無料ブログはココログ

« ハイネス荒巻の90世帯に、応急仮設住宅申し込みの説明会 | トップページ | 被災地・仙台でもメーデー開催 »

2011/04/29

東日本大震災に関する東北支部学術合同調査委員会の第一次報告会に参加しました

 昨日(4/28)仙台国際センターで開かれた報告会に参加しました。土木学会、地盤工学学会、地すべり学会、東北建設協会、コンクリート工学協会、建築学会、都市計画学会での合同調査委員会の主催です。

11p05542

 津波被害の特徴や、自然斜面、造成法面での地すべり被害など調査結果が報告されました。私は、地すべり被害の復旧工法などの検討がなされることを期待したのですが、それはまだありませんでした。この連休明けにも、被害各所で行われている地質調査の結果が出てきます。どの程度の工事が復旧に必要なのか、どの程度以上では事実上移転などの措置をとらざる得ないのか・・・。知見を得たかったのですが。

 夜は、共産党県委員会主催で、経済復興へ向けた各種政策の学習会が開かれました。個人の住宅への被害への補償以外では、中小業者向け支援策をもっと充実させなければなりません。とりわけ、仙台市の地域経済が元気になるためには、東北の農家を初め全体の生活再建が必要であり、それまでの間、どう建て直しの努力を継続するのかが大きな課題です。引き続き、研究しなければなりません。

|

« ハイネス荒巻の90世帯に、応急仮設住宅申し込みの説明会 | トップページ | 被災地・仙台でもメーデー開催 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47498/51525070

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災に関する東北支部学術合同調査委員会の第一次報告会に参加しました:

« ハイネス荒巻の90世帯に、応急仮設住宅申し込みの説明会 | トップページ | 被災地・仙台でもメーデー開催 »