• Dsc08134
  • Dsc08135
  • 201612_1
  • 201612_3
  • 201612_2
  • 744web__1
  • 744web__2
  • Img_2464
  • 201603
  • 201602s__1_2

« ブログ マイナーチェンジしました | トップページ | 秋休み,午後は家族で定義に,遊び+少しお仕事 »

2010/10/08

敬老乗車証改悪を決めて 仙台市議会閉会

 来年10月から,敬老乗車証制度に「応益負担」「利用上限」を持ちこみ,無料で受け取れた第2種乗車証を廃止するという改悪案が可決されました。共産党は対案を出して論戦しましたが,共産党以外のすべての議員が改悪案の賛成に立ちました。

 市民の反対運動は,署名が約2万人分提出されたことを始め,議会会派・議員への要請,本会議,委員会への傍聴,市の説明会やアンケートでの積極的発言など多岐にわたり粘り強く行われました。そう言った,市民の声を無視して,口では「市民協働」「対話となっとく」と繰り返す奥山市長に対して,いっそうの不信が広がっています。

 私は,最終日の討論でこの問題を指摘しました。(討論原稿「20103.doc」をダウンロード
 敬老乗車証の他にも,公立保育所の廃止,エル・ソーラ縮小計画への固執など,すべてに「財政難」が理由とされています。しかし,その内容やそもそもの原因は市民に語られません。当然ながら,「財政危機」打開の展望も示すことができません。

 市政の在り方とともに,議会の在り方が大きな問題だと改めて感じます。市民のために,どのような役割を議会は果たさなければならないのか・・・。このことが,仙台市議会では大きくずれていると思います。来年の4月の,いっせい選挙に向けて,市民のみなさんにも”本当の議会改革”に力を貸してほしいと率直に訴えて頑張りたいと思います。

« ブログ マイナーチェンジしました | トップページ | 秋休み,午後は家族で定義に,遊び+少しお仕事 »

医療・福祉・介護」カテゴリの記事

議会あれこれ」カテゴリの記事

コメント

郊外の団地に住んでいると色々な面で車が必要ですが、だんだん運転がつらくなってきます。運転免許を返納しても公共のバスなどが気軽に乗れなければ返納することもできないし、車を運転して事故でも起こしたら大変です。

仙台市は、前は郊外に開発を拡大していたのですから、その責任は取らないといけないともいます。

奥山市長は財界の方ばかり向いていて、駄目ですね。

川上さんコメントありがとうございます。

今日の午後は,家族で定義に遊びに行きました。敬老パスの見直しで地域への影響調査でお世話になった,お店もまわって市議団ニュースの速報をお配りしました。
「残念ながら改悪が決まりました」とおはなしすると,「ニュースで見てた,このままでは『カラバス』を走らせることになるのに…」と口々に怒りの声が聞かれました。

実施は来年の10月。市民の怒りは具体化が進むほど大きくなります。なんとか巻き返しの運動を作りたいと思います。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 敬老乗車証改悪を決めて 仙台市議会閉会:

« ブログ マイナーチェンジしました | トップページ | 秋休み,午後は家族で定義に,遊び+少しお仕事 »

無料ブログはココログ