無料ブログはココログ

« 仙台市全体の福祉のレベルを上げることを通じて市民生活の再建を | トップページ | 今年の平和行進 核兵器・核実験による被ばくとともに、原発事故による被ばく問題を訴えて »

2011/06/21

今日から梅雨入りですね 晴れた日にはプールOKだと思います

 仙台も今日から梅雨入り。午後には土砂降りの雨。朝からずっと蒸し暑い。

 子どもたちのプールについて、心配の声が寄せられます。
 私は、福島原発で新たな爆発など、大量放出がなければ、仙台では大丈夫だと思います。

 仙台市が行った、プールの検査から、いくつかのことが分かります。

 プール掃除→水張りを早い時期に行ったところ、5つの学校(各区1校)で6/13に試料を採取して測定しています。(測定は東北大学サイクロトロンRIセンター)

区 名  学 校 名  満水時期 放射性 ヨウ素  放射性 セシウム
青葉区  五橋中学校  5月 9日 不検出  不検出 
宮城野区  東宮城野小学校  5月21日 不検出  不検出 
若林区  六郷中学校  5月16日 不検出  不検出 
太白区  富沢中学校  5月 9日 不検出  不検出 
泉区  加茂小学校  4月27日 不検出  不検出 
原子力安全委員会が定めた「飲食物摂取制限に関する指標」に基づく飲料水の指標値  300  ベクレル 200  ベクレル

ここでいう「不検出」とは、検出限界 1ベクレル/kg未満ということです。

水は、底の方から採取したといいます。プール掃除前には、爆発直後の多量の放射性物質がプールにも降り、底に沈殿していたと思われます。しかし、掃除して、上水道から飲料水を入れたのですから、飲んでも安心な放射線レベルなのは当たり前です。

同時に、この間、新たな放射性物質の降下はほとんどなかった事を示しています。
水を張ったのは、4/27~5/21ですから、試料採取までの3週間~6週間がありました。雨も降りましたが、いっしょに空気中にただよう放射性物質を含んだチリなどがあれば、プールの水にも混ざっていたはずです。

この結果を受けて、仙台市教育委員会は6/6付け通知で、プール使用を見合わせていたのを、6/17に解除する通知を出しています。

「通知」では、約500カ所の空間放射線量の測定で、比較的高かった学校を5校に加えて、1ヵ月に一度程度、定期的に測定するとしています。

1、プールに校庭の土などを入れないようにするため、プールサイドへの立ち入りに当たっては、下足や上履きの着脱場所をはっきりさせること。

2、水泳終了後、しっかりシャワーを浴びさせるとともに、洗眼、うがい、手洗いを行わせること。

3、保護者に対して、授業の趣旨や測定結果について説明を行った場合でも、水泳の授業への参加をしないという申し出があった場合には、その意向を尊重すること。その場合、当該児童生徒への配慮を十分に行うこと。

としています。

学校の空間放射線量の値と、プールの測定結果をみながら、それぞれが判断していくことが大切だと思います。

相馬市では、グラウンドだけでなく、1つの学校で50ヵ所の測定をして、放射線量の高いところ低いところをマップにして、対応策を考えるとしています。仙台も、少なくとも、グラウンドと、側溝と、植え込みで、どのくらいの差があるのか、数校で測るべきです。そうすれば、だいたいの傾向が掴めるはずです。

福島原発での新たな爆発などは、モニタリングポストでの空間放射線量の監視で分かりますが、実際に起きればプールどころの騒ぎではありません。昨日の議会では、そう言った場合の仙台市の対応策を検討しておくべきだと指摘しました。



|

« 仙台市全体の福祉のレベルを上げることを通じて市民生活の再建を | トップページ | 今年の平和行進 核兵器・核実験による被ばくとともに、原発事故による被ばく問題を訴えて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47498/52007916

この記事へのトラックバック一覧です: 今日から梅雨入りですね 晴れた日にはプールOKだと思います:

« 仙台市全体の福祉のレベルを上げることを通じて市民生活の再建を | トップページ | 今年の平和行進 核兵器・核実験による被ばくとともに、原発事故による被ばく問題を訴えて »