無料ブログはココログ

« 被災した家屋などの解体撤去 国の負担で市町村が行ないます | トップページ | 仙台市復興座談会(青葉区) 宅地被害の救済求める声次々 »

2011/05/28

文科省が年間被ばく線量を20m㏜から1m㏜(目標値)に変更

 学校でのグラウンドなどでの活動について1日1時間程度とするなど制限する基準として、3.2μ㏜/h(マイクロ・シーベルト)とした理由が、「年間被ばくを20m㏜(ミリシーベルト)以下とする」と文科省が説明した事で、大きな話題となっていました。

 今日、「1m㏜以内を目指す」と高木文科大臣が発表しました。じゃあどうする…ということは説明はありませんでしたが、グラウンドの放射線線量率が1μ㏜以上なら表面の土を剥いで、1.5mほどの穴に埋める経費は国が出すと言います。
 なぜ、1μ㏜/hか・・・被ばく線量との関係ではない。校庭の土を剥いだ場合の効果がおおむね1μ㏜/hとなることかららしい。いっそう分かりにくくなっている。

 それはともかく、1μ㏜/hなら、安いGMサーベイメーターでも測定可能。仙台市のモニタリングポストでは0.08μ㏜/hほどだが、仙台にも放射線物質のチリは積もっていて地表に近いところでの空間線量が高くなっていると考えられる。とりあえず、GMサーベイメーターで、全ての学校の校庭を測り、1μ㏜/hあるか、ないか(検出されない)を発表すべきです。

 

|

« 被災した家屋などの解体撤去 国の負担で市町村が行ないます | トップページ | 仙台市復興座談会(青葉区) 宅地被害の救済求める声次々 »

コメント

放射能のことはわかりにくいですね。単位も。
私たち国民ももっと賢くならなくてはなりませんね。うちの職場?組合?で放射能の学習会があるので、必ず、参加しようと思っています。

投稿: 希望 | 2011/05/28 22:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47498/51785810

この記事へのトラックバック一覧です: 文科省が年間被ばく線量を20m㏜から1m㏜(目標値)に変更:

« 被災した家屋などの解体撤去 国の負担で市町村が行ないます | トップページ | 仙台市復興座談会(青葉区) 宅地被害の救済求める声次々 »