• Dsc08134
  • Dsc08135
  • 201612_1
  • 201612_3
  • 201612_2
  • 744web__1
  • 744web__2
  • Img_2464
  • 201603
  • 201602s__1_2

« 今年の平和行進 核兵器・核実験による被ばくとともに、原発事故による被ばく問題を訴えて | トップページ | 大沢と吉成で 震災・原発事故問題での「つどい」 今日と明日 »

2011/06/27

遠藤いく子県議、すげの直子市議、そして私(花木則彰)3人そろって、北根地域でつどい

11p1106

 6/26(日)、青葉区の北根集会所をお借りして、地域の「つどい」を開きました。参加者は10名ほどですが、この地域でも宅地被害がたくさん出ていて、それぞれ困っていること、おかしいと感じていることなど、出し合って活発な意見交換が行われました。

 遠藤いく子県議、すげの直子市議と、私の参加で、国政から県政・市政までどの分野でもOK。どこにみなさんの困り事や、怒りの大元があるのか、どこから変えて行くか…など、予定の時間をオーバーしてしまいました。

11p1109

 中でも、宅地被害、擁壁の復旧を個人任せにされたのではダメだと口々に…。国の考え方を変えさせるためにも、市や県が、「被災者である住民を救う」と腹を固めるべきだと私は、強調。明日で、最終日を迎える仙台市議会でも、奥山市長が「被害が多すぎて、市単独事業ではやれない」というところから出発している問題が鮮明になっています。これは、県も、国も、見透かしている気がします。

11p11112

 北根でも、はじめて党の企画に参加する人がありました。また福島かずえ市議(党県委員会・震災復興副本部長)のところに、昨日、20人ものほとんどお付き合いのなかった人が、口コミで集まり。自分ですぐ避難先をみつけて転居した人には、なんの支援の手も伸びていない…と不満がつぎつぎ語られたそうです。

« 今年の平和行進 核兵器・核実験による被ばくとともに、原発事故による被ばく問題を訴えて | トップページ | 大沢と吉成で 震災・原発事故問題での「つどい」 今日と明日 »

防災・震災関連」カテゴリの記事

議会あれこれ」カテゴリの記事

出合った人びと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

« 今年の平和行進 核兵器・核実験による被ばくとともに、原発事故による被ばく問題を訴えて | トップページ | 大沢と吉成で 震災・原発事故問題での「つどい」 今日と明日 »

無料ブログはココログ