無料ブログはココログ

« 震災ごみの仮置き場(青葉区中山台西)で火災 使用停止へ | トップページ | 震災2カ月…今朝から街頭での県政・市政報告を再開しました »

2011/05/08

中山1丁目を再度訪問 応急仮設への申込・地質調査後の見通しが切実

 中山1丁目と滝道の間にある擁壁が、数か所で崩れ被害が出ています。上の宅地、擁壁、下の宅地とすべて民間所有のこの個所には、なかなか行政の手が伸びていません。
 やっと、地質調査を数カ所で行うことにはなりましたが、その調査結果は5月中旬以降とされています。

 中山支部での訪問・聞き取り調査から半月が経ち、今日は、再度当該地域の聞き取りと、応急仮設住宅として自分でさがしたアパートなども認めるようになった制度についてお知らせしながら歩きました。

11p0595

 表から見ると、ほとんど被害のなさそうなお宅でも、敷地の中の地割れ、建物の下に出来た地割れによって「全壊」並みの建物被害が出ているところなど多くありました。

 住民の方々は、「下のみなさんにも迷惑をかけられないし、なんとか工事をしなければ」と思っておられますが、どういう工事をしたらよいか、いくらかかるかはこれからで、手がついていません。とりあえずの避難先としての応急仮設住宅、さらに早く罹災証明がでれば応急修理も申請したいという声など、気持ちはいっぱいいっぱいです。

 日本共産党の志位委員長をはじめとした調査団が明日宮城に入ります。政治が、力を発揮して、宅地被害にあった被災者の生活と、地域の安全のための新しい制度をつくらせるよう、頑張らなくてはなりません。

追記(5/16)
 5/15に中山8丁目と西勝山の間の法面崩壊の現場を歩きました。避難しなければならないお宅でも、応急仮設の制度がきちんと知らされていませんでした。せっせと歩いて、知らせないければ…。2次募集は18日まで、随時募集も月末までが「期限」となっています。

11p0625

|

« 震災ごみの仮置き場(青葉区中山台西)で火災 使用停止へ | トップページ | 震災2カ月…今朝から街頭での県政・市政報告を再開しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47498/51609022

この記事へのトラックバック一覧です: 中山1丁目を再度訪問 応急仮設への申込・地質調査後の見通しが切実:

« 震災ごみの仮置き場(青葉区中山台西)で火災 使用停止へ | トップページ | 震災2カ月…今朝から街頭での県政・市政報告を再開しました »