無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011/07/31

7月も終り いよいよ選挙本番 8月です

 あっという間に7月も終りに。震災の救援・復旧の課題と、原発事故への対応でたくさんの市民のみなさんと対話してきました。

 8月19日告示の仙台市議選は、震災後初めて行われる政令市での選挙であり、被災地からの明確なメッセージを国に、全国に発信する最大の機会です。東京から、青葉区の私の活動地域に応援の人も駆けつけてくれました。そんな、方々の熱い思いに、地域の皆さんも励まされ頑張りました。

Dscn8282_450x338

 各地域で開いた、震災と原発事故を考えるつどいでは、これまでにない参加者で、発言や質問も活発、「日本の政治のありかた、社会の在り方の根本が問われている」ということは、その通りだと私も感じました。
 原発と放射能問題に絞ったつどいも企画して、保育所の前でのチラシ配りなど行ってきました。1テーマのつどいでも、質問や意見が尽きないほど、活発な話し合いになります。

 今回の市議選挙は、これまでのように市政に興味関心を持ってもらう工夫・・・というより、市民の皆さんが求めている市政・県政・国政の変革を、真正面から示して頑張る選挙だと思います。

 仙台市の奥山市長は、地震前と同じように、財政難を言い、その一方で地下鉄東西線は予算通り今年度550億円ものお金をつぎ込むといっています。被災した公立保育所の建物を作り直した時には民間に委託すると、被災して苦労している保護者達に説明し、話し合いを続けるとしています。支援金や義援金の支給も遅れ、市職員を削減し続けてきたことの反省が求められていますが、さらなる削減を言明するありさまです。

 なによりも、被災者救援に責任を果たさない国に対して、さまざま求めるだけで、被災者に一番身近な行政として、救済の手立てを打つ決断ができないことの害悪が広がっています。

 市民生活の再建を第一に、市自らが手立てを次々と打つ、そのための財政負担はしっかり国に求めるという立場に、一刻も早く立たせなくてはなりません。

 復興計画も、宮城県・仙台市ともに、街づくり都市計画の視点ばかり、ゼネコン向けの大規模開発に偏った計画になりつつあります。街だけピカピカになっても、被災した住民の生活は置き去りにされ、元の地域に戻ってこれなかった、阪神淡路の「復興」の過ちは繰り返してはなりません。
 「福祉と防災の街づくり」をかかげて、その選択を市民のみなさんにも問う選挙にしたいと思います。

Dscn8283_338x450_2

 写真は、先日メディアテークで開かれた「47回書禅会 書展」で、会長の池田さんの作品。
 津波で被災した建物と、その向こうの青い海を覆った泥、流された家や車をイメージしたバックに、復興の文字を書いた・・・とお話を聞きました。流された、壊された人々の生活を取り戻すことこそ復興、流され壊されたことをよいことに別物の街に作り替えるのは復興ではない・・・と私は感じ取りました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/07/17

一から知りたい!放射能のこと原発のこと・・・仙台青葉区で地域のつどいを開いています

Dscn8176

 この間開いてきた,各地域での「つどい」。地震被害・復興問題とともに,原発事故への関心が強く,かつてない参加者数や新たな方の参加があります。

 小さなお子さんの子育て中のお母さんたちに,もっと参加してもらおうと,追加の「原発と放射能を考えるつどい」を企画しました。

         一から知りたい!

            放射能のこと

            原発のこと 

               原発と放射能を考えるつどい

 7月24日(日)午後2時から     落合市民センター

 7月30日(土)午前10時半から   広瀬市民センター

 7月31日(日)午後2時から     吉成市民センター

 お近くのつどいに,お気軽にご参加ください。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

15地域が参加して 宅地・地盤被害 情報交換会

 今日,10時から東日本大震災復旧・復興支援みやぎ県民センター主催の「宅地・地盤被害 情報交換会」が開かれました。
 会場となった福祉プラザ大広間には,開会時間になるとつぎつぎと参加者が訪れ,用意した資料や,机が足らなくなるほどの状況でした。

 たくさん集まったと言えば,東北六魂祭がきのう・今日。たくさんの人出で,危険な状態となり昨夜のパレードは中止されたとか。写真は,市役所議会棟まえで準備されていた時のねぶたの山車です。

Dscn8232

 青葉区:高野原2丁目・3丁目,双葉が丘1丁目(2地域),みやぎ台2丁目,中山5丁目,貝が森1丁目,旭ケ丘1丁目

 太白区:緑が丘3丁目,緑が丘4丁目,

 泉区:加茂5丁目,南光台東1丁目,寺岡,紫山,北中山3丁目,松森陣が原,

 の15の地域から,それぞれの状況について報告があり,質問や意見が出されました。

 住民のみなさんの一番の関心,明らかにしてほしいことは①ここで何が起きたのか,②ここで安心して住めるのか,であること。

 住民の負担は,どうなるのか・・・との疑問には,宅地被害の救済制度がほとんど無いが,公共工事として復旧する事業の要件を拡大することと,各自が行う工事費の助成制度を作らせるなど,力を合わせて行こう,と話されました。緑が丘の参加者からは1978年の宮城県沖地震の際の被災者の会の取り組みが報告書で残されていたこと,その当時は国会にも3度要請に行っていたこと,など当時に負けないがんばりが必要だと発言がありました。

 被害者の会などができていない地域からの参加者は,他のところの話が聞けてよかった,戸別の相談にも応じてもらえて助かった,との感想が出されていました。

Dscn8229 Dscn8230

 この間,青葉区内の被災地域で,ボーリング調査の結果報告が相次いでいます。私も6/30に高野原,7/9に南吉成7丁目,7/16には中山5丁目の説明会に参加しました。高野原2丁目3丁目の被災者連絡会の市への要望,記者会見にも同席しました。みなさんのがんばりが実るよう私もいっしょにがんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/12

3月11日から4カ月 仙台市で慰霊祭 

 7月11日、震災から4カ月・・・遅々として進まない救援・復旧に憤りを感じながらも、大切な人々を失った悲しみに区切りをつけなければ、という被災者のみなさんの思いがあふれています。

11p1165

 仙台市主催の東日本大震災仙台市慰霊祭が、国際センターで開かれました。亡くなられた方のご遺族代表のお別れの言葉が胸に染みました。

 

11p1168

献歌として、市立八軒中学校の吹奏楽・合唱部のみなさんが「しあわせ運べるように」を歌ってくれました。 阪神大震災の時、神戸市の小学校の音楽教諭・臼井真さん(50)が作詞作曲した曲です。

 一方で、宮城県内で震災後の孤独死や、ストレスによる死亡が報道されています。地震・津波で助かった命が、奪われないように・・・救援と生活再建の取り組みは、気を抜けません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月17日 仙台で宅地被害者の情報交換会

 7月17日(日)10時から 青葉区五橋の仙台福祉プラザで、宅地被害を受けている地域・みなさんの情報交換会が開かれます。主催は、東日本大震災復旧・復興支援みやぎ県民センターです。チラシはこちら(「110717.doc」をダウンロード)

 この間、青葉区高野原、折立、南吉成7丁目、中山1丁目の調査結果説明会に同席しました。宅地被害が起きているメカニズムもそれぞれ違い、住民の思いも、市が考える対応策も違います。住民が、納得して復旧を進めて行くためにも、各地の情報をもちよって、情報交換することは大切だと思います。

 被害が1軒2軒の単位で起きているところでは、調査も何も進んでいないのが実情です。不安を抱えているみなさんにも参加を呼び掛けています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/05

松本復興担当相 辞任は当然。被災者救済に政治は集中するべき

 今朝 問題発言の松本復興担当相が辞任した。被災者の支援は、誰かから頼まれてお願いされてやることなのか・・・。

 政府として、国として、先頭に立ってやるべきことなのに、担当大臣がこれではダメ。
 「国のメニューは揃っている、知恵を出せ」など全くウソ。地滑りや擁壁の崩壊で宅地被害が出ている被災者には、全く救済の制度が無い。被災地から、「新しい制度を作ってほしい」と、何度も要請しているのが分かっていないのか。
 「ちゃんとしろ」と言うなら、被災者生活再建支援法の支援金が遅れていることこそ、国はちゃんと責任を果たすべき。こんな大規模な災害なのに、天下りの団体、(財)都道府県会館に業務を委託。仙台では申請した人の1割ほどしか、3ヵ月たつのに受け取れていない(6/20議会答弁で)。遅れている事態を打開するために、東北分の委託は取りやめて、国が直接仙台あたりに事務所をつくって、処理すべき業務であるはず。

 

 被災者支援を置き去りに、財界好みの「復興」計画を強行する村井知事とやりあったのだから話しはさらに複雑。

 今日も宅地被害の地域の方と、市に相談に。被災者の悩みは大きい。声と運動を強めて、実際の政治を動かさねければ、と気合を入れ直しています。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/07/02

大沢と吉成で 震災・原発事故問題での「つどい」 今日と明日

 今日(7/2)午後1時半から、仙台市青葉区大沢地区で共産党大沢後援会主催の

学習&交流・相談のつどいが開かれます。

 また明日午後2時から、青葉区吉成集会所で、吉成後援会主催の

大震災と原発問題を考えるつどいもあります。

 原発事故問題をわかりやすくお話しできるよう準備しています。事故直後から比べると、地域の皆さんの、知識も格段に増えて詳しくなっています。いろいろな質問に、きちんと答えられるか・・・みんなで、いっしょに考える機会が大切だと思います。

 どちらの「つどい」もどなたでも参加できます。
問い合わせは、日本共産党西地区委員会 022-225-2920へどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »