無料ブログはココログ

« 原発事故 どうしたらいいの?多くの人が真剣な問いかけ・・・答えは簡単ではないが | トップページ | 被災した家屋などの解体撤去 国の負担で市町村が行ないます »

2011/05/16

仙台市議会震災対策調特で調査→分科会協議 1日目

 今日から4日間、4つの分科会ごとに午前中調査、午後は論議を行います。私は第4分科会(宅地・地盤被害)ですが、午前の調査には全分科会付き合おうと思っています。

 第1分科会は、教育・福祉・ライフラインと言うことで、市民利用施設であるシルバーセンターの被害状況と復旧の見込みについて調査、西多賀小学校での被害と教室以外での授業が行われている現場を見ました。その後、仙台市体育館の被災状況を調査しました。

11p0633

11p0644

 西多賀小は、西校舎の外壁が壊れ使えなくなりました。体育館を6クラスにパーテーションで区切って使っています。子どもたちの元気な声が、体育館の天井に反響しています。例年の6年生より集中力は抜群と言われている現5・6年生も、集中できる時間には限りがあります。

11p064111p0642

仙台市体育館は、比較的被害が少ないようですが、天井の防音材を押さえている金網が一部落ちています。点検・修理には、天井までの高さの足場を組むことが必要です。それに、費用と時間がかかるとの説明でした。

11p0649

11p0647

|

« 原発事故 どうしたらいいの?多くの人が真剣な問いかけ・・・答えは簡単ではないが | トップページ | 被災した家屋などの解体撤去 国の負担で市町村が行ないます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47498/51689653

この記事へのトラックバック一覧です: 仙台市議会震災対策調特で調査→分科会協議 1日目:

« 原発事故 どうしたらいいの?多くの人が真剣な問いかけ・・・答えは簡単ではないが | トップページ | 被災した家屋などの解体撤去 国の負担で市町村が行ないます »