無料ブログはココログ

« 15地域が参加して 宅地・地盤被害 情報交換会 | トップページ | 7月も終り いよいよ選挙本番 8月です »

2011/07/17

一から知りたい!放射能のこと原発のこと・・・仙台青葉区で地域のつどいを開いています

Dscn8176

 この間開いてきた,各地域での「つどい」。地震被害・復興問題とともに,原発事故への関心が強く,かつてない参加者数や新たな方の参加があります。

 小さなお子さんの子育て中のお母さんたちに,もっと参加してもらおうと,追加の「原発と放射能を考えるつどい」を企画しました。

         一から知りたい!

            放射能のこと

            原発のこと 

               原発と放射能を考えるつどい

 7月24日(日)午後2時から     落合市民センター

 7月30日(土)午前10時半から   広瀬市民センター

 7月31日(日)午後2時から     吉成市民センター

 お近くのつどいに,お気軽にご参加ください。

 

|

« 15地域が参加して 宅地・地盤被害 情報交換会 | トップページ | 7月も終り いよいよ選挙本番 8月です »

コメント

私も組合を中心とした放射能の学習会に行ってきました。

原子炉の循環冷却機能がいかに大切か、この学習会で知りました。また、セシウムのことも知りました。原子力のことって、こわいし、むづかしいから、勉強したことがありませんでした。でも、自分のとこの学習会に出てから、報道されていることの意味も良くわかるようになってきました。
事故が起きた時の放射能の数値と、平時の数値をは一緒にはできないことなど。

たくさんのことを学びました。安心したり、不安になったり。現実をみるためには、目をそむけてはいけない。今の状況を知るためにも、ぜひとも、学習会には行くことをおすすめします。


うちらのほうでも、次の学習会があるので、次回も私は行くつもりです。

投稿: konnnitiwa | 2011/07/26 00:25

コメントありがとうございます

なぜこんな事故が起きたのか、これから原発はどうしたらよいのか…過去とこれからのことを整理してから、現在の問題。原発事故の影響、放射能とどう向き合うかをお話しするようにしています。

仙台市の具体的な放射線の状況について、人体への影響のなかでも確率的影響についてどう考えるのか。

誰かに「安全だ」という基準を求めるのではなく、どの程度危険なレベルなのか、というリスク情報を住民が共有し、判断できるようにすることが大切だと思っています。

投稿: hanaki | 2011/07/26 07:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47498/52231325

この記事へのトラックバック一覧です: 一から知りたい!放射能のこと原発のこと・・・仙台青葉区で地域のつどいを開いています:

« 15地域が参加して 宅地・地盤被害 情報交換会 | トップページ | 7月も終り いよいよ選挙本番 8月です »