無料ブログはココログ

« 投票率は過去最低40.03% 共産党は定数削減の中1議席増の7議席 | トップページ | わけのわからないまま半年…一人暮らしのお年寄りへのサポートが必要 »

2011/08/30

良心的な市民が、負担を負うのでは、除染は進みません

 南吉成の側溝泥 その後の顛末

 8/28に書いた記事の続きです。

 さっそく昨日(8/30)、仙台市危機管理監に写真・データをしめして、対応を求めました。
 ただ、放射能への心配が市民から寄せられている問題なのに、これまでの「ゴミ」問題と同じ扱いから抜けられない、まったくだめな対応です。

 駐車場の出入り口にある側溝の泥を、ショッピングセンターに出店しているあるお店の方が掃除をしました。かき出した泥を、すぐ前の歩道の植え込み下に置いたのですが・・・これがイケないことと言われればそうなのですが、特別な問題では本来ありません。

 しかし、福島第一原発事故の影響で、仙台市内でも0.1μ㏜/hほどの放射線量になっており、広い駐車スペース(アスファルト)からの雨水が、その出入り口付近の側溝に流れ込んでいたため、泥には放射性セシウムが吸着されていたものと思われます。気になった、近所のお母さんが測定してみると、1μ㏜ほどになっていました。通学路にあたるため、小学校に連絡・相談。

 学校から言われて、掃除をした人は、植え込みから、ビニールのごみ袋(7つ)に泥をつめ直し、28日記事の写真のように置きました」。市民団体から、市に相談もはいり、総合支所の道路課へ。道路課は、「民地内の泥を道路に捨てないでください」と掃除をした市民に「指導」。道路課にとっては、道路から撤去をされた時点でお仕事終わりです。

 29日朝、別のお母さんが、「通学路に面して置かれているし、袋からこぼれいている」と学校に電話。また学校から、掃除をした市民に「どけてください」とお願い。ブログ写真の塀の後ろに移動させました。

 そのころ、私から対応を求められた危機管理監は、「撤去された」との報告で「一安心」。誰が撤去し、そのあとどうなったのかが問題なのに・・・。

 30日に、そのお店の人が、仙台市の石積(いしづもり)最終処分場に運んで、3000円を払って受け入れてもらいました。

 悪いのは、東京電力であり、お掃除をしてくれた市民が、お金も負担するのはおかしい。
 同様の側溝を、早く掃除して、除染し、少しでも安心できる場所を増やしていく・・・という立場で仙台市は対応すべきなのに。これでは、市の管理する施設内も、民間の土地も、除染は進まず、心配な場所を測定することも「余計なこと」と言わんばかりの対応です。

 福島県内はもちろん、千葉県でも、子どもたちの生活環境の除染に市が動いているのに。
 今回の事例を、無駄にせず、きちんとした対応がなされるように、がんばります。

|

« 投票率は過去最低40.03% 共産党は定数削減の中1議席増の7議席 | トップページ | わけのわからないまま半年…一人暮らしのお年寄りへのサポートが必要 »

コメント

当選おめでとう!
私は今、脱原発で奮闘中です。
今週土曜日大規模イベントやります。是非拡散してください!
http://d.hatena.ne.jp/miyagicnet/

投稿: 藁の家カサイ | 2011/08/30 22:54

本当に除染進めて欲しいです。どれだけ声をあげても届かない仙台市!!

応援しております。

ツイートたくさん致します

投稿: marurun2011 | 2011/09/02 18:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47498/52604575

この記事へのトラックバック一覧です: 良心的な市民が、負担を負うのでは、除染は進みません:

« 投票率は過去最低40.03% 共産党は定数削減の中1議席増の7議席 | トップページ | わけのわからないまま半年…一人暮らしのお年寄りへのサポートが必要 »