無料ブログはココログ

« 震災2カ月…今朝から街頭での県政・市政報告を再開しました | トップページ | 仙台市議会震災対策調特で調査→分科会協議 1日目 »

2011/05/16

原発事故 どうしたらいいの?多くの人が真剣な問いかけ・・・答えは簡単ではないが

11p0621

5/14 東北大学金研で「原発事故の真実と、エネルギー政策転換の展望」と題してシンポジウムが開かれました。日本科学者会議宮城支部と福島支部の主催です。会場は満杯。四国から参加した方もいました。

11p0600

先日は、東北大学理学部の原発事故問題での勉強会に、千葉県船橋市から急きょ参加しに仙台に来たという、学生時代の友だちと飲みました。

誰もが、真実を知りたい!との思いを強くしています。その先の、どうすればよいかという「答え」もほしいのですが、とりあえず正確な情報と知識が求められているのではないでしょうか。

11p0620

シンポジウムでは、福島第一原発事故の経過と現状について舘野淳氏(元原研、元中央大教授)から説明がありました。1号機の核燃料が全て溶融しているとの報道直後だったので、どんなふうになっているのか参加者も関心があったようです。スリーマイル事故で5年ほどして原子炉を解体した時のスケッチも示しての説明です。事故の現状について、舘野氏は「3つの脅威は去っていない」「①崩壊熱②高濃度放射能汚染水③水素爆発どれか一つでも処理を誤ると破局的な事態を招きかねない」と指摘されました。

福島県いわき市の伊東達也氏(原発問題住民運動全国センター)が、「ずっと指摘してきた通りに事態は進んでしまった」と残念な思いを話されました。その原因を分析しながら、彼が「政府も電力もマスコミも安全神話に毒された。それは結果として国民の側に正確な情報も教育も行われず、共通した知識と認識を持てていない状況だ」と述べたことに共感しました。

11p0624

核エネルギーそのもの、原発についても、放射線の人体に与える影響についても、将来のエネルギーをどうすべきかという点についても、多少時間がかかっても、国民の中で共通の知識と認識を作ってこそ、自分たちで判断し選択できる状況になると思います。

国民を置き去りに、原発がどんどん作られてきた背景について、不破さんが分かりやすく講義した内容が、赤旗に載りました。【→「科学の目」で原発災害を考える/社会科学研究所所長 不破哲三 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-05-14/2011051401_04_0.html 】

これを読んで、もやもやをスッキリさせてください。

その上で、各地の放射線量の数値をどう見るのか、自分はどうするのか、考える方向に進むのが良いと思います。

|

« 震災2カ月…今朝から街頭での県政・市政報告を再開しました | トップページ | 仙台市議会震災対策調特で調査→分科会協議 1日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47498/51689024

この記事へのトラックバック一覧です: 原発事故 どうしたらいいの?多くの人が真剣な問いかけ・・・答えは簡単ではないが:

« 震災2カ月…今朝から街頭での県政・市政報告を再開しました | トップページ | 仙台市議会震災対策調特で調査→分科会協議 1日目 »