマン,ホラーマンなど結局何種類も買うことになりそう。フードコーナーでは,子ども用うどんが(どんぶりをもらえるので?)一番高く800円。あっという間に,万札が飛んでいく施設だと思います。

10p1034

 ミュージアム部分も,外とどこが違うのか・・・。子どもを遊ばせて,写真を撮るためのセットがいっぱい用意されているという感じ。みなさん,しきりに写真とビデオを撮っていました。

 う~ん,もうけを上げるための施設。なにはともあれ,喜んで御客さんが来てくれるなら,悪い施設とは思わないけれど,民間におまかせして行政がかかわるものではないと確信を深めました。なおさら「公益的施設だから」と2億円もの市民の税金を投資するべきではありません。

10p1056

 名古屋市では,市バス,地下鉄,名鉄など共通プリペイドカードをICカード化する準備が進んでいます。仙台市もICカード化のための協議会を立ち上げていますが,必要性やその費用について名古屋市のお話を聞きました。

 名古屋市の市バスは,どこまで乗っても200円の均一運賃が導入されています。また,乗り継ぎの割引もあり,私鉄との共通カード化で利用者にメリットがあると話していました。仙台とは,状況がずいぶん違うと感じました。また,1日乗車券などは,磁気カードで残さないといけないので,読み取り装置は磁気カード・プラス・ICカードとなり高くつくこともわかりました。10年に一度は,改札や読み取り装置の更新が必要でそのたびに莫大なお金が必要となるシステムでよいのか,根本から考えなくてはならないと思います。

 出張の間に,鳩山首相の辞任。国民の政治を変えてほしいという願いにこたえるには,アメリカや大企業いいなりに政治を進めてきた自民公明路線を,切り替えることが必要でした。それができなかったのは,民主党政権自体の問題です。顔を変えただけでは,国民の期待は戻ってこないでしょう。共産党は期待をよせていただけるよう,元気に頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/01

アンパンマンミュージアム誘致について市の説明会に参加しました

土曜日には,演説会でサンプラザに行きましたが,月曜には「アンパンマンミュージアムの誘致について」仙台市が開く住民向け説明会でまた,サンプラザに行きました。

10p1014 10p1013

5/6の事業者による説明会では,仙台市の所有する土地への建設計画なのになぜ先に

市から説明がないのかと大紛糾したと聞いています。市は,改めて今回の説明会を設定しました。

しかし,内容は「市は決めた」「ご理解いただきたい」という従来型,押しつけ型の説明会にしようというものでした。

参加した住民の意見・質問は,厳しく,激しく とても「理解」から程遠い状況でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »