無料ブログはココログ

« 地元の学区民運動会 ラジオ体操と玉入れしかやっていないのに次の日筋肉痛です | トップページ | 宅地被害への市独自支援策 被災者の自己負担できるだけ少なくするよう求める »

2011/09/27

台風15号の被害があちこちで 市職員2名も犠牲に

 西日本を中心に大きな被害をもたらした台風15号ですが、仙台でもこれまでにない雨であちこちに被害が出ています。

 青葉区吉成は、はっきり言って山の上の団地で、「浸水被害なんてありえない」「ここが浸水したら日本沈没だ」と言われています。しかし、近所だけでもがけ崩れが2か所、台風当日には、すごい水の流れだったといいます。

 一山西に超えた、大竹団地の様子です。

Dscn8436_450x338

Dscn8438_450x338

Dscn8437_450x338

 東北大学薬学部の植物園にもなっていた山から、小規模な土石流が発生し、沢を埋めたため、あふれた水が団地内を駆け下りました。足をとられた奥さんを助けようと手をつないだご主人までいっしょに20メートル近く流され、けがをしたとのお話も聞きました。

 河川課に、沢の復旧と、水路の整備、えぐられた場所の復旧、道路にあふれた土砂の処分をお願いしました。市の素早い対応で、住民の皆さんも喜んでいます。

 今日は、これから、台風15号の対応で亡くなった2人の市職員(下水道)のうちのおひとりのご葬儀に出かけてきます。地震・津波を含め災害時に、献身的に働く公務員のみなさんに市民の安全が支えられていることを改めて感じます。同時に、命を落とすことの無いように何が必要なのか、今回のこともよく研究したいと思っています。ご冥福をお祈りしています。

|

« 地元の学区民運動会 ラジオ体操と玉入れしかやっていないのに次の日筋肉痛です | トップページ | 宅地被害への市独自支援策 被災者の自己負担できるだけ少なくするよう求める »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47498/52834630

この記事へのトラックバック一覧です: 台風15号の被害があちこちで 市職員2名も犠牲に:

« 地元の学区民運動会 ラジオ体操と玉入れしかやっていないのに次の日筋肉痛です | トップページ | 宅地被害への市独自支援策 被災者の自己負担できるだけ少なくするよう求める »