無料ブログはココログ

« 仙台市ガス 復旧見込み早まる! | トップページ | うれしいこと2つ 南吉成小卒業式と我が家の水道がでた! »

2011/03/23

緊急要望(その3) 原発事故関係に前進ありました

前回の緊急要望では、①緑ヶ丘コミセン、南吉成小、南吉成コミセンへの給水ポイント増設、②原発事故関係で、東北大の放射線モニタリングサイトへの市のHPからのリンク整備など、いくつか前進がありました。

今回は緊急要望(その3)です。仮設住宅や住宅再建への制度の周知など避難所生活から移っていくための手だてについてのもの。ガス復旧までの措置。農業への支援。など現時点で求められる内容について整理して要望しました。(以下、本文)

ブログへのコメントでいただいていた、下水道に水を流さないための具体策の周知についても市の災害対策本部への要望に入れ、マスコミ関係にも説明しました。変化がつくれるといいと思います。

11p0343

   

東北地方太平洋沖地震 
被害対策にかかる緊急要望 その3

     2011年3月23日 日本共産党仙台市議団

                団長 福島 かずえ

 ライフラインの復旧に目途がつきつつあり、みなさんのご奮闘に敬意を表します。しかし、いまもなお安否が不明な方や避難所暮らしを余儀なくされている多くの市民がいます。私どもに寄せられている要望をお伝えします。機敏にこたえられるよう、下記の通り申し入れます。

避難所・仮設住宅など

1、福祉避難所を増やし、ケアの必要な避難者を早急に収容すること。

2、       高齢者や障がいのある方、病気の方などのために、市民センター・コミセン・地区集会所などを収容避難所として早急に開設し、心身ともに安静にできるよう生活環境に配慮すること。

3、       精神的にショックが大きい避難者も多いので、ケアできるよう専門家を配置すること。

4、       十分な物流体制が確保されるまでの間、高齢者などへの食料や生活物資を配給するセンターを小学校区ごとに立ち上げること。ボランティアなどの支援をもらい戸別に配給する手立てもとること。その際、避難所運営に準じて市職員の地域担当者を配置すること。

5、       早急に仮設住宅の整備・募集計画を公表し、住宅をなくした市民の不安にこたえること。現在、公表されている3000世帯では、少ないので実態に合わせて整備すること。

6、       避難所の集約が進んでいるが、戻る家のない避難者がいるうちは、避難所を閉鎖しないこと。閉鎖するとき、学校の掃除を職員任せにせず、ボランティアの協力も得て行うこと。

7、       住宅の応急修理制度や、住宅再建の支援制度について、市民に広報、周知徹底すること。

8、       り災(届出)証明の発行について、市民に必要事項を周知徹底すること。また、臨時の発行窓口・相談窓口をつくり避難所を回ること。

9、       震災によって、破損した借家で戻れない状況にある方へ、不動産協会の協力も得て、転居先等の対応をすること。

教育

10、    子ども達への継続したケアができるよう、教職員の異動は最小限にとどめること。

暖房・燃料

11、    保育所・児童館、高齢者福祉施設での、暖房用機材・灯油の確保、配給に緊急の手立てをとること。小規模ケアハウス、グループホームなど民間施設についても状況をつかみ支援すること。

12、    市ガスの復旧までの間、飲食店などの営業で10キロまでのプロパンガスを臨時的に使用できるよう必要な関係機関に要請すること。(現在配管工事なしに利用できるのは5キロボンベまでだが、数が少なく、入手が困難)

13、    衛生面からも市民に入浴の機会を保障すること。葛岡、今泉、スポパーク松森など温水プール施設の無料開放を行うこと。老人福祉センターなどの入浴施設を市民に開放すること。また、温泉施設の協力も得て、市がバスを出して利用を促進すること。

ゴミ

14、    震災ゴミの集積場所を、増やすこと。特に秋保地区には急ぐこと。若林区・宮城野区など被害の大きい地域では、回収・運搬を行うこと。

15、    住宅の危険度判定を迅速に行うこと。破損・倒壊した住宅の除去を被災者負担なしで行えるよう、国に求めること。

交通 (再掲・交通局に迅速に伝えること)

16、    地下鉄南北線台原~泉中央間の代行バスについて、旭ヶ丘、黒松団地入口、八乙女駅入口で停車するように。

17、    台原から先、旭ヶ丘、黒松は地下鉄運行できないか、台原~黒松間の往復運転も含めて検討をすること。

18、    現在運行している路線で、乗客が乗り切れない状況が生まれている。運行本数を増やすこと。

19、    愛子~秋保、八木山~長町駅の循環線について運行すること。

水道・下水道

20、    広域水道系の地域では、飲料水とともに、トイレ用など生活用水の手立てが必要。消防用タンク車などで川の水などを運搬し、生活用水を汲めるポイントを設置すること。これらの地域では、水汲みボランティアをボランティアセンターと連携して派遣すること。

21、    水道が出た地域では、市民が水の提供や洗濯など献身的に助け合いを行っている。前2か月分以上の水道料とならないよう水道料金の特例を決め、周知すること。

22、    下水道処理場の機能停止の状況をリアルに市民に知らせ、下水に流さないための具体策を広報し、協力を呼びかけること。(トイレの紙は流さずゴミに出す、お風呂の水は庭に流すなど)

原発事故

23、    福島の原発事故によって、避難してきた方の対応について、市が対応していることを市民に周知すること。

農業

24、    津波被害を受けた農地の復旧には国の全面的な支援を求め、農業者の意欲をささえること。

25、    被害を受けずに残った水田で耕作を行うため、種籾などを流失した農家への緊急支援を行うこと。

26、    被害を受けなかった地域でも、農業の春作業用の燃料が確保できていない。作業が遅れると作物ができなくなるため、燃料の確保に支援すること。

仙台市長

仙台市災害対策本部長

 奥山 恵美子 様

|

« 仙台市ガス 復旧見込み早まる! | トップページ | うれしいこと2つ 南吉成小卒業式と我が家の水道がでた! »

コメント

お元気でおすごしでしょうか。
お疲れではございませんか。

「被災地を応援するひょうごのNPO緊急集会」に参加致しました。

日時:3月20日 午後6時より9時
場所:私学会館

阪神淡路大震災を契機に発足したNPOが一同に介し現地報告から始まり、活動の現状が発表されました。
16年前の熱気そのままに活発な発言があり、神戸市行政担当者、国会議員も参加されました。

投稿: 藤原 英喜 | 2011/03/23 22:58

私たちも、今から始まるながいながい努力の積み重ねが、仙台の歴史となるよう腰を据えて頑張りたいと思います。

投稿: hanaki | 2011/03/23 23:33

みやぎ台の現状

市バスは、TVで主要幹線は30分から1時間で運行しているとしていますが、主要幹線の芋沢線や大沢線は2時間~2時間30分間隔です。余りにもひどいので
市バス輸送課に抗議したりメールで質問しましたが、いい返事がありません。西委員会にも相談しましたが、いい返事はえられませんでした。ガソリンが不足している状態では、陸の孤島状態です。

避難所はみやぎ台はありません。大沢小が指定されてるのですが窓ガラスなどが割れて危険だからそうですが、そうであれば市民センターを開放することもできると思いますが、それもなし。
やむお得ず、みやぎ台集会所を町内会がしたようですが仙台市の指定にされなかったので、しばらくは燃料や食料が届かなかったようです。余り広くないので人数も限られてます。

だいぶライフラインが良くなりましたが、まだ宮城ガスが復旧してないので、風呂に入ることができません。

今回の件では、仙台市でも旧市内と郊外の団地間
に可也の格差を感じてます。郊外には住めないような感じです。

投稿: カワカミ ミキオ | 2011/03/25 07:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47498/51198760

この記事へのトラックバック一覧です: 緊急要望(その3) 原発事故関係に前進ありました:

« 仙台市ガス 復旧見込み早まる! | トップページ | うれしいこと2つ 南吉成小卒業式と我が家の水道がでた! »