無料ブログはココログ

« 宅地被害の救済策 高橋ちづ子衆議院議員が仙台市当局と意見交換 | トップページ | 5/6の震災ゴミ仮置き場の火事 被害を受けたお宅への補償未だ進まず »

2011/08/15

「放射能汚染稲わらを食べた」牛を食べた児童 横浜市で8万4061人

 日本共産党の横浜市議 古谷やすひこさんのブログで、放射能汚染した稲わらを食べた牛が給食に使われ、84061人の児童が食べたとの報告があります。http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/blog-entry-591.html

 ネットのニュースでも取り上げられています。

 牛肉の放射線量自体は、測定されていなくて、あくまでも「放射能汚染のおそれがある」牛肉ということですが…。

 昨日も、地域を歩くと放射線の話題が多いです。とりわけ小さな子どもを育てている《お父さん》の関心が強いことに驚いています。「子どもに何を食べさせたらよいのか」「誰を信じていいのか」と心配しています。

 仙台市の対応が、「信用される」対応となるように、私も引き続き頑張りたい!もうすぐ本番です。

|

« 宅地被害の救済策 高橋ちづ子衆議院議員が仙台市当局と意見交換 | トップページ | 5/6の震災ゴミ仮置き場の火事 被害を受けたお宅への補償未だ進まず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47498/52484593

この記事へのトラックバック一覧です: 「放射能汚染稲わらを食べた」牛を食べた児童 横浜市で8万4061人:

« 宅地被害の救済策 高橋ちづ子衆議院議員が仙台市当局と意見交換 | トップページ | 5/6の震災ゴミ仮置き場の火事 被害を受けたお宅への補償未だ進まず »